fc2ブログ

「毎日が猫の日だよ。……今、いいこと言った?」

COIL
02 /24 2024
なんてセリフも飛び出した猫の日の二日後のサダヨシの別荘です。
本編二時間ちょっと。しんごさんが入ってのアンコール(サービス残業♪)と、新曲披露で約三時間。移動時間とほぼ同じですから、タイパは十分です。
セトリやらなんやらは、後でフェイスブックにサダさんがあげてくださるでしょう。事前に予告していた内容とは、異なりましたが「洗濯物干してたら、お天気よくて」ということで朧なアンニュイな春っぽい歌はなしになったそうです。

で、こっからはライブとはほとんど関係のないお話。私的妄想(^_^.)
今日のライブで一番思考が他所へ行ったのは「僕と彼女とモーツァルト」のMCのところでです。
「僕は譜面が読めないんだけど、読める人は譜面見ただけで『ああ、いい曲ですね』とかわかっちゃうんでしょ?」ってサダさんが言ったときに、頭の中に浮かんできたのはエドナン@変奏曲(竹宮恵子)のこと。
誰かに呼ばれたエドナンが言うんです。「ちょっと待って。今、⚪⚪のスコアを読んでいるんだ」って。スコアを読むだけで音楽が頭の中にわいてくる人というのが存在することを教えられたのは、このマンガででした。
そんで。その次に浮かんできたのは、イーさん@「.....絶句」(新井素子)。彼は、何だか難しい科学論文を読んでいる最中に面倒くさい事態に対処しなくちゃならなくなるんですが、その論文を読むことを、作者新井素子は(ん? 登場人物新井素子は、かな?)良くできたミステリーを読むようなことと、たとえているんです。だから、それを邪魔されたイーさんはすごくイライラしてて、みたいなね。

「読む」という行為は、とても面白いもので、同じものを読んでも見えてくるものが全く違う。

サダさんは「ぼくは楽譜は読めないけど、音を聴いて『これはこのコードかな』とか『これかな?』とか考えるんですけど」て続けたのね。私は、楽譜はもちろん読めないし、音を耳で「読ん」でもイメージはわいてこない。アンコールでサダさんとしんごさんが「これはいーまいなーで」とか言っているのも理解できない。イーマイナーという言葉は知っていても、それが奏でる音をイメージすることはできない。
でも、私にも「読める」ものはある。読んだものを共有するすべも持っている。面白いなあ。いろんな「読むこと」があって、いろんな「読み」があるからこその、広がりやら深まりやら、ぶっ飛びやらがあるっていうのが、最高に面白いなあ。

そんなことを、LIVEに最中に考えていた私です。
モーツアルトがらみでアッキーとヨッシーのモーツアルト!を思い出すのはまあ、わかりますがそっから先の上に書いたようなあれこれは・・・変・・・ですよね(^-^;

機材のトラブルとかもいろいろあって、何のトラブルもなく普通にライブが行われることが「当たり前」じゃないんだって改めて思ったりもした宵でした。
またいっぱい変なこと、素敵なことを妄想できるライブ楽しませてくださいね。

今回ナタデココの楽曲がいくつもあって。だからこれを貼ってみました。

サダヨシの別荘inネオネラ 2024年2本目もサダさん!

COIL
01 /16 2024
今回のセトリ。サダさんいつもありがとう。

杏子さんへの提供曲聴きたいなって思っていたから、ユメオチからのシリーズは嬉しかったなぁ。ユメオチはサダさんのシングルでもあるけれど、杏子さんと同時リリースだったんだよね。
幕末ワッショイのところでは大河ドラマ「龍馬伝」の話が出てですね。思い出したのは、武市さま。うふ。
(私にとってあれは坂本龍馬の話ではなくて、武市半平太@大森南朋のお話なんですもの。そんで大友監督(当時はディレクター)のお話。)
歌っている最中は、いつかのオーキャンでまさよしと卓弥が浴衣着て踊っている姿が浮かんできて、小さくワッショイ! しておりました。お正月だからね!!

和田食堂でのライブに向けて作ったという新曲たちも色とりどりだったわ。来週・・・じゃない、今週の土曜日。無事にたどり着けたら、また聞けるかな? それともかぶり無しを目指して、他の新曲をやってくれるのかな?

日蝕からアホアホベイビーへの転換とかサダさんらしくて、すっごくよかった。行き当たりばっちりもとても素敵だけれど、ちゃんと考えたセトリ、嬉しいなあ。

アンコールの溝ノ口純情派(この溝ノ口は南武線)、大好き! ショーゴくんいい感じでした。途中で「なんだそれ?」って発言があったのは事実だが、ちゃんと音楽してましたよ!

