みをつくし料理帖からのブシメシ

食べるもの・飲むもの
06 /11 2017
もしくは「ほろにが蕗ご飯」からの「茶粥でちゃちゃちゃ」。
こんな「最近はやりの料理時代劇で~す」流れにしたかったわけではないわけでしょうが、とにかく土曜の夜のNHKはお料理、お料理! でございます。
しかも、6月10日の夜はどちらも「ご飯もの」。舞台となる季節が異なるので蕗の混ぜご飯と、薩摩芋の入ったほうじ茶の茶粥と、味わいっていうか趣っていうかそういうのは全然違うのだけれどどっちもおなかにも人にも優しそうで。手間さえ考えなきゃ、すぐにでも作ってみたいお料理です。

実は月曜日からずっと、夜になると熱が上がって咳が出て・・・ひゃああああって感じだったんですよ。
月曜日は39度越え。火、水は38度、木曜日になっても37度。土曜日まで1週間酒を一滴も飲まず、うどんとおじや(リゾットって言った方が正しいか? 味付け的に)とインスタントみそ汁で生きてきたんです。

そんななかで、蕗ご飯と茶粥。おいしそうだな~、お腹に優しいあったかさだなあ~、コメはうまい!! ってテレビ画面を見ていたんです。炭水化物制限のダイエットは体重を落とすことには効果てきめんですが、カロリー不足で筋肉が痩せるっていうか・・・日本人ならコメを食え! ってことで、おいしいご飯は最近の私のお腹の真ん中を刺激するんです。
来週はそれぞれ「ひとくち宝珠(ほうじゅ)」「筍と蛤のルンバ」季節違いだし、ご飯ものでもないけれど。また楽しくみときましょう。夜はうちにいるはずだからね。

ということで(?)今夜は野暮用っていうか野暮会議で10時を回ってしまったので冷凍焼きおにぎりのお茶づけとアスパラガス(茹でただけ)とキュウリ(切っただけ)で済まして、ろいしーをちょっと。
来週はご飯ものも含めてもうちょっと初夏のおいしいものを積極的に味わいたいもんだと思っております。忙しいけどね~~~

「みをつくし料理帖」のちょい足し料理帖はこちら