はなちゃん細っ!

音楽
04 /30 2007
六本木ヒルズのアリーナで見たそのお姿。細い!細すぎる。トップランナーやっていた頃のふくよかな感じの方がよかったんじゃないかと思うけれど…

あ、はなちゃんを観に行ったわけではもちろんありません。
中孝介くんを、中孝介くんの歌を聴きに行ったのです。
一昨日書いた時間とは全く違ったスケジュールになっていて、ちょいと慌てたというかたまたま2時にアリーナに行っていたから聴けたというか。(J波のサイトを今、見に行ったら変更になっていたんだけれどそんなに連日チェックしないぞ)

公開生放送ということで、最初はトーク。休日は何して過ごしますか?とか、東京でのお勧めスポットとか。そんでCDで「それぞれに」を流している間にライブの準備。キーボードとマイクテストちょいと。会場に流れている「それぞれに」にあわせて、マイクオフで歌っている中くんの表情がステキでした。上手にリラックスして、歌うことを楽しむ準備ができていく感じ。

とてもよい天気で、けやき坂の街路樹も新緑をきらきらさせていて、本当に気持ちのいいアリーナで聴く中くんの歌声。いいもんですよ。「花」1曲だけでしたが十分に満足しました。歌いだしAメロはアカペラで。その後、キーボードの音が静かに寄り添ってくる。サビではともに目一杯声(音)を響かせて。いい歌でした。いい声でした。いい音楽でした。思わず帰りにCD買ってしまいました。ついでに情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA '07の先行予約に申し込んじゃんったりして。(AugustaCampの前日なんだけれど横浜なんで、まあ大丈夫かなと。)1曲だけしか聴けなかったから、もっと聴きたくなったというところでしょうか。

CDには「花」がバンドバージョンとピアノバージョンで収録されています。どちらもステキ。その他には「MY LIFE」「心の陽」という楽曲が収められています。心の陽は台湾の方(?)の作曲です。インディーズ時代から中くんの歌を創ってきた人たちとは違う人がこのCDを作り上げているようです。森山直太朗だけが「新しい人」ではないこの歌で、次のステージに中孝介は上がった、のでしょうかね?

でもほんとに気持ちのいいひと時でした。中くん本人も気持ちよかったようで何よりです。(中孝介ブログ)

まんまこと 畠中恵

読書
04 /29 2007
「しゃばけ」シリーズで名を売った畠中恵さんの新刊。しゃばけシリーズは文庫でしか買わないくせに、これは平積みになったのをぱらぱらとめくって…買ってしまいました。ハードカバーなのに。出たばっかりなのに。

そんで、買った翌週には王様のブランチで紹介され、なんだかかなり売れているようで。ベストセラーは買わない。そんなちょいとしたこだわりに逆らう行為だったのですが…面白かったです。


しゃばけと決定的に違うことは。人情もの、恋愛話だってこと。主人公麻之助の秘めた恋心が物語の底にずっと流れていて、それがしゃばけシリーズとは全く異なる味わいをこの本に与えています。江戸の風俗、独特の言葉遣い、雰囲気とかは畠中節満載なんですが色恋沙汰ーいいえ、誰よりも深い、そして淡い麻之助の気持ちが胸に迫るお話になってます。

あ、もちろん色恋沙汰ですべてが進むわけではありません。「げんか」として、あれこれ裁くお話がメインです。でも、伸ばした手の先にあったはずの細い指を結局手に入れられなかった麻之助の哀しみがあるから、このお話は美しいのだと思います。最後の「静心なく」ではちょいと泣きました。お寿ずちゃんが健気で。お由有がはかなげで。そんで麻之助が…いとおしくて。
麻之助の想いは結局相手に届くことは…いや、相手に受け止めてもらうことはないのだけれど。それでも、それでも、いや、それだからこそ。いつまでもいつまでも、その想いは消えることなく続いていくのだろうと思いました。その想いが、切なかったです。胸に迫りました。いいお話でした。畠中恵、新たな魅力の発見でした。「百万の手」を読了するのが楽しみです。

ゴールデンウィークは生歌を!

音楽
04 /28 2007
J-WAVEではゴールデンウィーク中、六本木アリーナで連日フリーライブを行っています。今日の午後のライブは荒天のため中止になってしまったようですが、30日はそんなことがないように祈ります。
というのも、この3連休の最終日なんとか休みを勝ち取り観に行けることになったんです、中孝介くんのライブ。

30日のライブはMcFLURRY presents FREE BREEZIN'ということで、2時からケミストリー、3時からロケットマン、そんで3時半から中くんです。かなり前の新宿でのインスト以来の生中くん。森山直太朗作曲のを引っさげて、いよいよ本格売り出し中!って感じの彼をしっかり観てこよう、感じてこようと思っています。

前の新宿の時は「なんだかみんなおんなじ歌」というイメージだったんですが、新しい血を入れてちょっと変化が出てきた感じです。あの狭いアリーナですから、バックミュージシャンの数は限られるでしょうけれど(弾き語りではないからねえ)、同じ色ばかりではない彼の歌声を聴けるんではないかな?と期待しています。
様々な色と、様々な想いと、様々な音と。そんなものを感じられるライブになればいいな。

花
中孝介 (2007/04/11)
ERJ

この商品の詳細を見る

やっぱりさぁ、ちょっと…かなり太ったんじゃない?

山崎まさよし
04 /28 2007
いろいろなメディアでちょこちょこ見かける山崎まさよし。太ったという意見、顔色が悪いという意見、様々ありますが今号のBOOGIE-HOUSEは、かなりきてます。プライムタイムCMの撮影オフショットなんですがね。顔ももちろん、上半身が いや、ある意味ですが。

ツアーに出て、打ち上げで呑み過ぎて太る。
オフで引きこもりになり、呑んでばっかりで太る。
適度に仕事が入って、リズミカルに呑みすぎて太る。
どうやっても、太る(ーー;)

今、体重どのくらいかな?67キロ位はあるかな?70超えて…ないことを祈る。30日のマーティンのやつも、宮古島も北海道も行けない自分としては、夏の再会までに何とか痩せていてほしいと思うばかりです。


見た目はやっぱり大切よ。新曲出せないならなおさらよ。
ああ、FC会報見たってなんもワクワクすることがない。
GW開けにはサイトのほうでなんか発表あるのかなあ?
待ち遠しいぞ。「変わった動き」ってなんだよぉ?!
ヤマオタの愚痴でした




