fc2ブログ

「名人」川端康成 読了

読書
02 /24 2024
サダヨシの別荘@ネオネラに向かう車中と、ネオネラに着いてからライブが始まるまでの時間で、素子さんの解説まで含めて読み終わりました。
17087585650.jpeg

素子さんの解説は、買ってすぐに読んでいたのですが、あとがきではなくて解説ですから、本編を読み、山本健吉が昭和37年(!)に書いた解説を読んでからでないと、わかんないことだらけで(((^_^;)

囲碁のことをまったく知らないまま読み進めるのは、なかなか骨のおれることでした。最後に載っている棋譜を見ても何が何やら。名人の「敗着」となった白百三十を見つけるだけでも、大騒ぎ。どっちがどう勝ったかとか、どこに石を置いたのかなどは、読んでいる最中には全然イメージできないままでした。
川端康成の書きぶりや言葉遣いも馴染みがないし。

けれど、半ばを過ぎたあたりから「素子さんの解説を読みたい」「新井素子は、この小説をどう読んでいたのか、もう一回じっくり読みたい」って思ったんです。
解説を読むために、小説を読むっていうのも変な話ですが、65歳で引退碁を打つ名人のあれこれを素子さんはどう読み取ったのか、知りたかった。いや、私の読みとどう違ってどう同じか、聞きたかったんです。

(前に一度読んでいるというのにまったく忘れている鶏頭に感謝です(^o^;))

そんで。今日、解説を読んで「ああ、そうだよね」って、うなずきました。「それ、いい!」って、新たな視点をもらいました。すごく素敵な解説という随筆でした。
川端康成の「名人」という作品を通して、素子さんと会話ができた気分です。
邪道、でしょうけれど、「名人」令和四年版新潮文庫面白かったです。


Amazonのアフェリエイトが

読書
02 /16 2024
書影を利用できないことになったのよ。まあ、デザインとかねそういうのがね権利で守られるべきなのは当然なんだけれど、やっぱ本って(CDとかも!)ジャケ買いってあるじゃん? そんで、本屋さんに行ってタイトルというテキストで探すより、書影っていう画像で探す方が、楽だし。(あ? これアタシだけ?)だからと言って、自分が読んだ本、ブログに書きたい本の写真をいちいち撮るのは面倒以外の何者でもないし・・・

新刊だったらXを貼る?
各出版社の何らかの会員になって、書影を使う?
う~ん、どっちも結構面倒だなあ。

ちなみにまさよしの何やかやがあってからこっち、結構な冊数を(普段と比べて、ね)読んでまして。タイトルくらいはあげとこうかと。
精選女性随筆集 幸田文
 男はいいもんだなあ、と思うのである。なんてことをおっしゃるのだ、この文豪の娘は。
南海ちゃんの新しいお仕事
 ちゃんと読んでます。あとがきだけじゃなく。
もういちど
 ずいぶん長くなりましたねえ。成長する主人公をこの後どうしていって、どうやって大団円を迎えるんでしょうか。
税金で買った本10
 今朝読み終わりました。
ほしのはじまり――決定版星新一ショートショート――
 やっと、です(^^;)とはいえ、素子さんの書いた部分と、星さんのエッセイの部分だけ。
くもをさがす
 闘病記、ではなかったです。トリプルネガティブだったんですねえ。
乱読のセレンディピティ
 途中で投げ出していたんですが、最後まで行きました。星新一と外山滋比古の語ることがダブって聞こえてきて・・・なかなかに印象深い連続読書です。
名人
 初川端康成です。素子さんのあとがきはすでに読んでいますが、本文を最近読み始めました。22日の長澤くんか、24日のサダさんのライブあたりで読み終わりたいと思っています。

他にも読み止しの本をつまみ食いしたり、既読本をちょこっと再読したり、いろいろやってます。雑誌もそれなりに。
今探しているのは「今はもういないあたしへ…」です。この部屋の本山脈の中のどっかにあるはずなんですけれどねえ。