ネオネラにたどり着く前にある神社。
神社
今年三度目の初詣。(3回目は初、ではないね)ずっと気になっていたのだけれど、ちゃんとお参りしたのは初めてです。

ついてすぐにお食事。
ハッシュドビーフ
ハッシュドビーフ。美味しかった! 飲み物は、麦焼酎のお湯割り。あったかい飲み物が欲しかったので(^_^.)
器が、今までとは色味が違った? 好きだわ、これ。

帰りに撮ったいつもの看板。
看板ネオネラ
vol.23だって。続いてるねえ。

土曜日の和田食堂は、2回目になるのかな?
無事にたどり着ける時間までに用事が済んだら、参加します。
2週間に3回のサダさん。こいつは春から縁起がいい?!




あ、日付変わっちゃった。
はぴば、自分!



2024年初ライブ 下北沢ラウンにて

COIL
01 /08 2024
新年1発目のライブは下北沢ラウンでのサダヨシの部屋。
2024年1月7日ラウン

15:00スタートという超早い始まり。まだまだ外は昼だけど、胸元がっつり開いたエロい白Tシャツと八海山のミニボトルをそばにおいてエレキギター1本での弾き語り、スタートです。(写真は終演後ですので、ボトルはからです)
ステージ

第1部はみんなからのリクエストということで無茶ぶりな曲もありつつのロックな歌いっぷりでした。
ライブ後に「どれがよかった?」とサダさんに聞かれたときに真っ先にあげたのは3曲目の「AWA」。リクエスト募ってるのを知って、AWAを聴きたいと思いはしたけれど、これは一人では無理だよな~って思って(どっかに似たようなこと書いたかも。記憶が定かではないが)いたんですよ。それがあなた! どなたがリクエストしてくださったのかわかりませんが、弾き語りで見事にやってのけてくれました!! 「これを弾き語りでやるって……」と、サダさんもMCで言っていましたが、本当にあの曲をあんなにかっこよく歌いきり弾き切るのは凄いよ。感想の部分のギターのかっこいいこと!! 「ファンクは腰で聴け!」って昔、某S氏が言っていたのを思い出したわよ。体の芯が勝手に揺れてくるってか動いてくるんですぅ~!

「今日は喋りたくない気分なんだよね(^_^.)」と、4曲目まではMCほとんどなしの進行。その後いろいろ蘊蓄やら独り言的音楽知識やらを披露してしゃべりが増えてくると「やばい。しゃべりすぎると、これは〇い〇し案件(^^;)」などとY・M氏いじりもしながらライブは進みます。
年始は実家に帰ることもせず、セトリ考えながら練習していたそうです。そのせいで爪が信じられないくらい削れちゃったとかで、今日はほとんどピックでの演奏でした。



ラストの天才ヴァガボンドは、これがまた!
キーをオリジナルより一つだけ下げて演奏したんですね。「ディレクターズカットのように、オリジナルと違って聴こえるはず」というようなことをサダさんは言ったんですけど、私にはディレクターズカットなんてものじゃなく全く別の映画に聴こえました。歌詞はおんなじですから「別物」は言い過ぎだとしたら、まったくテイストの異なるスピンオフ作品。見える世界が全く違う! すんごく大人の、渋い天才ヴァガボンドだったんだ。
キーを変えることでオリジナルの味わいが出なくなるっていうのはまさよしもよく言うけれど、オリジナルと異なる=ダメではなくて、別の味わい、その日、その時の味わいであればそれでいいんだよね。もちろんオリジナルキーで頑張るのもありだけど、そこにこだわることでなんか辛くなっちゃうなら、今日のその歌があればいいんだよね。いやあ、それにしてもキー一つでこんなに違うなんてね!

ライブ終了は6時過ぎ。そのあとはいつものようにお酒飲んであれこれおおしゃべり。あ~んなことや、こ~んなことを言ったりしたり。
「いろんな人とコラボしたり、いろんなことしていきたいね。」
うん! いろんなサダさんを、いろんな音楽を聴かせてください。2024年もよろしくお願いします!



予定が入りすぎて、サダさんに会えない。

COIL
11 /15 2023
すんごくたくさんやってくれるんです。あちこちで、いろんな形で。

ところが!
こちらの予定がね、入りすぎちゃって(^^;)

サダさんに会うには、平日に下北沢まで行くか、クリスマスに大阪まで行くか。そのくらいしかないんです(^^;)
年末のごあいさつもしないままで、2024年を迎えてしまうのはちょっとなあ…と思うので、体力か、金力か、もしくはその両方を蓄えてどこかには必ず参戦したいと思います!!


これ好きなのよ。あんまりやってくれないけど。まあ、弾き語りの曲じゃない・・・からね。

いつも通りだけど、いつもよりちょっとアンプのつまみが右寄りだったかな?