やっぱりヤマはジャイのお隣。

山崎まさよし
04 /27 2007
いや。ちとせのDIARYの写真です。
左からジャイアン(森川社長)、まさよしくん、後ろに秦基博くん、佐藤のヨーさん。ワインのビン口元に持ってきているシカオちゃんの横顔。Vサインのちとせ。一番手前にいつものはにかみ笑顔の岡本サダさん。

AugustaCampの打ち合わせ後のお食事会のときのものだそうです。杏子とスキマと長澤くんは、別件のお仕事だとかで不参加。
イタリアンですね。タバスコが見える。で、店の内装も見たことがある感じなんだけれど。まあ、そんなに特別なお店ではなくごく普通のお店にみんなで気軽に行った感じですね。まさよしくんTシャツだし。

AugustaCampの在り様っていろいろ考えはあると思うのだけれど、いつだったか杏子サンが言っていた「夏休みに集まる従姉妹」っていう雰囲気が愛おしいと思うんです。その雰囲気がこの写真にも出ているかな?まだ、山田さんになるには遠いところにいるまさよしくん。はしゃぐシカオちゃん。ちょいと緊張している秦くん。楽しいね!って全身で表すちとせ。ちょっとシャイな感じのCOILの二人。早く撮れよぉ、ってカメラ見つめるジャイアン。そばでこのお食事会見ていたら(この人たちのこと全く知らなくても)きっと、こっちまで楽しい気分になっちゃうんじゃないかな?って思える。

その雰囲気そのままに、Augustaオールスターズでステキなライブを届けていただきたいと思います。7月29日グッドウィルドーム。暑さ対策しっかりして観に行きますから。

WAY BACK INTO LOVE(愛に戻る道)ヒットか?

音楽
04 /27 2007
昨日今日とちょいと外に出ようとして車に乗ったとき、2回ともかかったんですよ。WAY BACK INTO LOVE。J-WAVEですよ。流行ってますか?他の局でもかかってますか?明後日のTOKIO100で、ランクインしますか?結構ヘビロしてますが、他の方々はどうですか?

4月23日の記事に書いたとおり、「ラブソングができるまで / サントラ」を買ってしまいました。私のPCに入った2枚目の洋楽です。

ヒューグラントの優しい声。ヘイリーベネットのほんわかふんわりした声。耳に心地よいメロディ。ナンバーワンヒットにはならないかもしれないけれど、映画を観た人が、映画を観たいと思った人がこの歌を口ずさんで長く、心に残る歌になるんじゃないかなあなんて思ってます。
今朝もお出掛け準備のBGMにこのアルバムを流していました。music and lyrics(原題)つまり、音楽と言葉。その二つがきっちりかみ合って、二人の心が解け合って、ステキな曲が生まれたのだと物語もサントラも語っています。

ドリューバリモアは世界の美しい人々トップ1に選ばれるし、ヒューグラントは記者殴って逮捕されるし、話題に事欠かない「ラブソングができるまで」ですが、観終わった後に心に確かなラブソングが生まれているのは(少なくとも、自分にとって)真実です。
お馬鹿なダンス付のPOP!の楽曲も「懐かしく」て「面白く」て、かな~りポイント高いです。コーラ・コーマンの歌うブリちゃんテイストのダンスナンバーも、笑い飛ばせる完成度。映画観ていなくても、観ていればもちろん最高に楽しいサントラだと思います。映画がきっちり、作品世界を構築しているからだと思いますが。

♪メロディにうまく合う言葉を見つけるのは
 僕にとってずっと楽なことじゃなかった
 だけど今は実際 心に何かが浮かんできている
 だからこんなぎこちない細切れの言葉をどうか許しておくれ
       (M-9 DON'T WRITE ME OFF)

♪愛に戻る道を見つけたいだけ
 愛に戻っていく道がなかったら とても最後までやっていけない
 もう一度私がこの心を開いたとしたら
 きっと最後はあなたにそこにいてほしいって思ってるんだわ
       (M-10 WAY BACK INTO LOVE)



岡本定義inBYG

COIL
04 /24 2007
今日オフィシャルにアップされた情報です。あのBYGで、サダさんソロライブです。BYGですよ、BYG。風味堂の定例ライブがある、BIGINの、あのBYG。渋谷の。

岡本定義ソロライブ
■5月25日(金) 渋谷BYG
OPEN/START 18:30/19:30
ミュージックチャージ ¥3,000 +1ドリンクオーダー


行きたいなあ。この前の週が風味堂なんだけれど。7時半オープンなら定時退勤じゃなくても何とか間に合うかなあ?でも、その前の週に(風味堂じゃないけれど)定時退勤で渋谷に行くしなあ。翌26日も確実に仕事だし。ああ、悩む。

風味堂ファンの方々のブログに登場するBYGは、とてもステキでちょっと敷居が高い。行ってしまえばそんなことはないんだろうけれど、入るにはちょっとドキドキする。「風味堂のファンです!」って言うのはもっとドキドキする。サダさんのライブなら…普通の顔していけるかなあ?

でもやっぱり、2週連続定時(付近)退勤の金曜日は辛いかなあ。
でもぉ。生歌聴きたい。渋谷で音楽に浸りたい。ああ、悩むなあ。


昨日アップになったAugusta情報。スキマのアリーナツアー。東京は武道館じゃなくて、代々木第一体育なんだそうです。J波ライブやるところ、だよね?キャパはこっちのが大きいんだろうけれど、ステータスはね武道館だよね。武道館はもうちょっとあとまでお預け、なのかな。まあどっちの日でも平日。どうしようかぁ?

スキマスイッチ、2007年秋アリーナツアー決定!
スキマスイッチ ARENA TOUR'07(仮)
チケット料金:全席指定¥6,300
日程 会場 開場/開演 一般発売 お問い合わせ
10/20(土) 福岡マリンメッセ 16:00/17:00 未定 キョードー西日本
092-714-0159
10/21(日) 福岡マリンメッセ 15:00/16:00 未定 キョードー西日本
092-714-0159
11/3(土) 北海道立総合体育センターきたえーる 17:30/18:30 未定 WESS
011-614-9999
11/9(金) 日本ガイシホール
※旧名古屋レインボーホール 17:30/18:30 未定 ジェイルハウス
052-936-6041
11/13(火) 国立代々木競技場第一体育館 17:30/18:30 未定 SOGO
03-3405-9999
11/14(水) 国立代々木競技場第一体育館 17:30/18:30 未定 SOGO
03-3405-9999
11/26(月) 大阪城ホール 17:30/18:30 未定 グリーンズ
06-6882-1224
11/27(火) 大阪城ホール 17:30/18:30 未定 グリーンズ
06-6882-1224


フリップサイドじゃないんだよね。ちとせと同じ(だったよね?)SOGO。スキマFCにはいっている友達に頼むのが確実、かな?


