チケットあります。

娯楽教養
01 /17 2017
土曜日の長澤くん@東京キネマ。
日曜日の永六輔さんの追悼コンサート@KAAT。

定価。当日手渡し。
それなりに「よいお席」でございます。
チケット必要な方、ご連絡お待ちしております。

今月もすてきな娯楽と教養月間です!!

ものすごい勢いでリツイートしてますね^_^;

娯楽教養
11 /21 2016
どこがって、伊参スタジオ映画祭さんが。


20年たったヒバナと花火。うふふ。行けなかったけど、この笑顔が見られたから、うん。いいかな。

ツイートさがしてリツーイトしまくってくれた伊参スタジオ映画祭のスタッフ様。ありがとうございます。昨日はご挨拶もできなかったけれどいつでも、感謝と愛(きゃっ!)をささげてます。ありがとね。ほんとにありがと。
またゆっくり飲みましょう!

熊さんの弟さんってまさよし(正義)っていうの? いや~ん(*^_^*)

娯楽教養
11 /20 2016
なんてことから始まった本日の娯楽と教養。
伊参に向かう電車の中で読んだ星へ行く船シリーズ3カレンダー・ガールの、新作書き下ろし「熊さん」編で、まずにへらってなり。

伊参の午前の上映の「森山中教習所」で、エンディングにかかった主題歌が星野源で、エンドロールで主演が賀来賢人@アンドリュー宝田inGVGだと気付いて「おおっ!」ってなって。


シナリオ大賞の授賞式で去年思ったことをさらに深く思ってぐっとなって。

昨年の短編部門の大賞受賞作「とっとこ将太」のキャストがさっき同じ場所でお切りこみを食べていた人たちだと気付いてうふふってなった一日でございました。

16年も続くとは思わなかった映画祭の、それでも16年続いた映画祭の力について書きたいことはたくさんあるのだけれど…
3次会まで(特急草津で1次会、乗り換え待ちの東京駅で2次会、そんで今。全部一人^_^;)やっちゃってる今日はもう、ごめんなさい。そのうちどっかで…書けるかも…しれません。なんにせよ、ものを創ることに情熱を注ぐ人たちがたくさんいるこの世界を味わえることをとてもしあわせに思います。

実行委員長の福田さんはじめ、みなさんの情熱で成り立っている映画祭。
ゆっくりと、しっかりと続いていければいいと思います。


来年も行けるといいな。

上毛新聞2016.11.20
上毛新聞今日の朝刊。120円。デジタル版はこちら
明日の朝刊にもきっとなんか出るよね。


9月17日から1週間

娯楽教養
09 /24 2016

これを飲みながら
株式会社山崎ワイナリー メルロー

これを聴く。



いい宵だなあ。

いつのオーキャンだったか仕切るスキマにまさよしが「おめーらの歌、難しいんだよ!」と啖呵を切ったのを見たことがある。
それに対して「ヤマさんの歌だって難しいじゃないですか」と卓弥が反論。後輩がんばっているなって思ったけどすかさずまさよしが「俺の歌みんなで歌ったりしねーもん」って^_^;
でも今では。セロリはなんだかんだ言っても「みんなで」歌う歌になってます。(みんな、にはお客さ~ん!も入ってます!!)そして、そんな歌でも、どんな歌でもきちんとリハーサルをし、譜割やコーラスをしっかり確認して本番を迎える。仲良し事務所ではあるけれど、仲良し、だけではないアーティストたちの在り方が(ひょっとしたら誰に深く関わっているかっていうところでスタッフたちもこそが「楽しさ」を産む源なんだよね。

娯楽と教養3連続 3月5日~6日

娯楽教養
02 /21 2016
あれこれ考えたんですが。今週も来週もめちゃ忙しいわけですよ。
でも、どうしても外せない娯楽と教養があるわけじゃないですか。
でも、平日都会まで出かけてとかまさよしのない週末(珍しい言い方っていうか、なんやこれbyま)をつぶしてとかはちょっと考えられないわけでぇ。

ってことで3月最初の週末。ロームシアター京都のYM21がらみの二日間。やります、3連続娯楽と教養。
5日5時出発、6日21時半帰着で3本! やってしまいます。ええ、頑張りますよ!!
ドラえもんのチケットはまだ買っていないけれど、同じ夢はぴあでまだ買えました。一桁列上手です。いい感じで観られると嬉しいです。

お子達に交じってドラえもんを見るのはちょっと怖いけれど、エンディングにかかるまさよしの「空へ」をきっちり味わえるように映画自体も楽しみたいと思います。
そのままロームシアター京都。「観てくれた?」って聞かれたら「うん!」って答えるんだ(*^^)v 嬉しいことにまた一桁列で、しかも下手!! 流し目も、がんつけも、アホな会話もしっかりキャッチしてくるからね~~~~!!