COIL
10 /02 2023
Augusta Camp in U-NEXT~Favorite Songs~Vol.4 #岡本定義 (COIL)でした(^^♪

上手くいけば、車でバビューンって行けば、7時ぎりぎりで潜り込むことができるかなと思ったのですが、結局帰宅が18:58(^^;)
慌ててPC開いて、横浜の方のAugustaCampを閉じて、ネオネラの方を開いたのが19:01。「きゃあ、遅れちゃった!」って焦ったけれど、「もうすぐ始まります」の画のまま・・・待つことしばし。19:06に何事もなかったように始まりました。

セトリは上の画像にあります。いつもの通りの手書きセトリ。「上を向いて歩こう」と「遠くへ行きたい」。それと「スローバラード」は初聴きでした。(たぶん)
なんかすごく「漢」でしたよね。太かったし、強かったし、鋭かった。なかなか、なかなかでした。

7曲目からは、Augustaの曲。とは言ってもシカオちゃんから始まるという、飛び道具的な。
年齢詐称して、20代ですって言って入った事務所なのに、「シカオより年上なのか?」ってバレて。契約解除されても仕方ないと思ったのに、(当時の)森川社長が「歌は歳でやるもんじゃねえから、いいか」って、そのままいさせてもらってるって話から「こんないい事務所出てって、何してるんでしょうね」と。
今までもライブの中でシカオちゃんネタいっぱいあったけどU-NEXTで配信あってもそれを言う。さすがです!
そんなMCからの「黄金の月」。いい歌だよね~。MCなしで続いてやったのが「水のない水槽」。これは何回も聴いた。「好きすぎて、自分がつくったんじゃないかと思うくらい」っていう言葉も何度も。年下の「長男」をすごく愛してくれているサダさん。ほんと、好き❤

ラヴィンフルーツフル。AugustaCampで、ぽちっとしたのは秦坊のリズムマシーンで、あのドラムを作ったのも秦坊なんだって! 意外! 実は洋介がつくったのかなって思ってたんだ。秦坊とドラムというか打ち込みってイメージがなかったからね。
登場が凄く遅い秦基博をフィーチャリング・・・だったのかしらね。

今日の白眉は、これ↓

けっちゃんの、3.11直後の九州新幹線開通記念ライブでのエピソードもすごく素敵で・・・
映画「初恋」のことも思い出しながら「この人の才能って、どこまで広いんだろう」って、感心っていうか感動しておりました。



帰宅してすぐPCの前に座り込んで、水だけ手元において9時までしっかり堪能いたしました。行きたかったのはやまやまだけれど、いつものお客さん(だろう)たちの前でけっちゃんと一緒に、自分の好きな歌を、いろんなおしゃべりしながら歌うサダさんを最前列で見られたのは、配信ならではの嬉しさです。

終演後にやっと夕飯作り始めて、こんな時間になってしまったのはちょっとお腹すきすぎたけど!

関西地区の方々。
10月14,15日は高槻でナタデココです。先週のAugustaCamp、今日のネオネラでサダさんに興味出た方。行ってみてはいかがでしょう。西さんと一緒のサダさんもかっこ可愛いですよ!

私も行った酒蔵LIVEの時の映像だ・・・。

『秋の夜長のナタデココ』は、大阪2DAYSですね。ネオネラでナタデココ。その2

COIL
09 /18 2023
LOST
とにかくかっこよかった!普段のサダさんの歌、ギターより3割・・・5割増しの音圧。西さんのギターと声に負けないように。いや、西さんの芯のある明るい音と響き合ってパーッと広く明るく、厚く大きく膨らんでいた感じ。先日のシリウスでもとってもよかったんだけれど、あの近さであの狭さで聴く、というか受ける音の圧は、圧倒的でした。

西さんがギターを始めたのっていつからなんだろう。ギターに出会って、それを生業とすることに決めたのはいつなんだろう。なんてことを思った。ギターを弾くことが大好きなんだろうなぁって感じたから。
「一日中、ギター弾いてなさい!」って言われたら、嬉々としてギターと戯れているんだろうなって思った。
出会って、努力して、才も運もあって、人生のほとんどをギターと一緒に過ごして。幸せな人生、といっていいよね。

まさよしも、サダさんも、他のミュージシャンやアーティストたちもみんな、それくらい好きなもの、楽しめるものに出会えたからこその今だよね。そんな人たちに出会えたアタシたちも、幸せ!

二人で音を出し、声を出す。異なる音が重なり、声が合わさる。違う音だからこそ美しい。一人でやるのではない、一人では決して出ない何かがそこに在る。音もおっきいし、声も太い。熱量の桁が違う。楽しさの幅が違う。その時思った。
「ああ、COILが聴きたい」
ヨースケと二人、音を重ね、声を合わせていたころのサダさんを思い出して。一人でもCOILだけれど、やっぱり二人のCOILの楽しさが忘れがたい。Queでのあの姿を思い出す。

まさよしも「OKSTはさみしい」って言ってたことあるもんな。10月からのOKST。楽しくやってくれるといいなあ。楽しく見られるといいなあ。
結局最後はまさよしか……ちっ!