ラブソングができるまで♪

映画
04 /23 2007
先日のホリデイに続いて、難しいこと考えずに楽しめる恋愛映画を観て来ました。土日働いたご褒美の月曜休み。川崎のチネチッタまで出かけてしまいました。
新しい営業所で、結構ぶっ続けの長時間勤務でかなり疲れがたまっていたところだったので、なんも考えずに楽しい気分に入れる作品をということで「ラブソングができるまで」を選んで観に行ったのです。

楽しかったぁ!
べたべたの80年代ポップス。チープでキッチュなPV。ヒュー・グラントの(コンピュータが全部直してくれたbyヒュー本人@スマスマ)甘やかな歌声。いかにも21世紀のわけわからんアイドル=コーラのエロダンスと東洋趣味。(顔も東洋系だよね。アメリカ人にとってはエキゾチック?)ソフィー@ドリューバリモアのお姉さん夫婦や、アレックス@ヒューのマネージャーの「よい人」っぷり。みんなステキで、みんな優しくて、みんないい人の幸福感溢れる映画。コーラの新曲を最初にアレックスと組んで書くことになった作詞家さえも「いい人」なんだもん。

Yahooのレビューとかを見るとホリデイとは目指すところが違う。泣いたりはしないさらっと楽しめる作品、って言うことになっているのだけれど、泣きました。いや、涙が流れました、だな。
最後のライブシーンの始まりから、お約束のエンディングまでタオルハンカチを目に当ててました。大好きなアーティストが登場する前のあの興奮と喜び。久しく(数ヶ月は「久しく」とは言わないか)味わっていないその気持ちを画面の中から感じることができて、その後はずっとライブの高揚感そのままにうるうるし続けていました。

マディソンスクエアガーデンで行われるコーラのライブのステキなこと!大仏は日本テイスト。大仏の胎内から現れるコーラは日本の高校生のような顔をしていて、お涙頂戴のお話がちゃんとわかるロマンティスト。その後ソフィーを振った大学の先生は「最低の映画」の原作者として名を馳せ。ソフィーとアレックスはめでたしめでたし。なんて幸せなんでしょう。なんてステキな曲たちなんでしょう。

映画を観た後、同じ建物の中にあるタワーレコードにサントラ探しに行ったけどなかったので、アマゾンで予約しました。明後日発売なのね。パンフレットは買ってこなかったけれどサントラと公式サイトとあちこちのブログやレビューでしばらく余韻に浸ろうと思います。

80年代に青春時代をすごした皆様。必見ですよ!!!オープニングから大笑いできます。「最近の若いもん」にはわからない味わいが、堪能できます。GWには是非、是非!
ラブソングができるまで ラブソングができるまで
サントラ、ヒュー・グラント 他 (2007/04/25)
ワーナーミュージック・ジャパン

ある意味ハッピーエンドの月キャベ?

ブッチャーさん、亡くなった?

音楽
04 /22 2007
ブログめぐりしてたら、浅野さんが亡くなったってあって。
そんで、沼澤さんのサイト行ったらこういう告知がありました。

07年5月、6月 THE BLUES POWER ライブ中止のお知らせ。
ギタリスト浅野祥之氏が4/20にお亡くなりになられました。以下のブルーズパワーのライブ&イベントは中止となりました。心よりご冥福をお祈りいたします。
  ■5/5JIROKICHI ■5/20渋谷タワーレコード・インストアライブ ■5/21仙台enn
  ■6/4神戸ウィンターランド ■6/5京都 磔磔 ■6/6福井LR ■6/7松坂M'AXA


えと。
ちゃんとブッチャーさんの演奏を聞いたことがあるわけでも、CDを持っているというわけでもないのですが山崎&Augustaアーティスト繋がりでお名前は存じ上げておりました。その方の死去の報に、なんとも言いようのない感慨に陥っています。

葬儀は明日正午から。
その後のプルコギの試写会。永井さん、出演する以上プロだからちゃんとやってのけるだろうけれど。見ている方が辛いかも、しれないね。


ご冥福をお祈りします。合掌。



ギタリストの浅野祥之氏死去
 ギタリストの浅野祥之氏(あさの・よしゆき)が20日午後8時49分、肺炎のため横浜市青葉区の病院で死去、48歳。北海道出身。葬儀・告別式は23日正午から川崎市のさくら会堂で。喪主は妻佳三恵(かみえ)さん。
 ミュージシャンの角松敏生さんらのレコーディングに参加。自身もライブ活動などをしていた。(デイリースポーツ)


うぉ!まさよし。

山崎まさよし
04 /22 2007
JCD。予期せぬところでまさよしに逢うとドキドキしちゃう私は、やっぱりりっぱなまさオタ。プレイバック2003って感じでシングルベスト10を見返してたんですが「全部、君だった。」が5位でした。1位は「世界に一つだけの花」。

どアップで、目を閉じたまさよしくんは結構好き嫌い分かれる感じ。私はもちろん好き…と言いたいところですが、あのPVはあんまり得意じゃないんだなあ。その後の「未完成」はかなり好きなんだけれど。

テレビ東京の深夜番組とはいえ、あの一瞬でまさよしに出会う人もいるかもしれないと思うと、それなりに嬉しい、かな?
そんな人が一人でも多くいますように(^^)


中くんのミュージックフェアは、案の定見られなかった。だって、帰ってきたのが6時半過ぎだもん。あああ。オリコン20位以内に入っているというのに、全然聴けないよ。

マーティンクラブジャパン?

山崎まさよし
04 /21 2007
昨日発表になったニュースは、下↓の記事だけではなくて。まさオタとしては、こちらの方がニュース!なのですが。

主催:MARTIN CLUB JAPAN / SHIBUYA-AX
東京 TOKYO
日時:4月30日(月・祝)
●GUITAR SHOW【入場無料】
Open:11:30 Close:16:00
【SHIBUYA-AX ロビーにて開催】
●CONERT【有料】全席指定
後援 TOKYO FM
Open:17:30 Start:18:30
会場:SHIBUYA-AX 
出演:
斎藤誠、Ban Ban Bazar 
おおはた雄一、Leyona
スペシャルゲスト 山崎まさよし 出演決定!


