fc2ブログ

これは! ……レイディ・アカリ…

テレビ
01 /30 2022
お出かけのない日曜朝の定番。
Eテレ9:00~日曜美術館
本日のテーマは「激動の時を生きた浮世絵師 月岡芳年」。名前には覚えがありませんでしたが、絵は、見知ってました。
月岡芳年
皆さんも見たこと、あるんじゃないかと思います。

そして、番組半ば。「月百姿(つきひゃくし)」というシリーズで紹介された一片の絵。
卒塔婆の月
卒塔婆の月 小野小町
NHK+で、見逃し配信しています。こちら

私はこの女性をレイディ・アカリだと、思いました。白髪の老婆。どこをとっても「お年寄り」。でも、目は涼やかに前を見据え、口元はやわらかく微笑んでいるように見える。すべてを受け入れ、包み、いとおしむ。レイディ・アカリだなあ、って思ったのです。
他の人はもちろん別の女性を思うだろうし、小野小町のことを描いたのだという解説を聞けばまた、いろんな感想、感慨がそれぞれの人の胸に宿るのだろうと思います。いろいろなイメージを、その人だけが思い描くことができるイメージを抱かせる作品って、凄いよなぁ。

日曜美術館、侮れません。

〈注〉・・・新井素子に詳しくない方へ
レイディ・アカリ=穂高灯
この本の、登場人物…物語の始まりの人、とでも言いましょうか。
日本SF大賞受賞作です。ずいぶん昔の作品ですが、読んで損はない。というか、読みましょう。読み直しましょう。私も今読み直していて、読み落としていたこととか、想像が及ばなかったこととかが見えてきて、いちいち感動してます(^^;)

今回は下巻から読み始めて、その後上巻を後ろの章から読み進めて、ダイアナ・B・ナインの半分くらいまで来たところ。
逆年代記を、逆に読むというなんとも面倒なことをしています。

♪未来はきっと選べ~るけど 選べるけど~

日記
01 /29 2022
今日の出勤のお供は「YAMAZAKI MASAYOSHI HALL TOUR 2017 “The Life I Live”千穐楽」カナケンでのLive in Package。
田舎の道に差し掛かる交差点。「やっぱこれかな思って」選んでくれた、千穐楽だからこその1曲。この物言いが妙にうれしくって、大声で歌っちゃいました(*´▽`*) 動画差し替えました。20代のまさよし…伝説のミシシッピを巡る旅の一幕です。

バンドライブですので
♪未来はきっと選べ~るけど
と、まさよしが歌った後
♪選べるけどー
って。ゲンちゃんのコーラスが入ります。
車中で一人の私は、コーラスも自分でやらなくちゃなりません。(なりません?byオール)

戯れている鳥の歌声」も「季節の名を知らせている」も、もちろん自分でやります。
さらには「優しい人が笑っている」のも「暮れていく日が友を呼ぶ」のもやらなくちゃなりませんから、そらあもう、大忙しです。
おっきな口開けて、元気よく、思いっきりの笑顔で。

歌い終わって、拍手して、なんだかほっとしました。
楽しかったって、嬉しいなって、ライブ行きたいぞ~! って思ったんです。思えた、んです。

やっぱ、まさよしは別格。
自分の心を、空(そら、です。から、ではなくて)にしてくれる。
ライブツアー、発表になんないかな~。

当たったよ、出るよ、やるよ!

娯楽教養
01 /27 2022
当たりました!
神州無頼街東京公演。

以下のお申し込みにつきましては、
残念ながらチケットをご用意することができませんでした。
■【VAC会員】先行抽選/劇団☆新感線42周年興行・春公演 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』※東京公演
■申込内容
公演名: 2022年劇団☆新感線 42周年興行・春公演 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』
公演日時: 2022年5月28日(土) 17:30 開演
会場名: 東京建物ブリリアホール(東京都)


さすがに千秋楽は当たりませんでしたが、そのほかの2日。土曜日と日曜日。平日は申し込んでなかったので、全滅の可能性も…と思っていたのですが、嬉しいことです。この後何回か先行がありますので、千秋楽一本に絞って申し込みを続けたいと思います。頑張るぞっ!

