Birthday Live! 7月27日!!

COIL
06 /07 2018
サダヨシの部屋のアナウンスないなぁ、って昨日思ってたの! 6月はないのかなあ、って。
そしたら今日、こんな素敵なお知らせが!!



平日(金曜日)だけれど、予定とか全く見ないで予約メール入れちゃった! (*^^)v
下北沢で7時は平日では結構シビアなのだが、行く! 頑張る! 翌日は土曜日だし。始発帰りでもいいし。
福耳アルバム発表前だけれど、「新曲もたっぷりと…?」ということだからきっと、本当にたっぷりとやっちゃってくれるかも!

空欄ばかりだった7月のカレンダーに楽しい印が付きましたよ!

「明るいうちから飲む酒はことのほか美味いものです」

COIL
04 /30 2018
と、これはサダさんのセリフ。

19日のサダ部屋は行けないから、こっちを・・・とも思ったんですが。
午前中、仕事だし。
4日も仕事だし・・・(-_-;)



行ける方・・・楽しんで来てくださいね!!

「コーラスが欲しい」のだそうです。

COIL
03 /19 2018
バンドで演るときは。
土曜日のサダ部屋での発言です。
「ついバンドバージョンで始めちゃったけど、これ(弾き語りバージョン)もいいよね?」って。そして「でもバンドでもやりたいね」って。
「バンドでも演奏は何とかなるの。でも、コーラスがね」「コーラスが、やっぱり欲しいよね」

客席からいろいろなアーティストの名前が挙がったんですが…
どの方もイメージではないみたいで。
COILの曲のコーラス・・・・・・
サダさんの頭の中にあるのは・・・・・・

なかなか代わりは、いないよね。


これ、好きです。私がCOILの落ちたのはこのアルバムです。

続きを読む

次回のーサダ部屋は5/19(土)

COIL
03 /18 2018
私はがっつり仕事で行けませんが、土曜日ですから皆さまお楽しみください。
「月末は、島に行っているからダメなの」ってサダさんが自分で予約していらっしゃいました。
楽屋スペースにもサダさん一人。だからなのか、サダさん休憩時間中も客席でずっと過ごしていました。穂苅さんはもちろんいませんし、向井くんもまさよしのツアーについて行っているんでしょう。

ライブの様子はサダさんのブログを読んでください。

     春    安西冬樹
てふてふが一匹韃靼海峡を渡っていった。


春のライブでございました。

ラウンの壁にかかっているあの肖像画がヘルマン・ヘッセだと知った宵でした。
それから西条八十に「蝶」という詩があることも。


もう少し、書きたいこともあるけれど、今宵はこの辺で。

マンスリーだわね!

COIL
02 /16 2018
俺たちの旅が終わったら、サダ部屋からの毎月ライブ!!

第14回「サダヨシの部屋」
日程 : 3月17日(土)
会場 : 下北沢lown
http://lown.jp/
出演 : 岡本定義
Open 18:00 / Start 18:30
予約¥3,500(+1drink) 当日¥4,000(+1drink)

■ナタデココ@祐天寺FJ's cafe&Live Spot
出演:西慎嗣gt.vo 岡本定義gt.vo
日程 : 2018年4月1日(日)
会場 : 祐天寺FJ's cafe&Live Spot
開場16:30 開演17:00
予約 4,000円 当日4,500円 (別途ドリンク)

「もしもピアノが弾けたなら vol.4」
出演 : 岡本定義
日程 : 2018年5月3日(木祝)
会場 : 祐天寺FJ's cafe&Live Spot
開場15:30 開演16:00
予約3,500円 当日4,000円(別途ドリンク)


3月17日は日中に仕事がある。
4月1日は何とかなるんじゃないかな?
5月3日は全く分からん。

取り敢えず。ラウンだけは申し込んでおこう。
『純度の高い濃厚なサダ汁をお好みの貴方に。
糸を引くほどの濃厚接触がお楽しみいただけます。』なんて言われちゃ、行かずばなるまい!!

もしもピアノが弾けたならvol.3

COIL
01 /23 2018
サダさん自分のブログにセトリあげてくれました。
風船男から始まって日蝕までの本編と「これはもうお金関係ないからね!」と断り付きの「お詫びと訂正」ピアノ弾き語りまで(^^♪

私はこの後帰ってしまったのですが、日本酒ふるまいながら「そして長崎から来ていたHaiRiが最後の最後に一曲! キレイに締まりました。」ということです。日本酒は景虎。
ゲストとして来ていた結っちゃんこと高橋結子さんが日本酒大好きだとかで、「終わったら景虎飲もうね~みんなにもふるまっちゃうよ~」ってサダさんが言いだしたんです。ご相伴にあずかってから帰ろうかなあと思っていたのですが(始まりが早かった分終演7時前だったし)土曜日曜と遊び過ぎで月曜は雪だよ、なんて言われていたんで、帰りました。はい。

vol.4は5月3日。GWってやつですが、それは…難しい。盆と正月はそれなりに休めるけれど、5月はねえ…きついのよね~。
でもまあ、ラウンでもどこでもまたまったりゆったりできるライブをしてくれるでしょうから、その時にこそ。おごってね!!(え? そういうことなの?byサ)