マーティンクラブ。マーティンギターの無料展示会と、コンサート。展示会では試奏もOKという会社上げての一般プレゼンです。そこにくっついているコンサート。AXで「全席指定」ですから、椅子が入るってことですよね。昨日の発表の後、残っていた200席は既にソールドアウトです。

で、なんでマーティン?まあ、マーティンも持ってはいるけれど、山崎まさよしといえば「ギブソン」でしょ。レコーディングはともかく、ライブではほとんどギブソンだよ。中音域がよく鳴って、まさよしくんの声とあう…って話だったよね?マーティンは2~3本くらいしか持っていなかったような。

それなのに、マーティンの会員用のコンサート?マーティン愛用のギター小僧、ギターおじさんがメインの顧客だよね?追加でチケット買ったまさオタの方々が、コンサートの雰囲気を変えてしまわないように祈るばかりです。

コンサートのメインは斎藤誠さんという方です。存じ上げません…スイマセン。


プルコギの試写会も外れたし、さ、お仕事お仕事。


Augusta Camp 2007 デモテープオーディション開催決定

Augusta
04 /20 2007

この夏オフィスオーガスタでは、次世代を担うアーティストを発掘するべく、新たにデモテープオーディションを開催します。
従来も様々な形でデモテープの募集を行ってきましたが、今回の募集は一味違う!なんと、
オーディションに勝ち抜いた1組には、
今年の夏のビックイベント「Augusta Camp 2007」に オープニングアクトとして出演
して頂きます!!
オフィスオーガスタのアーティストと同じステージに立ち、今年の夏を盛り上げてみませんか?
「我こそは!!」と思ったそこのあなた!
迷っている暇はありません!今すぐ応募してください!
(オフィスオーガスタ公式サイトより)


ほほーってなもんですね。新人発掘。いないのかね?自薦でオーガスタに来る人もライブハウス廻りのスタッフが見つけてくる人も。99年のCOIL。2001年のちとせ、野孤禅、2002年のスキマスイッチ、サンプリングサン。2003年、2004年はなしで2005年が長澤くん。2006年、去年が秦くん加わって。今年はもうネタ切れかな?そんで公募、と。

一応Augustaっていつでもデモテープ受付中のはずだけれど、今回のように大々的に募集するっていうのは初めてだよね?必要以上に大手になってしまって、なかなか新鮮なお人が来なくなっちゃってるのかな?みんなリトル山崎だったり、スモールシカオだったり、なんちゃってスキマだったり?

私の周りにもご他聞にもれずギター少年、ギター青年、ギターおぢ…いるけれど、どうなんでしょうね?応募するのかな?したくなるのかな?いけそうだと、思うのかな?
でも、審査についてでこんなことも書いてるんだよね。

審査方法:審査員はオフィスオーガスタの全スタッフです。様々な趣味趣向を持ったスタッフが全員で厳正な審査を行います。
最終選考ではオフィスオーガスタ所属アーティストも、共演したいアーティストに一票を投じます。
審査結果:審査を通過された方にのみ、6月末日までに直接ご連絡いたします。
尚、審査の結果「該当者無し」となる場合もございます


これって結構きついよね。でも、今年のACに参加できなくても、何か社長の耳に、心に響くものがあればこれから育てていってくれる、のかな?年齢制限もあるけれど、30前の音楽小僧には魅力的なもの、なんでしょうね。一観客としてはどんなやつが出てくるのかが、楽しみです。長澤くんはちょいと…辛かったけど、それぞれの新人はそれなりに機器応えのあるアーティストに育っておるもんね。


そこのあなた!どうですか?

この料理は…旨そう…か?

食べるもの・飲むもの
04 /18 2007
えと、これは食べられないわきっと。
だって、ひかってるし。(鯖が)
赤いのはなに?鮭?トマト?

だんなさんはこれを食べてくれたわけ?
他人んちながら心配してしまう。これは…私はダメだわ。




オフィスオーガスタ公式サイト内元ちとせのダイアリーをごらんください。これ、あなたは「美味しそう!」ですか?

エースケ!

JEF
04 /18 2007
北京五輪2次予選を東京12Chで見てます。
先ほどわれらがジェフ市原・千葉の水野くんがミドルシュート打って1点先制しました。まったりとネットしながら観てたんですが、とある言葉に反応!

「ピッチサイドの中西さん!」え?中西?え?
その呼びかけにこたえたのは確かにエースケの声!
今シーズン前に横浜から戦力外を通知されて、あれこれあった後に結局「引退」を選んだ中西永輔。元Mr.ジェフ。どこでどうしているのかと思ったら、こんなところで解説業をしていたとは。ちゃんとした解説としては前園が出ているんだけれど【ピッチ解説】中西永輔(元日本代表)ってことでベンチの様子とか、ピッチでの選手の様子とかレポートしてくれてます。微妙な関西訛りが懐かしい。

四中工三羽烏のうちの小倉はすっかりテレビ慣れした明るく楽しいサッカーキャスターとなっていますが、エースケはオグほど社交的じゃないしなあ。なんて余計な心配していたんですが、そんなことはなかったようで。結構ちゃんとしゃべれてるんです。オグのTBSに対してテレビ東京という差はありますが、サッカーに関わったところで稼いでいけているのなら安心です。

でもさ。最後って言うか、そのうちさ。帰ってこない?ジェフに。
黄色いシャツ着て、指導者にならない?マリノスの青いシャツより、ジェフの黄色いシャツがあなたのラッキーカラーのような気がする。エースケの黄色いユニでの最後のカレンダーを見るたびそう思うよ。(その年にはエースケは黄色いシャツを着なかったんですけどね。)

さて、前半終了して2-0。本田が追加点。このまま勝てるかな?
続きはまた、まったりと楽しみましょう。シリアの空は真っ青で気持ち良さそうです。



それにしても水野。ジェフだとバーを叩くあのシュートが代表だとなぜ入る?帰ってきたら頼みますよ。水本もね。

久々の中孝介。

音楽
04 /17 2007
2007/04/21(土) 18:00 CX 「MUSIC FAIR21」
中孝介の公式サイトからコピッてきました。ミュージックフェア出るんですね。新曲「花」が、森山直太朗の作曲ということでかなり話題になっているらしいですね。