で、出ます。まさよし。

ピーちゃんが出るって聞いてから、出るんじゃないかなって思ってました。シカオちゃんが出るって聞いてからは「同日出演は……ない、よね」って思って、実際に別日だったと。あんなに仲良しだったのに、まだ共演NGなのかな? 忖度、だけかな?
Dedachiくんも出るんだって。この日程だとちょっと考えちゃうんだけれど、ぎりぎりまで待って観に行けたらいいなあ。

やります! この間、ヨッシーがにおわせていたこれ。

エリザベートは1回しか見たことないんだよね。花總さんじゃなかった方を、一回だけ。
だから今度は、リピートしたい。Wとかトリプルとかでキャスティングするはずだから。さらに、帝劇だけじゃ無くて博多にも行きたい。博多座、なんかとっても熱い感じじゃないですか。来年の1月。どっかでしっかり時間とって、行きたいです!
あ、今詳細見たら! トート役! 山崎育三郎は帝劇のみ、井上芳雄は博多座のみってある!! これはマジで、博多遠征せにゃ!! 古川君のも見なきゃだし!! うw~、これは、出費が…



一度は「このまま通常運転に戻れるんじゃないか?」って思ってしまった、娯楽と教養。だからちょっと今、カンダダ気分。
お釈迦様、一度垂らした蜘蛛の糸は、そう簡単に切っちゃならんて。やるせなさは、倍じゃ無くて乗だよ!!

聴いてしまいました。「耳のできごと」

山崎まさよし
01 /25 2022
このツイートのおかげで。
 ↓

まさよしがよくしゃべった、と言うより、篠原監督や松岡さんや、ますみちゃんが感慨深げに、でも昨日あった出来事のように月とキャベツの撮影のことを語るのが嬉しくて、2時間近くあるものをイヤホンつけて聴き切ってしまいました。
最後の方にリスナーの方から「宇宙のひみつはちみつなはちみつ」についての質問があって、何度も「宇宙のひみつはちみつなはちみつ」って言葉が繰り返されたのが(もちろん、まさよしも何度も言った。花火のセリフのようにも言ってくれた(*´▽`*))何とも…ね。うん。

いい感じに酒が回ってきて、体制崩してうつらうつらし始めた頭に響いてきたのは月キャベ主題歌。弾き語り。
「ああ、今の、声だ」
「今の、ギターだ」
そう想いながら、どっぷりと温かい思考の中に埋もれていきました。

来月の終わり近く。もう一度聴いて、もう一度この25年近くの歳月に思いをいたしたいと思います。
聴いてみるといいよ、BoogieHouse会員の皆様。自分の今までの人生を肯定できるっていうか、素敵な出会いに彩られた人生やってきたなって思えるから。

月キャベ主題歌(#^^#)


プレビューして気づいた。ますみちゃん、例のTシャツ着てる!!!

直政からの、政次@月曜ドラマ

テレビ
01 /24 2022
「ミステリと言う勿れ」月9。
からの
「恋せぬふたり」NHKよるドラ
です。

菅田将暉からの、高橋一生ですね。
菅田将暉の整くんは、もうちょっとほわ~~としてほしいけれど、お話の流れとか全体の雰囲気とかは、まあまあ雰囲気出してる。尾上松也は最高に、そのまんま(*^。^*)一番好きかも。

で、NHKのほうは脚本家:吉田恵里香さんのオリジナルらしいのでドラマの役柄を生きる高橋一生の、あの感じが好きです。アロマティック、アセクシャル。「愛のないセックスは理解できても、セックスのない愛は理解できないんですか?」だっけ。今日、この後聞けるはずのセリフです。
お布団の中で、見届けたいと思います。

ようやく読んでます。

読書
01 /23 2022
ノースライト(新潮文庫)(このリンクは文庫本ですが、読んでるのはハードカバーです)
最近はずっと素子さんの本をぽちぽち読んでいたんだけれど、今朝の日曜美術館で「異端の建築家 白井晟一」を見たら「建築家」っていう人の心の内を感じたくなったの。

