髑髏城の七人season花 2回目

演劇
05 /21 2017
前回からおよそ5週間。びっくりするぐらいよくなっていました。あ。この言い方はちょっと上からの言い方かな。
でもね、オープニングの天魔王の立ち回りっていうかアクションっていうか、そこからなんだかとっても滞りがなくてですね。ちゃんと天魔王に見えたっていうか。

そう! 天魔王がちゃんと天魔王だったんです。
信長に仕えた3人の中で一番ないがしろにされていた・・・少なくとも本人はそう思っており、蘭丸も捨之介も無意識に「自分の方が」って思っていたのではないかと思われる存在。コンプレックスの裏返しの強烈な自負心。不安や虐げられた記憶から自分を守るために他を攻撃していく。そんな天魔王の心の弱さ、うちにある闇がちゃんとわかったの。

そして沙霧。
跳び蹴りの見事なこと!! 背景にある熊木衆の長としての気概と頭ぽんぽんしてくれる捨之介への恋情とがちゃんと見ている者に伝わる風情とセリフ回し。近くの席で見たら表情も多彩に変化していたはずです。
前回は捨之介にいつ惚れたんだよ!? 本当にあなた熊木衆の長? っていう感じがあったんですが、今日はきっちりどっちも言葉ではなくて佇まいで伝えてくれたんですよ。

その二人が舞台の上に創りだされる世界のピースとしてかっちりはまってくれたから、蘭兵衛も捨之介も兵庫も極楽太夫も自分の役割をきっちり果たしてくれて。
蘭兵衛が無界の里を捨てて天魔王につく心情もしっかり理解できたのね。信長と一緒に死ねなかった自分への罰っていうか…生きていくことへの虚無感っていうか、愛しぬいた信長に対する埋めようのない喪失感、誰と出会っても情を交わしても消えることのない孤独と。美しい太刀筋の中に込めた哀しさがね…凄みすら感じたのです。

泣いたのは3回
無界の里が焼け落ちたとき。蘭兵衛が自らの生きざまを貫いて死んだとき…極楽太夫の慟哭を見たとき。そして、それぞれのカーテンコールの時。
一番美しい衣装を身に着け一番美しくたくましく生きた場面の中にたたずむそれぞれの人が愛おしかったから。特に真っ白な曼珠沙華の中に咲く一輪の花――無界屋蘭兵衛の美しさは、泣くっきゃないでしょ!!

3回目のカーテンコールで。
はけて行く極楽太夫と捨之介の手を取って、いや、3人で手を繋いで去っていく蘭兵衛の姿に「うふふ」ってなったのは私だけではありますまい。かわいいしぃ、大人だなあって思うしぃ。うふふ。

いい一日でした!!

鳥で天魔王はどう踊るんだろ、そして捨之介はどう沙霧に惚れられるんだろうなんてことをちらっと思い。
帰ってきてみた直虎で捨之介が狸穴さんを演じているのを見てちょっと混乱したりしつつ、先が楽しみな髑髏城でございました。

も一回…行きたいなあ、花。



当日券で入りました!

演劇
05 /21 2017
当日券

また真ん中あたりです。
キャンセル待ちの方がいい席が有りそうなんですが、確実にあるかどうかわかんないので当日券です。
ロビー開場してビール飲んでます。抽選で近くにいらした方はキャンセル待ちに賭けるということでこれからです。

今日も盛況な髑髏城の七人。三時間半を堪能させていただきます!

「風」は松ケン!

演劇
05 /16 2017
本日発表になりました!


アカドクロのイメージ?

向井理って、舞台でどれだけ動けるのだろう。
じゅんさんの贋鉄斎は、轟天メイク出てくるのか? っていうつぶやきになんだか…期待が高まる(^ム^)
松ケンは、ちょっとおまぬけな将門のイメージが強くて天魔王の方をどう演じるのか。
女性陣も今までとはちょっと趣が違う。

4シーズン全部見たくなるよなあ、これは。
「花」も終わる前にもう一回行きたいけど。
仕事サボったろか?!(それは社会人としていかがなものか…by上司&同僚)



NETTYU まとめ。その2 髑髏城の七人 シーズン鳥

演劇
04 /18 2017
髑髏城の七人シーズン鳥 の製作発表記者会見
7分もあります! なるしーがしゃべってるの!!