Augusta以外の音楽情報は「やまかず音楽日記」さんでもらっているんですが、そこで今回の新曲についての情報をもらいました。PVのフル試聴できるサイトの紹介もありまして、初めてこの今日をフルに聞くことができました。中くんの歌をじっくり聞くのも久しぶりです。

インディーズデビュー版の「マテリヤ」を買って、結構聞き込んだ後「みんなおんなじ感じ」が、なんだかなあって思っていたのだけれど今回はいい感じです。森山直太朗という新しい血を入れたことが功を奏したと思うんだけれどね。バックの音の薄さはまだまだ改善する余地は一杯あると思うのだけれど、声だけに頼るのではなく「音楽」として、歌として聞かせる楽曲になっているかな?なんてことを生意気にも思ってしまいました。

ミュージックフェアを観て、その歌の響き具合を確認して、CD買うかどうか決めようと思います。
でもなあ、すぐ忘れちゃうんだよなぁ。あの時間帯は魔物だ。
今年こそ、本格ブレイクなるか?

ジュード・ロウってこんなにいい男だったっけ?

映画
04 /15 2007
最初の登場のシーンから「かっこいいじゃん」ってときめいてしまいました。なんともノーブルではにかみ屋で、せくしぃ。娘二人がかわいくってかわいくって仕方ない風情なのも、好感度アップ。いい男だわぁ。かっこいいわぁ。素敵、すてき、ステキ。

ってホリデイを昨日観て来たんですよ。公開から結構立っているんで劇場内はガラガラ。土曜の昼の上映だというのにちょっと寂しい。カップルよりも女二人連れや、女一人(私もですが^^;)が多かったかな?

お話自体はもう、出来すぎのハッピーエンド。ラストシーンで空から石降らせたくなっちゃうほど。(←これは、新井素子のいつか猫になる日までの中のセリフです。ハッピーエンドはいつか「当たり前」になってしまう。だから、真のハッピーエンドはその絶頂で空から石が降ってきてみんな死んでしまうことなのだ、となんとも救いのない理屈を主人公「もくず」がのたまうんですよ。)2時間15分にわたる長いお話で、4人の男女のステキな恋のお話が「都合よすぎ?」と思わせる余裕もなく(いや、思うスキマはあるんだけれどね、そんなこと考えたって仕方ないじゃん!って言ってのける勢いがあるのよ)進んでいきます。ジュード・ロウはステキだし、キャメロン・ディアスはうっとうしくもかわいいし。ケイト・ウィンスレットは儚げでありつつつおい人だし、ジャック・ブラックは、なんだか凄くいい男に見えちゃうし、あの顔なのに。

細かい部分は他の方のブログを読んでいただくとして、これDVDが出たら買おうと思いました。そんで、なんかちょっと疲れちゃった日曜の午後とかに幸せなあたたかい涙を流すためにこれを見ようと思いました。老脚本家のアーサー@イーライ・ウォラックの言葉に勇気をもらい、二人の女達の男気に拍手を送り、愛しき男達に口づけをするために。劇場で1,800円出してみるのは1度でいいけれど、なんだかどこかでもう一度、もう一度見直したくなる幸福感のある映画でした。

それにDVDの方があれこれ遊んでいるところがちゃんと観られるしね。カメオ出演とか言うやり方で、かな~りの有名人が画面の中に映っているんで、そういうののチェックにもDVDの方が向いているしね。
そんな風に見返したくなる映画でした。ステキなお天気のステキな休日にステキな「ホリデイ」味わうことができました。

holi-1

holi-2

たけしの誰でもピカソ

山崎まさよし
04 /13 2007
久しぶりの山崎くんのご尊顔。(-_-;)太ったね…

たけしの「サヨナラ」に曲つけて歌っている頃は頬がそげていたのに、コメントのあのお顔は、何っ??!!ふくよか、ちゃあ聞こえがいいが、顔がああなら腹や背中はどうなっているんだ。と、恐れおののいてしまう状態。製作期間、ということでテレビも売り払って曲作りに没頭……運動不足、酒飲み過ぎ、ストレス食い、、、、ACまでには元に戻ってね。夏らしい衣装が似合う体になって頂戴よ。頼むから。

誰でもピカソ公式HP内特集ラインナップ


ドミノ ドミノ
山崎まさよし (1998/12/23)
ポリドール

一番ビジュアルのよい頃…かも?

仕事してるなあ、シカオちゃん。

スガシカオ
04 /13 2007

New Maxi Single & Live DVD
2007.6.13 同時発売!!
日本のキング・オブ・ファンク、スガ シカオ。
デビュー満10周年を迎えた今年もその快進撃は止まらない !!
大ヒット中のベスト・アルバムに続き、2007年第一弾となるニュー・シングル&
日本武道館にて行われたスペシャル・ライヴのDVDを同時発売!!


だそうで。
シングルはDVDつきの豪華3曲セット。

【初回特典(生産限定盤のみ)】
「フォノスコープ」+「春夏秋冬」(日本テレビ系「NEWS ZERO」テーマソング)
2曲のVideo Clipを収録した特典DVD付(予定)
(収録曲)
M1.フォノスコープ
~カネボウ化粧品タイアップソング~
M2.坂の途中<’07 SPRING VERSION>
~FM802 ACCESSキャンペーンソング~
M3.Hop Step Dive
~『マイナビ転職』TVCMソング~
all songs written & produced by SUGA SHIKAO


新曲フォノスコープはカネボウのタイアップ。坂の途中の802バージョンと、マイナビ転職のHopStepDive。すべてタイアップですよ。凄いですよ。金入りますよ。(下世話ですか?)