滅びの前のシャングリラ 中央公論社(文庫) 凪良ゆう

読書
01 /31 2024
長澤くんのライブ帰りに読み切りました。
で、このタイミングがベストだったなと、運命のようなものを感じました。
滅びの前のシャングリラ(凪良ゆう)。あと1か月で、巨大隕石が地球に激突し人類は滅亡する。その設定の中で、どんな物語が展開されるのか。
メインの登場人物たちがそれぞれに一人称で語りながら、最期の時に向かっていく。

そんなお話がなぜに「長澤くんのライブ終わりがベストタイミング」だったかというと…

命きらめくライブが、とても大切なエピソード(というか〇〇)になっているからです。
先日の長澤くんの、あのほとばしるような歓びのライブと物語の中のライブが重なったからです。
音楽って、ライブっていいなって。生きる歓びと、LIVEの喜びは、同義だなって思ったりしたんです。

地球が、人類が、滅亡するっていうのにライブやろうっていう人たち、それを見に行こうっていう人たち。怖くて怖くて、辛くて切なくてやるせなくて、絶望して…でも、最期には自分の人生を肯定するの。絶対的なバッドエンドのように思える「人類滅亡」だけれど、自分の人生を肯定するの。最後のその瞬間に誰かの隣にいられることに感謝したりしちゃうの。
そして、そこにライブがあるの。へたっぴなんだよ、そのバンド。今の流行りの曲なんかできなくて、昔のロックをでかい声で歌うんだ。好きな曲を、好きなように演奏して歌って・・・なんかさ。涙が出ちゃったよ。ライブって、音楽って、そうだよねって。好きな曲を、好きなように。下手くそだってなんだっていいんだ。歌う喜び、聴く歓び、集う悦び。罪人も善人も、大人も子どもも、年寄りも胎児も、生きとし生けるものすべてが、すべての命が、楽しむんだ、喜ぶんだ。

それが語られる。
そんな物語。


素子さんと凪良ゆうとの対談目当てで買った本だけれど、そんなのふっ飛ばして(あ、もちろん対談も十分におもしろかったよ!)収支決算大黒字の1冊でした。単行本発売時ではなく、今この時に読んだのは本当になんか・・・偶然ではなく必然な気が、する。


今日の買い物メモ

読書
01 /23 2024
帰りに本屋さんに寄ること。

あとがき代わりの対談は、本日中に読み終えること。
帰宅後の体力に不安があるなら、ファミレス等で夕食or晩酌のお供として読むとよい。

八月の御所グラウンドは、地元図書館で予約のこと。


ライブもあるけど、読書もね!

古本食堂 原田ひ香 740円+税 ハルキ文庫

読書
01 /21 2024
本はそれなりにちまちま読んでいたんですが、なかなか書く機会がなくてですね(^^;)
ということで、久しぶりの読書カテです。
古本食堂
書影をアマゾンから持ってくることができなくなったんで、リンクで飛んで確かめてください。

購入理由は「なんとなく」だったのですが、読み終わった今は、いや読んでいる最中から「これは、美味しい」って思っていました。この「美味しい」は、状況が上手い方に回っているっていう意味ではなくて、本当に「美味」「食べたい」「食べに行こう!」って力強く思わせてくれる「美味しい」です。神保町界隈の本当にあるお店、アタシでもお店の名前を知っている有名店のあれこれがその場所や佇まいまで含めて出てくるんです。本に絡んだ素敵なお話とともに。

神保町の駅を降りて、三省堂とか廣文館とかそういうのを経てすずらん通りに入って・・・って私でも思い浮かべられる道筋の中に舞台となる鷹島古書店はあります。亡くなった兄の後を継いで・・・とは言い切れないながらも、この店を再開させる主人公珊瑚さん。珊瑚さんの甥の娘である美希喜。この二人がそれぞれ語り部となって、物語は進みます。

最初は短編集だと思っていたんです。ところがちゃんと1冊丸ごとで一つの物語が描かれています。6つのお話があって、それぞれに素敵なエピソードが本達と絡んで、また、実在のお店の実在のお料理と一緒に描かれています。
この本はもっぱら電車の中で読んでいたのですが、思わず神保町に行ってしまおうかと思ってしまいました。だって本当に美味しそうでしたし、古本屋さんでしか手に入らないであろう本が読みたくなっちゃったんですもの。
ビーフカレー、ピロシキ、カレーパン、焼きそば、ビール! 食べに行きた~い!
馬車が買いたい、お伽草子、輝く日の宮、わたしの小さな古本屋。古本屋さんで見つけた~い!