お話の肝というか、ミステリー部分のなぞ解きはドラマでわかっているのだけれど、わかっていても十分に美しい。そこにいたる横山秀夫さんの文章の味わい。ドラマの登場人物たちがMYオリジナルストーリーを創ってくれている感覚。群馬っていうかかわりや、これまでに読んだ物語との重なりというか親和性。影踏み、クライマーズハイ。

ほぼ半分まで読んで、今日はおしまいにします。
来週まで持ち越すのか、平日にも読み進められるのかわかりませんが、ラストシーンまでちゃんとたどり着きたいと思います。

このドラマの配役で脳内再生しています(^^;)

嬉しいぃぃぃ(#^.^#)

素子さん
01 /23 2022
昨日引き取ってきました。「影絵の街にて」サイン本。
影絵の街にてサイン本
「誕生日なんで」とは、芳林堂書店高田馬場店の担当者さんにお伝えしていたのですが、こんな風にメッセージを入れてくださるとは!
あ、お誕生日おめでとうは、入れてくれるんじゃないかなと思っていました、ハイ。
でも追加の一文が…嬉しいぃぃ!

次の本が出る時には、いや、本が出なくても8月のお誕生日には、サイン会できるといいです。ちゃんと対面で「ありがとうございます」ってお伝えしたいです。
素子さんファンの皆さんとも、お話したいよ~!! 初めて読んだチグリスとユーフラテスの外伝の感想とか、日下三蔵さんの解説の深さとか、旦那様のつぶやきのあれこれとかを、あーだこーだって。

とにもかくにもコロナ収まれ!
あたしは、生が、対面が、リアルが、好きなんじゃ!

  

あれは、ジストニアかな?

テレビ
01 /22 2022
錠一郎の、トランペットの不調。
「日常の生活には支障はないのに、トランペットを吹くことだけが上手くできない」っていう病気。

来週の予告では、あんこ炊いていたからトランペットは…もうだめなんかな?
田中義人さんは、手術して復活してきたけれど…。
このジストニアという病名を知ったのも、義人自身の書いたブログからだったりする。けっこうたくさんのミュージシャンやスポーツ選手などがかかる病気らしいけれど、よくわかってないことが多いらしい。

音楽を諦めるしかなくなった時に、錠一郎はどうするのか、るいはそんな錠一郎とどう寄り添っていくのか。次に主人公「ひなた」の歩む、令和の時代にどうつないでいくのか。楽しみです。
NHK+で、毎日見るようになってはまってます。カムカムエヴリバディ

「僕たち、生だと5割増しです!」by井上芳雄

演劇
01 /19 2022
昨日の夜のプロフェッショナルで知った「推し活 あさイチ舞台役者編」。
NHK+で今見終わって…もう、幸せでございます。ヨッシーのこの↑セリフも納得のお時間でございました!
テレビ画面越しだから、5割ダウンのはずの歌唱でも終わった瞬間に拍手! スタジオゲストで生でこれを聞いていた渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)さんがマジ泣きしていたのに共感! こういうの最近は「わかりみ」っていうんですか? とにかく「そうなのよね~。うらやましいぞ~! 舞台行きたいぞ~!!」なのでした!

今はリトル・プリンスやってる二人。エリザベートも近々あるらしいことを、東宝さんからのにおわせで(*^。^*)

その場で、そこにいる人たちで、感情を、感動を共有できる「生のできごと」を、これからも心ゆくまで味わいたいです! 舞台も、歌も、お話も、みんな。5割増しでかっこよく、かわいく、美しく見える人々を十二分に堪能して、私自身も2割増し、3割増しの素敵な人生を創り出したいです!!

コロナよ、コロナよ、飛んでいけ~~~~!