DVDの方は武道館ライブ。初回特典にはHitoriSugarの模様が収められたDVDがつくんだそうです。

Live DVD 「Shikao & The Family Sugar~FAN-KEY PARADE’07~ in 日本武道館」(仮)
●初回生産限定盤:AUBK-11007/08 ¥6,825(tax incl.)/¥6,500(no tax)
●通常盤:AUBK-11006 ¥5,250(tax incl.)/¥5,000(no tax)
(※通常盤のライヴ映像と初回盤DISC-1のライヴ本編は同内容となります)
【初回特典(初回生産限定盤のみ)】
①貴重な映像を収録した特典ディスク付(2枚組)
②オフショット&ライヴショット満載のスペシャル・ブックレット封入
③ハードカバー仕様
<DISC-1:ライヴ本編>
「愛について」「ヒットチャートをかけぬけろ」「黄金の月」「FAN-KEY MEDLEY(メドレー)」
「夜空ノムコウ」「19才」「春夏秋冬」「午後のパレード」「奇跡」and more…
■収録時間: 未定/片面2層/画面サイズ16:9/メニュー画面付/レンタル禁止
/リージョン:ALL/COLOR/STEREO
<DISC-2:特典映像>
「Hitori Sugar TOUR’06」DOCUMENTARY&LIVE DIGEST(仮)
*2006年にスガ シカオがたった一人で行った、弾き語りツアー「Hitori Sugar TOUR’06」各地の模様を追ったドキュメント&ライヴ・ダイジェストを収録(予定)


まあそれなりの値段だけれど、買うしかないよねえ。6月13日。ボーナス前だけれど、予約して買いましょう。

それにしてもよく働くよねえ。うらやましいぞ、スガマニア。
タケシの後ろで、うっすら微笑んでいるどこかの方とは大違いだ。(でも、まさよしくんももうすぐリリースの情報が………出るといいなあ)
CLOVER CLOVER
スガシカオ (1997/09/03)
キティMME

デビューアルバムなんかいかがですか?

2週目ももう少しで終わります。

日記
04 /12 2007
さすがに新年度。新しい職場で、結構疲れているらしい。10時前に眠くなる。そんな日々が昨日まで。今日はちょっとまともで今(10時15分)もまだ元気。プライムタイムを1本。日本酒1杯。ワイン1杯。まだまだ十分元気。そんで「孤独の賭け」見てます。

伊藤英明、長谷川京子。堺雅人さんもでてます。伊藤英明が“凄腕経営者”って言うのがなんとも、不釣合いな気もするんですが頑張ってますね。ハセキョーも力入ってますよ。ほほー井川遥も出てるんだ。なかなかですねえ。ちゃんと最後までこのテンションで頑張ってくれるんでしょうか?…でもやっぱり、破顔一笑の伊藤くんが好きだなあ。

酒井君は今回は32才の役。実年齢より年下の役なんだけれど32歳には見えないなあ…そんでえと。なんだかわけわかんない展開になってきたぞ。堺さんへの愛だけでな見続けることができるかどうか、疑わしいところですがとりあえず今週は最後まで看取ることとしましょう。

さて、後半はどうなるんでしょうか?

末広がりぃ(^_^)v

JEF
04 /08 2007
今朝書き上げた↓COILライブの記事がエントリーナンバー888。末広がりでめでたいじゃないか、なんてことを思いながらあれこれお遣いに行った最後に入ったスーパーでの買い物の支払いが3,888円。あら、凄い。888が二回。なんかいいことあるかなあなんて考えながら帰宅。

そんで、ぎりぎりまで「後半だけでも行こうか」と思っていた、ジェフvs横浜FCをネットで追いかけ始めたら…ご利益ありました!前半27分に水野のゴール!ananで「イケメンスポーツ選手」として紹介された水野の先制点からもう、怒涛の攻撃。終わってみれば4-0の快勝!!!(^_^)v リーグ初勝利!!!当初オウンゴールとされていた後半20分の得点も巻の得点と修正されて、巻も今シーズン初ゴール!

いままで、いいゲームはしてるけど勝てないって言う状況が続いていたのですが、一気にいってくれました。まだ勝ち点4の二ケタ順位ですが、「ジェフは腐ってなんかいません」by勇人。ボールも人も動くサッカー。どこよりも面白くてエキサイティングなサッカー。さあ、これからですよ!!!11日にはフクアリにガンバを迎えてのナビスコ予選。これもがっつり行っちゃいましょう!!

J'GOALでも黄色いシャツ着た選手達が素敵な笑顔で写ってます(^^)/

「ヨースケ、最高。」byジャイアン

COIL
04 /08 2007
COILライブ 下北沢CLUB Queにて。

ライブ後半。久々の魔術師コバヤシのアウトロのギターソロ。昨日はヨーさんしょっぱなからすんげーテンションでギター弾きまくり、歌いまくり!だったんだけれど、この魔術師のアウトロは本当に凄かった。横にいるサダさんがなんともいえない表情でヨーさんを見つめて、タイミングとか合わせているんだけれどそんなことも目に入らないくらいに弾きまくり。テクニックも情熱も汗も跳びまくり、行きまくってました。
「普段はこんなんじゃないんですけどね。部屋にいるときはもっとおとなしいんですよ。」とはサダさんのセリフ。そんで「ヨースケのマイクもう少しボリューム落としてくれますか?」なんて、マイク通してPAさんに頼んだりして^^; ヨーさんは「サダのマイクのボリューム少し上げて。少しだけね」なんて返したりして。やんちゃなヨーさんとお兄ちゃんのサダさんがステージの上でなんともしっかりとかみ合って、お互いを信じてのびのびと演奏していたのが印象的でした。ORANGE&BLUEのころの印象。元気!ロック!でも、8年分の成長はしっかり演奏にも歌にもステージングにも表れていて…。

そして歌の部分より長いんじゃない?ってくらいの魔術師のアウトロがヨーさんの汗の滴とともに終了した時に、私のすぐ後ろにいらしたジャイアン社長がつぶやいたんです。
「ヨースケ、最高。」
噛み締めるように、つぶやくように、何かを祝福するかのように。



COILのお二人の姿を見るのは11月にあった杏子の「Hybrid Black」in Shibuya O-WEST 以来なんですが、あの時はあくまでもバック。(でもそのときの記事のタイトルは「サダさん、あなたせくしぃだわ」。誰を観に行っているんだか。)昨日は本当に久々に二人の音楽を楽しむことができました。ヨーさんも歌いまくりだったしね。

前回のCOILのライブ…いつだったかなあ?ずいぶん昔のような気があるんだけれどその時はほとんどサダさんが歌っていて、ヨーさんは楽器演奏に徹していたような?その時のアルバムCINEMAがサダさんボーカルメインだったせいもあるけど、ヨーさんのテンションが歌に向かっていない時期だった感じもあったな。それが今回は半分はヨーさんの歌だったし、ベースの取替えっこもしたし、昔のCOIL=原点回帰って感じだった。私が好きになった頃のあのまんまの感じ。
やった曲もスンゴク懐かしいものが多くて、なんだか本当に「10周年っていつだ?」「記念ライブってやるのかな?」なんてことまで思ってしまうほど。(ちなみに99年デビュー。その年のYMACのオープニングアクトで初めて二人の歌を聴きました。)えと、BIRDSでしょ、天才ヴァガボンドでしょ、クルクルフェチでしょ、上にも書いた魔術師コバヤシでしょ、幼年時代も。曲名が出てこない他の歌もたくさん歌ってくれたのだ。