ふ~ん、そういう忙しいことする人いるんだねbyドラえもん
そやねん、なんかこの人らおかしいねんbyま



あ、そうだ! 忘れちゃいけない!!
打ち上げもあるよ~~~!!
ってことは娯楽と教養4連続だぁ!!!!!


いい歌なんだけどなぁ…
Mステを見直す気力がわかない(-_-;)
あの転調もライブだといい感じなのに、テレビでは「やばい!」感しかないorz

お楽しみはこれもなのだ! ←すいません…タイトルパクリです…

娯楽教養
01 /06 2016
えっと、年末に愉しんだ娯楽と教養はまさよしとヨッシーだけではありませんでした。
新感線、ゲキ×シネに行ってきました。薔薇サム。東劇です。
そんで、年末だけでなくこれからもあるんです! 新感線観たことないっていうか、お芝居って高いんだけど! という方! ゲキ×シネは1800円です!! 当たり外れの大きいよーわからん映画よりはきっちり楽しめます! しかも、1800円なのに3時間越え! 途中休憩はさんで4時間近く。コスパめちゃくちゃ高いです。東劇は東銀座駅から歩いて2分。都内にお勤めの方ならもう全然問題なく観に行けます。上演じゃない、上映スケジュールはこちら。

【謹賀新年】2016年ゲキ×シネ上映スケジュールをお知らせ!
ゲキ×シネ☆東劇セレクション 2016初春
いのうえ歌舞伎の傑作!厳選2作品連続上映!

『髑髏城の七人~アカドクロ』
2016/1/23(土) ~1/29(金) 11:00/14:50/18:40

『蜉蝣峠』
2016/1/30(土) ~2/5(金) 11:00/14:50/18:40

ゲキ×シネ☆東劇セレクション 2016春

劇団☆新感線+松竹の強力タッグ!
≪Inouekabuki Shochiku-mix≫より、4作品連続上映!!

『阿修羅城の瞳2003』
2016/4/9(土) ~4/15(金)

『髑髏城の七人~アオドクロ』
2016/4/16(土) ~4/22(金)

『朧の森に棲む鬼』
2016/4/23(土) ~4/29(金祝)

『蛮幽鬼』
2016/4/30(土) ~5/6(金)


アカ&アオドクロ、朧の森、蛮幽鬼は是非観に行きたいと思うのだけれど3月末までの土曜日は…一回しか空いてない(^_^;) もうねえ、どうしまそ。遠征先から帰っての日曜の昼の部を観るか、平日のどっかの部を何とかやりくりして観るか…まあ、DVDにもなっているんだからそっちで観たらいいじゃないかというご意見もごもっともですが、やっぱねえ、おっきなスクリーンでお客さんたちとご一緒に新感線の世界に浸りたいじゃないですか。


堺雅人のサジが…好き。上川さん、早乙女太一くんも、うふふ、よ(はあと)


それにしても、自分のスケジュールのあほさ加減にびっくりです。2月27日以外の土曜日は全部予定あり! です。カレンダーも手帳もなんだかすごいことになってます(^_^メ)
あ、弘前の追加公演迷っている皆さま。ライブ終了後、夜行バスで都内まで帰ってこられますよ。朝の6時、もしくは7時に都内につきます。いい加減そういう強行スケジュールはやめた方がいいと理性は言っているのですが、だって行きたいんだもん! という感情の方が上回ってですね…一緒にアホにならないかい?!(いやです!by・・・)


伊東屋から八重洲ブックセンター。鉄板のはしご!

娯楽教養
10 /18 2015
手帳をね、買わなくちゃと思ったの。だって、来年までずっと続くツアーが始まるんですもの。
カレンダーもそろそろ用意しなくちゃって。

ということで、昼過ぎに東京へ。
伊東屋で手帳と、オリジナルカレンダーを購入。これ買うだけで結局2時間くらいいたんだよ^_^;
8階から1階ずつ階段で見て回ったんだけど、その時二人連れのご婦人が言っているのが聞こえたんだ。
「改装前の方がよかったわよね。今は無駄にスペースが広くて。」って。
私と同じことを感じている人がやっぱりいたんだ! ってちょっとうれしくなりました。妙におしゃれで広々としている今の伊東屋よりごちゃまぜで窮屈でいなたい昔の伊東屋の方が面白かったなあ、って思っていたんです。それでも品揃えやら店員さんの商品知識やらが素敵なので文房具っていうと伊東屋さんなんですけど。