えーと、二人COILは無理ですが、バンドバージョンのCOILが10月21日に観られるそうです。「古谷君とか呼んでやるよ」とのこと。
凄く行きたいけれど、ダメですね。まさよしが水戸でやる日です。
10月2日の方は、けっちゃん(高橋結子さん)と二人でカバーメインで。平日ですからね~。決算的な時期でもあるし。悩みどころ~。

最後の1曲は、これ。「なんも見なくてもできる」といっていました。西さんが「すごくいいね、泣いちゃったよ」と言ってくれた曲だそうです。

『ナタデココの森(勝手に)』ネオネラにて。その1

COIL
09 /18 2023
ちょっと自宅仕事に手間取って、こんな時間になってしまったので、帰りながら(なにせ2時間越え!)手帳に書きつけた文章をそのまんま書き写します。中身とびとびの、思いつくまんまなので読みにくかったら、ごめんなさい。いつもそうじゃないかと言われれば…もう全くその通りですがね(^^;)



尾崎亜美さんに「天使のウィンク」を作ったときのエピソードを聞いたら「大掃除をしている最中に電話がかかってきて、松田聖子の次のシングル書いてくれって。詞は松本隆さんが書くんだろうから「いいよ」って答えたんだけれど、詞も書けって言われて。「それで〆切は?」って聞いたら「明日」だって。とにかく大掃除終わらせなきゃいけないから、そっちやって、それから書いたの」と教えてくれたと、サダさん。天才だなあって、

「ああいうイベントって準備が本当に大変で」と話し出したのは西さん。1年前から準備を始めて、やっと開催にたどり着いたのだとか。何度も会場に足を運んで、打ち合わせたり、使うものの許可をとったりしたんだって。足元に敷くじゅうたん一枚、背景のセットに会った観葉植物(ヤシの木5本)一つ、全部消防署とか何とかに申請して、初めて使えるんだそうだ。
「当日も、あれこれやらなくちゃいけなくて、MCもしなくちゃ出頭いっぱいいっぱいなのに、サダ君はやまちゃんの楽屋に行って、二人で酒飲んでるんだよ!」

ローリングストーンズが新しいアルバムを出すという話から「エロかわいいじいさんになりたい」なんて話に行ってしまったのはサダさん。「介護されるようになっても、かわいいって思われるようになりたい。」「もう、かわいいんだから!」って介護士さん(たぶん頭の中では、若い女性)言われたい。「そうかあ。ペロン(お尻をなでる動き)なんて」「そいういエロかわじじになりたい!」
黙ってその話を聞いていた西さんが一言。「でもさ、なんか余計な一言言って、不興を買いそう」客席一同大きくうなずいたものです。

その余計な一言の例で「今日のご飯はおいしかった。ただ、もう少しご飯がやわらかかったらなあ」←なんかこれ、白樺湖での朝ご飯エピソードだそうです。西さんが特別な卵を持って行って、特製TKGを食べてもらおうと思ったらご飯がめっちゃ堅かったんだそうです。「何すんねん!」ていうほど堅かったんだそうです。お客さんからはクレームなかったって、サダさんがフォローしてました。

「渚にて」を聴いてるときに。
「渚にて」といったらネビル・シュートだな。なんて薄青の背表紙の文庫本を思い出したりしていた。(今調べたら、早川でなくて創元推理の方だった。記憶が…(-_-;))後半、なんだかふっと頭に浮かんできたのは、チグリスとユーフラテス。人のいない惑星に舞い飛ぶ蛍たち。終末、ではある。渚にてというタイトルから直の素子さんなら「ひとめあなたに」のエンディングの方があってるんじゃないかと自分に突っ込んでもみる。でも、曲の雰囲気が鎌倉じゃないんだよね。うん。


素子さんファンというか、SFに興味ない人には何のこっちゃでしょうから、追記。
渚にてってこれです。私の記憶の中にあるのとは違いますが。

チグリスとユーフラテスはこれ。日本SF大賞受賞作。

ひとめあなたに…‥はこれ。

みんな「終末」ものです。とはいえ、渚にてはちゃんと読んだことはないのだけれど(^^;)

その2に続く。

サダさん!

COIL
09 /13 2023
ネオネラでAugust企画のライブです!

平日。7時スタート。6000円。

さて、どうしたもんじゃろう。
翌週の月曜日・祝日にはまさよし初日だし。
でも、なんだかちゃんとAugustaのお仕事しているサダさんにも会いたいし…。
どんな感じでやるのか、次のネオネラでのライブ(ナタデココ、17日)の時に聞いてみよう。
体力と相談の上、参加不参加を決定したいと思います。