今年もやっぱりありました。前夜祭。

Augusta
06 /03 2017
これね。



当日だって間に合わないのに、前日なんて! という私のような人も多いかと思いますが、まあ。
前夜祭も当日もいいお天気で気持ちよく楽しめるといいですね。

そんでこれ
J-wave への出演コメントです。これも行けないんでなかなか辛いところですが、みんなでどこを切ってもAugustaの楽曲を楽しくやってくれることを願うばかりです。

スペアリブのトロトロ煮

食べるもの・飲むもの
06 /03 2017
この間のカナケンでの千秋楽の打ち上げで行ったお店で「〆の肉!」て言ったら「これがお勧めです」と言われて。
〆に肉を頼む女子もどうかと思うんだけど、うまかったの!
本当にとろとろでね。お箸で全然行けちゃうの。
「圧力釜かな?」ってレシピを探ってはみたのだけれど、ちゃんと訊くとかはしなかったんだよ。お店の人忙しそうだったし。

でも、やっぱり食べたくて。ネットでいろいろ圧力釜を使わないレシピを探って。
スペアリブのトロトロ煮とはいきませんでしたが、シャトルシェフで何とか柔らか煮、くらいには行けました。

写真は、相変わらずありません^_^;

作り方!
スペアリブを水から茹でて。沸騰したら10分くらいことことやって一晩放置。(夕飯後にこんなことやってんです)
朝になったら、茹で汁半分別鍋に移してそこに醤油、酒、みりん、オレンジジュース、キビ砂糖を突っ込んで再び沸騰させて10分ことこと。
帰宅後を楽しみに保温器にお鍋を移す。
残った茹で汁にめんつゆ適当に入れて沸騰させたらそのまま冷ます。
鍋に水を入れて沸騰したところに卵を入れて6分半。半熟卵を作ったら、冷めつつあるつけ汁につけて、冷蔵庫へ。

帰宅後!
シャトルシェフからスペアリブ、冷蔵庫から煮卵出してお皿に盛ったら、お箸で食べられちゃうやわらかスペアリブと煮卵の完成です!!
付け合せにブロッコリー(冷凍のをフライパンで解凍。少しお水入れてしゅわ~っと解凍。これが一番早い)。
酒は何でも合うけれど、シュワシュワの甘くないのがベストかな。ロイシーでもぐっど。肉なのに赤じゃないのかって? 
お醤油ベースのあっさり味なんだなこれが。味付けは調味料の配分によるわけですからもっと濃い味で作る・・・になっちゃうことももちろんあるわけで。ケチャップとかソースとか醤の類とかはちみつとか何でもアリだな、これは、うん。

今までの一晩漬け込んだスペアリブをグリルするっていうのはもちろんおいしい。何よりもがっつり「肉を喰らう」って感じがよかった。
でも今回の、骨からほろっと外れるやわらかスペアリブは酔っぱらいにもお年寄りにも優しい万能型の肉、であると思われます。
お試しあれ! 私もまた作ってみましょ。


やっぱ写真ないと説得力に欠けるなあ。