買った手帳は10月始まりっていうので。しばらくは2冊持ちしなくちゃいけないと思っていたんだけれど、これならその必要はない。はさんであるチケットもそのまま新しい手帳にはさみ直すだけ。うふふ。初日の厚木チケットもそっちにはさみ直して。うふふ。

その後トコトコ歩いて八重洲ブックセンターへ。仕事用の卓上カレンダーを買うのが目的だったんだけれど、入口入ってすぐにこれがあって…買っちゃったんです。

そんでその近くにこれがあって。

両方とも手に取ってレジに向かったら…

これは買うしかないでしょ? 北村さん好きなんですもの。


ってことで、今日も一日娯楽教養三昧。
いい休日でした。


明日? はは。新しい1週間がんばりましょうね~>皆さま


あ・・・下書きに入れたままだったorz
朝のアップですが、夕べ書いたんだよ~!!

鳥獣戯画展本日にて終了です。

娯楽教養
06 /07 2015
それにしても連日凄い人出で。どっからあれだけ人が集まるのか、ってまあたしみたいな素人が前売り券買って行っちゃうんだからそりゃ連日150分待ちとかになるよね。甲巻(一番有名なあの水遊びの図とかある巻ね)はとにかく立ち止まらないでください!!って係の人がつきっきりで誘導してらっしゃってね。ああしないとどうやってもお客さん捌けなかったんでしょうね。パンダとか大昔に来たモナリザとかそういうのとおんなじ。
照明による劣化を防ぐために展覧会前半は巻全体の前半分を実物で、後ろ半分を写真に撮って同じ形にプリントしたものを展示して、後半は逆。写真でもほぼ同じっちゃ同じなんだけれど、やっぱり紙の質感とか筆づかいとかなんか『生』の感じが違ったわよね。本当なら2回行くべきなんだろうけれど、時間もお金もありませんでしたとさ!

平成館入口はこんな感じ。
鳥獣戯画 平成館

そんで、この前に広がる池にはこんなオブジェが(^o^)
鳥獣戯画1
サムネイルじゃわかりづらいと思うんで、クリックして大きくしてください。
兎と猿が遊んでます。うふふ。

いろいろあった絵の中で「おや?」と思ったのは双六の盤を肩にかかげて持ち運ぶ猿の図。甲巻の後半、つまり今回の展示の中にあったんですけど、これがあの清盛くんが大好きだった双六そのまんまなのね。あの清盛くんって言うのは、もちろん大河ドラマの清盛くん@松ケンですけどね。思い通りにならないものは川の流れと(双六の)さいころの目って言ってのけた清盛くん。大河の中で機会あるごとに双六は出てきてね。えと、後白河法皇と子どもの命をかけた双六の勝負のとこなんか松田翔太の切れっぷりと共に凄く印象に残ってるのよ。それが絵の中にあって。
平安から鎌倉の時代に確かに双六が遊びとして大変ポピュラーだったことと、その時代に鳥獣戯画甲巻が描かれたんだろうことがきちっと繋がってさ。凄くわくわくしちゃったんです。ちゃんと歴史とかを研究している人にとってはそんなことあたりまえなんだろうけれど、大河の清盛@松ケンと後白河法皇@松田翔太が双六やっている画と、鳥獣戯画の猿が双六盤運んでる画とが800年の時を経てアタシの頭の中で繋がったって言うかね。歴史の中のなんかの断片じゃなくてその時そこに息づいていた「何か」を確かに感じられたって言う感じです。

足腰には結構来ましたが、行ってよかったです。
帰りのミュージアムショップも凄い人で(^_^;) レジにたどり着くまでに小1時間かかりそうだったので結局何も買わずに駅に向かったのですが、駅ナカに上野公園及び近隣施設関連のグッズを扱うお店があったので小風呂敷き、タオル、一筆箋を買ってきました。会場限定グッズはもちろん買えませんが、十分です。高山寺限定グッズは来年あたり京都まで出かけて…買うか??!!


そうそう。神鹿とか子犬とか菩薩とか観音様とかの彫刻も美しいて言うか可愛らしいっていうか、素直に「すげーな」って思えたし、明恵さんという高山寺中興の祖に関連したあれこれも興味深かった。宗教に帰依するってことの凄みというかパワーっていうようなものを改めて感じた特別展でもありました。

ここでいろいろ見られます。
東博公式サイト