こっちの方が短いですけど、こっち↑には入ってない話が聞けます(^ム^)


鳥はすでに3枚チケットを手に入れているのです。
7月頭、末、8月末。いい感じでしょ? 夏フェス入ってもなんとかクリアできると思うんだ。おけぴで交換申し込んでも何とかなるだろうし!!

楽しみ!!!

IHIステージアラウンド東京 列、番ともに四捨五入して20!

演劇
04 /17 2017
2階席なしで31列、一番大きいところで50番くらいまで、かな? 2階がないせいで結構急こう配。「回転中は立たないでください」っていうアナウンスがあったけれど、立たないって。ぐんわ~って席が動き出す感じはなかなかエキサイティング!

新感線らしさ。音と映像と大仕掛けはきっちりありつつ、というか、それこそがステージアラウンドと新感線のミックスっていうかね。奇をてらった感じはなかった。新感線らしいあれこれを最新の技術でより大げさにやってのけた、って感じ。
でもやっぱり、役者の力量こそが舞台を彩るっていうかね。ワカドクロと比べてもなお若い役者たちの奮闘をほほえましく思いながらも、古田さん山本さんの迫力にね、かなわないっていうか…美しかったわ、山本耕史…


えと、アラウンドは普通にされる分には酔いませんでした。でもぉ、ズームして行ったり天に昇ったりするとちょいと目が回る(@_@;)
どうやってズームとかあるかというと。



続きを読む

劇団☆新感線 髑髏城の七人 Season花 行って来ました\(^o^)/

演劇
04 /17 2017
終演後、外は雨でした。
豊洲ステージアラウンド

どんな風になるのか、人から聞いてもよく分かんなかったけれども、確かに新感線の髑髏城の七人 でございました!
詳細は帰ってから書きますが、阿部サダヲの捨をめっちゃ観たくなったことだけは報告しときます。
屋台出てました。

祝 初日!!

演劇
03 /31 2017


私の初日は3週間後!! 花はこれしか持ってないけど、当日券頑張ろう。

スポニチ

モデルプレス(プレスコール関連)

足跡姫 東京芸術劇場 追加S席9800円

演劇
02 /25 2017
金曜日に急遽お誘いがあって。体力も金力も厳しかったけれどえいやっ! て行ってきました。
NODA・MAP「足跡姫」宮沢りえ 妻夫木聡 古田新太
公式サイト

土日はまさよしの予定が入っていて、平日に出かけるほどのゆとりもなくて。気になる舞台があっても全然観に行けてなかったのですが、お誘いが入るのも何かのご縁と思い、公式サイトトップページにある野田さんからの直筆メッセージを見て…

行ってよかったです。
途中寝落ちしていた人間が言うセリフではないですが、美しいお芝居でした。衣装も舞台装置も役者の佇まいも野田さんが描こうとする思いも美しいものでした。
かなり傾斜のきついやおや舞台で「役者さんたちきついんじゃないかな?」って思っていたんだけれど、それにはきっちり理由があって、それが創りだすあれやこれやも美しくて。あの演出というか工夫っていうか、誰が考えたのかしら。毎回異なる結果になるんだろうけれど、それをきっちりまとめあげるというか、ちゃんと絵にしてしまうのは素晴らしいです。

そして最後の場面で下りてくるあれの美しさ。その中で妻夫木君の語る言葉の一つ一つに涙が出ました。野田さんが言いたかったことのすべて、でもあるであろうあの言葉に。
思い切ってよかったです。誘ってくださってありがとう。




杏子さんとゆうこちゃんも見に行ってたんです!


次の舞台は新感線。髑髏城~花~です。古田さん…新感線の稽古と野田さんの舞台と。休む間もなく・・・お疲れ様です!!