わからないことをわからないと言う。実はすごく難しい。

日記
01 /18 2022
日曜日未明…気分としては土曜日深夜。突然切り替わった画面に「えー?」って。「多少の潮位変化はあるかもだけれど、津波はないよって言ってたじゃん!」と突っ込んでいた。「つなみ! にげて!」って画面に出されて、あの嫌な音が流れて。

気象庁の会見がこの後あるということだったけれど、待ちきれなくて寝ちゃいました。「どうなっちゃうんだろ……」と思いつつ。

そして朝。まだ津波警報は出たまま――どころか岩手も警報になっていて「ええええ?!」です。
その中で気象庁の会見の様子がテレビに映し出されました。
曰く。「何が起きているのか。どうしてこういう潮位変化が出ているのか、わからない」

わからない?

気圧が2hp上がったっていうことや、1時間で1000キロという津波の速度も、日本近辺だけ津波の高さが急に高くなるのも、なぜだかわからないと。気象に関することでは日本のトップ、津波や地震に関しては世界でもトップであるだろう気象庁が「わからない」って。

この時点で「何だよ~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!」って思った昨日の自分を、叱ってました。
気象庁の人もわからない何かが起こったんだ。そんでそれをこの人たちは「わからない」って率直に伝えているんだ。この人たちはとても誠実なんだ。って思ったからです。

今夜のクローズアップ現代も、時論公論もこの「謎の津波」についてやっています。(気象庁の人は「この潮位の変化」と言っていて、「津波」だとは言っていない)空気の振動によるものだろうということや、今までのデータを解析し直しての検証を進めているところだということがわかります。

わからないことをわからないというのは、結構難しいことだと思うんです。だって、不明を恥じるってことでしょ? でもそこで、「わかりません」と言えるっていうのは、本気で科学をしてるから、だよね。「わかったふり」をしたり、人類にとって都合のいいように「解釈」したり「憶測」したりしない。地球は、宇宙は、わからないことで満ちている。
様々な出来事は、ただそこに在る。それを受け入れる。・・・誠実な人達なんだなと、科学に対面する自分への矜持が、あるんだなと思った次第です。


素子さんの「グリーンレクイエム」では、明日香の細胞を調べた助手さんが「(人間に在るべき細胞の中身が)何もないんだ!」と叫び、理解できないものを否定するシーンがあります。明日香はそこに確かに存在しているのに、その存在を否定するのです。
「わからないもの」に人はおびえます。あってはならないものだと、否定し、排斥しようとします。
それをしなかった気象庁の方たち。すごいなって思います。変わった人たち・・・かもしれませんけど、好きです(*^。^*)

順番順番いっこっつ…よりももっと少ないキャパだった…

日記
01 /17 2022
この「順番、順番、いっこっつ・・・」は、「やおよろず神様承ります」(NOVA2019)に出てくる言葉です。さらに言えば、キャプテン・リュウイチ(チグリスとユーフラテス)が言った言葉でもあります。


日々のことや、やらなくてはならないこと、なんであっても。順番にひとつずつ片づけていけばいい――という意味なのですが、これがね、もうね、キャパを越えちゃうんですよ、アタシ(/_;)
日常のルーティーンはいいんです。もう、ずっとやってることですから大丈夫です。ご飯作ったり、お風呂入ったり(これ…ルーティーン?byオール)、化粧したり、タイムカード押したりはできるんです。
ですがそこになんか「いっこ」入ってくると、なんかいっこ抜ける。もしくはやろうという気が失せる。……
週末。洗濯をした日には、ゴミ出し、掃除ができなくなる、やりたくなくなることが多い。
ゴミ出しをしようと、ごみ袋を持つと、どんなに忘れまいとしてもサブバッグを忘れて家を出てしまう。

まあ、昔から粗忽だったうえに、加齢のせいでもう・・・ざるで水汲むごとく抜けていく抜けていく。

そんで今日。お誕生日プレゼントもらったんですよ。職場で。
お花と酒とケーキ。ちょっと盛大に祝ってもらったんです。
ケーキはその場で食べる前に写真撮ってぇ、お酒は箱入りのちょっといいやつだったんで皆さんにお披露目した後、きっちりしまって「週末に飲みま~す!」って宣言して、お花は皆さんによく見えるように置いといて。いつも通り2時間ほど残業して「じゃあ、今日はほんとうにありがとうございました!」って、すべてを抱えて職場を出て……