登場人物それぞれの思いと相まって、より味わい深い1冊になっています。
暖かくなったら、一日ゆっくり神保町を味わいに出かけたいと思います。
続巻があるそうですから、それもまた味わいたいです!

そうそう! あとがき代わりの(?)片桐はいりと作者原田ひ香の対談も面白いです。
ここだけなら、立ち読みでも…い、いや。買いましょう!


おお! 万城目さん、直木賞(^O^)/

読書
01 /17 2024
おめでとうございます!


そんでこちらは、ご本人のX

言葉がないのが、いいね!

受賞作の「八月の御所グラウンド」は読んでないんだけれど、文庫になった「ヒトコブラクダ層戦争」は、読了した。Xはツイッターだったころからフォローさせていただいているけれど、本当にアクティブに書き続け、売り続けている彼の気力体力は凄いと思う。
ホルモーがまた舞台になるみたいだし、メトレンジャーの一般発売(関西地区のみ)も始めたみたいだし、本当に体にだけは注意して、ふしぎ、では片付かないわけのわかんない世界をきっちり構築して、私たちをだまくらかしてください!(褒めてるよ~!)

「みをつくし戦隊メトレンジャー」を電車で読む。

読書
11 /12 2023
万城目さんの本です。
大阪でしか手に入れることのできなかった短編…掌編?

2022年、大阪メトロの5つの駅で配布した『みをつくし戦隊メトレンジャー』に大幅加筆し、『みをつくし戦隊メトレンジャー 完全版』として仕上げました。文学フリマ限定の一冊です。

メトロ+レンジャーで、メトレンジャーですから、やっぱり電車の中で読みたいなと思って、洗濯済ませて駅に向かいました。もちろん房総半島南部に地下鉄なんぞ走っちゃいませんから、1週間に10回は止まったり遅れたりする内房線ですが(;´∀`)

御堂筋レッドに始まって、千日前ピンクと堺筋ブラウンまで。そしてなんば大決戦。
敵方はトクガ1(とくがわん)。戦う相手も、それなりのお名前。ほんと、徳川が嫌いなのね。豊臣びいきももちろん。
そして、若い人への優しいまなざしと、古~い人(?)への尊敬と畏れを伴う「なんのこっちゃ感」が、万城目文学(文学フリマに出してるんだから、文学、よね?)ここにあり! って感じで嬉しかった。
だから、電車に乗って着いた都会でヒトコブラクダ層戦争買っちゃいました。画像を含めたリンクができないんで、万城目さんのXで。

単行本の時と結構変わっているらしいです。単行本の方は未読なので、まったく新しい物語として楽しみます。
いつ読み終わる…いや、読み始めるかわかんないけど(^^;)



文学フリマ東京

読書
11 /11 2023
予定なしの土曜日のはずでしたが、なんやかんやで出かけてきました。

限定セットのものを買えるほど早い時間に行きつくことはできませんでしたが、みをつくし戦隊メトレンジャー完全版をゲットしました(^^)/ そして、帰り際にはナナロク社のブースで1冊。その場にいた木下龍也さんにサインをしていただきました。
文学フリマ東京

文学フリマに参加したのは初めて、というより今回大阪の文学フリマに万城目さんの一人出版社「万筆舎」が出るというので知ったわけで、それまではなんも知りませんでした。日本各地で大盛況で行われている、文学のコミケとでもいうべきイベントらしいのですがね。次回は来年1月14日に京都で行われるということです。
車で行ったので、駐車場料金もあってそうそうゆっくりとはいかなかったのですが、面白そうなブースがいっぱいありました。宇宙塵のブースもありました。本物を見たの初めてかもしれません。

チケットがあって、席があって・・・というのではないお出かけは久しぶりです。
そして大昔、コミケに参加していたころの気分を味わえました。
次の東京開催は来年の12月1日。有料になるらしいですが、予定が合えばまた出かけていきたいと思います。