ところで。
セトリを書けないんですよ、サダさんのライブって。私の頭が鶏だっていうことと、ツアーではないので毎回まったく異なるセトリだというのはもちろんあるんですが、とにかく曲のタイトルが入ってないんですよ、あたしの頭に。結構な量というか回数聴いているはずの曲なのにタイトルが入らない。
「なんでじゃろ?」って思ってですね、考えたんですよ。他の人の場合はもうちっとなんとかなるのにサダさんの曲はタイトルが出てこないのはなんでじゃろって。

で、思いついたのはまだ二人COILだったころにサダさんが言った「おれたちは残り香系」「アンビエントな音楽」ってこと。
アルバム買って、あちこちでいろいろ聴いて。いろんな場面で音を流して。でも、なんだろう、そこだけ、音楽だけを必死に追いかけるっていう感じの聴き方ではないんだよね。そこにある心地よい確かな存在ではあるんですが、意識はそこだけに行くのではないのね。
BGMっていうわけではないんですよ。でも、意識や思考や感情はあちこちへ揺蕩って音や歌詞の中にとどまっていないんです。んとね、とっても気持ちのいい温泉に入った感じ? 確かに自分の体をすっぽりと包みこんでいるお湯の存在はあるけれどその中で「あ~気持ちいい~」ってなっている時には、お湯の存在は忘れているっていうか意識は別のところに行っていることがあるじゃないですか。そういう感じなんですよ。(ナンノコッチャ…)

演奏が始まればそれはもう心地よく音に声に歌詞に浸るのですが、曲名は出てこないしMCでサダさんが言ってくれていても記憶に残らないんだなあ。だからセトリは、だめ。サダさんのライブはもうセトリは、サダさんご本人及びご参会の皆さまにお願いするしかありません^_^;

そんでこれを書き始めたときに気づいたこと。
歌詞の中にタイトルがない曲が多い。これもね、サダさんの世界だよね。

「奄美行きますよ!」ってトイレ前で話したら「ええ? FJ’sでやった方がよかったなんて言わないでよ」と、その日やったとある曲について呟いていました。ちとせ10周年の奄美オーキャンでなんだかえらいことになった曲だそうです。「だからリベンジっていうかね、もう一回やるの」と。かなり好きな曲なので、これは嬉しいです。
楽しみにしてます!!

サダさんリハーサル中♪

COIL
01 /21 2018
もしもピアノが弾けたならvol.3
昨日に続いて直前ブッキングです。
入場は並んだ順なのだそうで、前売り料金で入れまずという予約らしいです。

ゲストありの、夕方ライブ。外に聞こえてきたあの曲もやってくれるのかな?
洗濯も済ませたし、最低限の仕事の準備も済ませたし。ゆっくりゆったりすてきな時間に身を浸しましょう(*^_^*)

いー時間でした。

COIL
01 /07 2018
「久しぶりのサダヨシの部屋だからね」とかしわでぱんぱんから。
製作中ということでお髭がチャームポイント(*^^)v

こちらも久しぶりの下北沢、ちっちゃなライブハウス。着席して、すぐそこにいるサダさんといろんなことをやり取りしながら2時間半。本当にすごくすごくいい時間でした。なんでもない、いつもの通りの歌とギターとおしゃべりでこんなにあったかい心持にさせてくれるサダさんは本当の妖精なのかもしれません。

1部、2部、そしてサダさんのお手洗い休憩を経てアンコール。
「リクエストの中からその場で選んでやろうと思って」ということでした。そんなセトリはこれからサダさんがのっけてくれると思うのですが、「シングルがほとんどないっていうのがいいね!」と言っていました。私はリクエストはしていないのですが、みなさんの選曲はさすが! の一言。ツボが一緒っていうか、そうだよね~ってうなずくしかないっていうか。カバーを含めていくつか「リクエストはなかったけど」という曲もありましたがそれも含めて、いい選曲&演奏でした。

これもやりました。「最近明菜ちゃんにはまってるんだよね」


「これやった時は、シカオちゃんいたんだ」
「こういう曲は〇〇くんには書けないね。あ、書かないでよ!」
「この曲のタイトルを「オブラディ・オブラダみたいでいい」っていう社長に「なんでもビートルズに例えるのよしてください」っていったんだ」
「どっちの曲がいい? こういう時は早い者勝ちだからね。両方はダメ!」
「お腹すいちゃった。早く焼そば食べたい!」
なんてことをいつもの調子でお話してくれました。

そんで。
「今年はね、COIL20周年だからなんかね、特別なことがあってもいいと思うんだよね」って、向井くん@マネージャーに言っていました。「オーキャンは?」って言ったら「そんなとこはダメ。間違えたら怒られるじゃん。こういうところでやるのがいいのよ」だそうです。10周年の時のバンドツアーのように、何か所か回ってくれるようなことをしてくれたらうれしいなあ。行きますよ、うん。


本当に全てが心地よかったんですぅ。
ライブ終了後お店に残って飲んでいく人たちをしり目に帰ろうとしていた私たちを見て「え? 飲んでいかないの?」って声をかけてくれたサダさん。「遠いんです、千葉なんで」「私はもっと遠い〇〇です」と二人して残念な答えを返したら「そっかー」って手を差し出してくれました。それぞれきっちり握手して帰ってきました。
30人ちょっとのお客さん一人ひとりをちゃんと見てくれて、気にかけてくれて、声をかけてくれて。本当にありがとうございます。次回はまだ決まっていないそうですが(俺たちの方もあるしね)、まさよしとかぶらない限り行かせていただきます!

続きを読む