自宅まであと5分ほどのところで、ふと不安になったんです。
「・・・写真撮った後、スマホをバッグにしまったっけ?」

いつものポケットを探ると……はい。
ありませんでした(-_-;)

取りに戻ろうかと一瞬思い……思いましたが……やめました。もう早くお家に帰ってゆっくりしたかったんだもん!
どうせ電話とかケータイメールとか来ないし。ラインやってないから普通にPCあればいろんなことできるしぃぃぃぃぃ。くすん……

どうしたもんじゃろなア。って思いながら、マンションの駐車場に車を止めて、集合玄関に向かいかけて……
もういっこ忘れていたことに気づきました。
宅配便を、営業所(センター?)留め置きにしておいたことを。夜間配達の時刻でも帰り着くことができるか不安だったので、夕べ場所を変更したのです。でも、忘れてました。昼の段階では覚えていたんです。だって「届けました」メール来ましたからね。でも、忙しさに紛れて宅配便はどっかにいってしまいました。
止めた車をもう一回出して、車で15分ほどのセンターまで行く気力は・・・・・残っておりませんでした(-_-メ)



順番順番いっこっつ、ではなくて、順番どうでもいっこやったらいっこ忘れる……の一幕でした。
(正確に言えば、いっこやって二つ忘れているのでは?byみなさん ……)



芳林堂 高田馬場店に行ってきました。

読書
01 /16 2022
先月っていうか、去年っていうか芳林堂高田馬場店で買った「影絵の街にて (竹書房文庫 あ 12-1)」を持って。
レジにいたお兄さんに「今日やるはずだった新井素子さんのサイン会の担当の方、いらっしゃいますか?」と、声を掛けると「ハイ、ただいま」って奥の方へ。

しばらくして、奥から出ていらした担当の方に、マイ「影絵の街にて」を渡しながら「今日の日付を入れていただけますか?」とお願いしてみた。「誕生日なんです」と付け加えて。
「えー、そうなんですか? お伝えします!」って言っていただきました(^O^)/
リアルで書いてもらってても「今日って、何日?」とおっしゃる素子さんですから、申込書に「2022,1,16」も書き加えてお願いしてきました。

何とか開催したいという希望もあったようですが、こればっかりはね。
丁寧に連絡してくださって、私だけでなくみんな「仕方ないし、丁寧な対応が嬉しかった」ってツイッターとかに書いてありましたよとお伝えすると、ほっとした表情をしてらっしゃいました。参加希望の方全員に連絡するのに追われて、ツイッターとか見ている余裕はなかったようです。「今日、最後の方に連絡が付きました」っておっしゃってましたから。
いろんなことに気を遣いながら、たのしいことを企画してくださってありがとうございます。春になったら・・・少なくとも夏くらいまでには、トーク&サイン会やりましょうね~! 絶対行きま~す!!

(翌日の追記)
芳林堂さんから電話ありました(^^♪
「サイン書いていただいたので、いつでも取りに来てください。「おめでとうございます」って言ってらっしゃいましたよ!」ですって!
嬉しい!
マンボウ出ちゃうからなかなか取りに行けないかもですが、頑張ります!

日記
01 /16 2022
だって本当に、薫り高い。
お花
玄関のドアを開けた瞬間に「おう?」って思うほどに、香る。マスクつけててもわかる。

先週の日曜日に、1週早い誕生日プレゼントとしてもらったお花です。
もらったときには、一番奥のがちょっと開いていただけ。木曜の朝、左のが開き始めて、金曜の夜に下のが開いた。
右のつぼみも明日には開くでしょう。切り花は、大地からは切り離されてしまっているけれど、ちゃんと生きている。ちゃんとね。
百合の根元にいる薔薇も蘭も、次々と開いている。嬉しいなあ。美しいなあ。麗しいなあ。
自分で買った花が咲くのも嬉しいけれど、いただいた花が咲くのはもっと嬉しい。


それでも私は行く。高田馬場へ!

素子さん
01 /15 2022
だって、駐車場予約しちゃってたんだもん!