初めて聴いた曲は「見守ってるよ」。タイトルはこれじゃないかもしれないけれど。東京ガスだっけ?あのCMソング。
♪見守っているよ~ 見守っているよ~ 
ってサダさんに、やさしく歌われるとなんとも幸せな気分になれました。最後の曲はアホアホベイビー。ちょうど1時間くらいのライブでしたが、COILって1曲1曲が短いからたくさんたくさん聴けました。おしゃべりも短いんだけれど、サダさんの儚げな声と内容とヨーさんの元気な声とにすんごく元気付けられました。ちっちゃなライブハウス、ぎっしりのお客さん。演奏するCOILとそれに浸るお客さんとの距離が本当に近くて、やっぱライブハウスっていいなあって、やっぱCOIL好きだなあって、エネルギーもらえた素敵な時間でした。
ありがとさん、COIL。またやってね。また行くから。


対バンのアベジュリー。面白かった。音楽そのものも悪くはないけれど、パフォーマンスとしゃべりの意味不明さがもう大笑い。あれだけ笑えるミュージシャンはじめて見た。サダさんが絶賛してたのもわかる感じ。また、対バンしてください。単独で観に行くのはちょっと辛いけど、対バンなら是非是非観たいです。ジョイントとかも、どう?


入場の時穂苅さんと一緒でした。「スタッフ」って入っているカードをもらって受付を通過するのを後ろで見てました。髪の毛短くなっていて、秦くんのときよりすっきり!でしたね。

入場後、奥へ奥へと進んでいったら森川社長が壁際にたたずんでおりました。他にもAugustaスタッフ結構たくさんいて、お知り合いらしい業界関係者もたくさんいらしていたみたいです。

おおそうだ、もう一つ。
ヨーさん、まさよしくんのサムピックペンダントやってました。黒のサンドウィッチTシャツの上で、ゆらゆらしてました。買った―わけはないからもらったか借りたかなんでしょうけれど。
0・10(ZERO TEN) 0・10(ZERO TEN)
COIL (2002/07/24)
インペリアルレコード

一時期はまりまくった名盤
ORANGE&BLUE ORANGE&BLUE
COIL (2000/05/10)
テイチクエンタテインメント

初期傑作集 何度聴いても飽きない

僕はここにいる

日記
04 /05 2007
今、PCから僕ここが流れています。(まあ、自分で選んでBLUE PERIODかけてるんだけどさ。)やっぱり、まさよしがいいんだよなあ。何でだかわかんないんだけれど。

ネタがないどころか、全く姿が見えない彼の人を想ってなんとなくぽわっとしてしまう自分が哀しかったり、愛おしかったり…

Passgeだよ。これ、弱い。


ちょうど今のスキマスイッチの二人のように、あっちこっち引っ張りだこで、まるでアイドルのようにライブで黄色い歓声が上がって、恋人の噂とか目撃情報とかがネットをにぎわして…。そんな頃の歌。わたしも全く擬似恋愛やってたもんなぁ。99年から00年、そして01年のTTTあたり。懐かしいなあ。

明日の風。
この声好き。
この曲聴いた時「結婚するのかこの男は?!」って思ったのを覚えている。札幌のオーキャンで聴いたのが最高に素敵だったなあ。


シングルばっかりのBLUE PERIODに物足りなさを感じた時もあったけど、バラードの人じゃないんだよ!って、世間様にアピールしたい時もあったけど。やっぱり名曲ぞろいです。シングルとして世に問えるだけの作品だものね。たとえ1位は取っていなくても。世間様の認知がどれほど低かろうといい曲はいい曲だ。
ADDRESSも、シングル半分だけれどいいアルバムだもんね。


今日は寝るまでずっとまさよしで過ごしましょう。

BLUE PERIOD収録曲
[DISC 1] UPCH-1431「Singles」
・月明かりに照らされて
・中華料理
・セロリ
・One more time, One more chance
・アドレナリン
・振り向かない
・ガムシャラ バタフライ
・水のない水槽
・僕はここにいる
[DISC 2] UPCH-1432「Singles」
・Passage
・やわらかい月
・明日の風
・Plastic Soul
・心拍数
・全部、君だった。
・未完成
・僕と不良と校庭で
・8月のクリスマス

名曲ぞろいだわ(^^)v

キモチスイッチプロジェクトぉ?

テレビ
04 /05 2007
スポーツ新聞あれこれチェックしてたら、こんな↓文が。

会見にはスキマスイッチやお笑いコンビのトータルテンボスらも応援団として参加した。


上戸彩のオロナミンCのPRキャンペーンにスキマのお二人が一緒に登場した、というんですよ。「なんだって?」と思って他にもあれこれ見てみたらサンスポにもうちょっと詳しく載っていました。

上戸彩、応援します!大塚製薬「キモチスイッチプロジェクト」

キモチスイッチ、ってくらいだからスキマスイッチの二人もそれなりに重要キャラクターなんだろうけれど。で、公式のインフォメーションを探してみたけれど、ない。どこにもない。FCの方には出てるのかもしれないけれど。
で、公式見て確認しちゃったんだけれど。スキマまだツアー中だよね?3日が旭川。5日が帯広。その間縫って東京へとんぼ返り。……忙しいねえ。売れっ子だねえ、アイドル並じゃん。(皮肉ですよ、皮肉)曲まで作らされちゃって。

応援ソングはスキマスイッチの「回想目盛」(発売日未定)で、23日から同企画公式サイトで先行ストリーミング配信予定。


「回想目盛」スキマお得意のダブルミーミング。それっぽい曲なんだろうけれど。大丈夫かぁ?擦り切れるなよ。

このツアーが打ちあがったら、オーキャンやらなんやら夏フェス出ずっぱりなのかな?その後秋のアリーナツアー。休みなしで突っ走る時期ってのはあってもいいのだろうけれど、せめて秋のアリーナが終わったらゆっくりしていただきたいものです。

初めからこうだったらよかったのにね。

演劇
04 /02 2007
↑は、アッキーのカテコでのセリフ。言った後ママにどつかれてましたが。

TOMMY千秋楽、確かに初めとは全く違うテンションで終了しました。
何が違うって客席。スタンディング、手拍子(これは微妙でしたが)、歓声まで上がって「のりのり」ってやつです。1幕最後の曲。2幕のあれこれ、そしてカーテンコール。リピーターが多いんだろうなと思わせる立ち上がりのタイミング。その客席を煽る役者&ミュージシャン。無理やり、ではない盛り上がりぶり。



でも。のれなかったんだ、私。
二日酔いのせいもあるけれど、とうとう最後まで立ち上がれませんでした。なんていうか……中途半端?立ち上がって手拍子して、中には跳ねてる人もいて、でも、なんかちょっと違う。客席を走り抜ける役者さん、でも、もみくちゃにはならない。ちゃんとみんな自分の席からははみ出さない。ゼップでやったら違ったのかな?いや、ゼップじゃ大きすぎるからAXとか、横浜ブリッツとか、とにかくオールスタンディングだったらもっと違ったのかな?

それでも「音楽ライブ」としては、予定調和が多すぎて物足りないだろう。振り付けがあり、原作からの制約があり、決まった尺があり…ミュージシャン同士のバトルや、延々と続くリフや、あちこちにちりばめられるアドリブや、「そう来るか!」っていうアレンジや……求むべくもない。「お芝居」なのだから当然。そんな音楽としてのあれこれが許されるのはTHE WHOの方々のみ。

じゃあ、お芝居としてはどうだったか。昨日は初日よりずっと音響がよかったせいではっきりと歌詞が聞き取れました。なので、英語の歌詞を日本語にすることの難しさをひしひしと感じ、それを歌ってお芝居にしていかなければならない役者さんたちの苦労が思われました。
It's a boy を「男の子ですよ」って。かなり辛くないですか?で、2幕のアッキーの曲は、なんだかとにかくじっくり歌詞を聴きたくなってしまったせいで、こなれていない言葉と乗り切れないリズムに違和感を感じたりして。そしてそうやってこなれていない言葉で歌われる、語られるお話自体に、そこまで共感、感動はできなかったのです。

辛口ですか?スイマセン。そんで。



中途半端のとどめはね…歌なんだよね。
ローリーと右近さんはロック。まさしくロック。上手いか下手かはおいといてロックだった。山崎ちかさんも。音量のでかさとかシャウトするとかじゃなくて、グルーブ、ビート、体の中にあるリズム。バンドの皆さんもそうだった。インストのところではとってもグルービーなのに歌が入るととたんにおとなしくなる。1幕初めの曲のアコギなんて、アコギなのにちゃんとロックな感じで、初日と比べて音が立っていてすごくよかったのに、長い長いインスト部分が終わって歌が入るとなんだかべたついてしまって。歌をちゃんと聞かせるためには仕方ないのかもしれないけれど、もったいないって思った。

初日観た後の自分の記事で「これは物語性を持たせた音楽ライブだと思った方がいいんじゃないかと思います。元の作品を全く知らないですし、あの頃のロックを全くといっていいほど通っていない私には偉そうなことは言えませんが、演劇というよりは音楽です。」と言っておいてなんですが、音楽にはなりきれなかった音楽だったかなと。


2幕最後の曲とアンコールでローリーがぶんぶんギター回しても、やっぱりバックのミュージシャンの方々の方が上手なわけで、もっとその人たちが前面に出てくれば違ったのかなあ、なんて思ったりもして。See Me,Feel Meあたりのスローな曲はともかく、ロックとかパンクとかそんな曲の時はもっともっとドラムやベースのリズム帯にのって行く感じでよかったんじゃないかなあ、なんてロックのことよくわかってない自分が言うのもおこがましいんですがね。



客席最後方には古田新太さんが来ていらしていて、最後には立ち上がって拍手、手拍子してました。初日に比べればずっとよくなっていたのは確かですから、今月下旬からの大阪公演を通してもっとよくなっていくでしょう。目指すものは「音楽ライブ」である、らしいことはわかってきたから。喉を痛めずに、最後まで。
もっともっと壊れていいんだと思うんだなあ。TOMMYはもっといっちゃっていいんだと、思うよ。ロックはもっと「狂気」なんじゃないのかなあ?まだまだ、正気保ちすぎだよ、アッキー。
tommy-e

その数、ざっと3万7千!

山崎まさよし
04 /01 2007
いやいや、SHIROHじゃなくて、AugustaCampですよ。AugustaCamp。
毎夏恒例のOfficeAugustaの社員慰安旅行。今年のメインは10周年のシカオちゃん、ということで雨対策にドーム球場。でも、Campという以上は野外じゃないと、ということで折衷案でグッドウィルドームなんでしょうね。

実際には屋根つき球場であるが、他のドーム球場と違い屋根とスタンドの間に外観が見えるようになっており(吹き抜け形式)、自然の空気も取り込めることから、空調設備はない。(ウィキュペディアより)

ということです。で空調設備がないということで

内陸の狭山丘陵に位置し、空調設備がないため、春先や秋口のナイトゲームとなると寒さを感じることも多い。そのため球場では定番のビールの売り上げは少なく、甘酒、おしるこ、ホットコーヒーが良く売れるのも特徴である。ただし夏(7月~8月)は球場内が蒸し風呂状態になるためビールがよく売れる。寒いのは野外時代からであったが、ドーム化で一層寒くなったため、ナイターや雨の日などは防寒対策が必要になる。(同)


7月29日。午後1時半開演、終演予定8時半。あっつい盛りから、夜まで延々7時間。出演者は杏子、まさよし、シカオ、COIL、ちとせ、スキマ、長澤くん、秦くん。体力の配分考えないと、持たないな。帰りだって遠距離なんだし、ぶっ倒れないようにしなくちゃね。

でもまあ、個人的には例年より1週遅い開催で、嬉しい。海の日近辺だと今年も参加できないおそれがあったんだもの。フジロックとかぶるらしいんだけれど、客層が違うだろうからね。収容人員およそ3万7千人。(今日の記事のタイトルはここからです)チケットどのくらい売れるでしょうか。スキマ、秦ファンがどのくらいパワーを持つでしょうか?
チケットは明日から始まるシカオFCで取る予定なんだけれど…やっぱ杏子椿にはかなわないだろうなあ。スタンドは辛いなあ。アリーナのせめて真ん中辺りで見たいなあ。

どうか台風とか来ませんように。
どうか仕事が入りませんように。
まさよしくんもそれまでに新曲出していますように。

AugustaCamp特設サイト