キャンセルしてもサービス料っていうのは、返金されないんだもん!
既に購入してしまっている(存分に読んでいる)「影絵の街にて」を、芳林堂さんへ届けに行かなくちゃならないんだもん!

ってことで、明日の午前中は都内まで出向いて、ちょっとぶらぶら・・・ふらふら・・・しゃかしゃか・・・したいと思います。芳林堂さんに出向いて、あれこれやって帰ってこようと思います。御書印もらったり、映画見たり、博物館に行ったりもしたいのですが、さすがに、やばいだろうと。夕方からはこういうライブもあるのですが、さすがに、ネ。

ポチ袋に入ったお年玉…もらいたかったんですけどねえ。

それにしてもこんなに急に感染爆発しちゃうなんて・・・
アフターコロナはない・・・んですよね、素子さん。

中止……長澤くんのライブ。

長澤知之
01 /15 2022
お仕事一区切りでSNS巡り始めたら……
スマホなのでうまくコピーできないけど、中止です。

「LIVING PRAISE TOUR 2022〜Band ver.〜」公演に関して大切なお知らせ

開催を予定しておりました公演ですが、この度の新型コロナウイルスの感染拡大の状況により公演を中止させて頂くこととなりました。

詳細は下記URLの公式HPよりご確認ください。

https://t.co/H8gB0Q1jEe https://t.co/t3iL2kAZ0O

長澤くんの文章が誠実で、嬉しいです。
週末の予定がいろいろ消えていくけれど、きっと次! そう、より良いNEXT Oneが待ってるはずだから。大丈夫!

アルバム聴きながら待ってるよ✨

不在着信 芳林堂書店高田馬場店 03-3208-〇241

素子さん
01 /12 2022
帰宅途中。つまり運転中。着信があった。
表示を見ると芳林堂。
「ああ。連絡、来ちゃったよ・・・」

運転中なので、そのまま不在着信にしておいて、帰宅後そっこー折り返し。

「すいません。折り返しでお電話してます。〇〇〇と申します」
電話を取ってくださったのは担当の方=ブックタワーにいらしたいつもの方ではなかったので、待つことしばし。
「お待たせしました。折り返しありがとうございます。お電話しましたのは・・・」
「素子さんのサイン会のことですよね?」
「あ、はい」
「中止のことツイッターで見ました」
「ああ、そうなんです・・・」
的な会話からいろいろあれこれ。

私はフツーに「素子さん」って呼んでて、彼女の方もフツーにそれを受け入れていて。
新井素子、ってフルネームも、先生、なんていう敬称(っていうのか?)もなしで最後まで会話は続きました。

私はもう本を買っているのだけれど、どうしますか? と聞いたところ、「サイン本と交換いたします」と。しかし、交換って言っても、こちらの手元にある本は、それはそれなりに「新品」ではないわけで。つまり、売り物にはなんないわけでさ。それではあんまり申し訳ないから「手元にある本をそちらに預けて、素子さんに宛名とサインを書いてもらって、後日取りに行くなり送ってもらうなりすることは可能ですか?」って聞いたんです。
そうしたら「もちろんです」と。ただし、素子さんがいつ来店するかはわからないのでタイミングが合わなければ、サイン本と交換というスタイルになる可能性もあるとのこと。その場合に備えて「お宛名どうしますか?」とも聞かれて。「漢字でフルネームをお願いします。字は・・・」

今回は残念なことになってしまいましたが、書店さんの心意気と丁寧さがとてもよくわかる顛末となりました。都内の感染者数が10日前から28倍とか、考えもつかない状況なのだから仕方ない。災い転じてちょっと福となる。サイン会を企画してくれたこと、細かな配慮をしてくださったこと、どちらも感謝いたします。ありがとうございました。

あと数カ月したら・・・第6波が収まったら、ぜひまた企画してくださいね! 必ず行きますから!


連載を読む楽しさ。

素子さん
01 /11 2022
今、素子さんはこの連載をやっていらっしゃる。

で、なかなか話は進まない(^^;)
いろんなことを「説明したい」素子さんだから、「そこは省略してもいいんじゃね?」っていうところを細かく書いているとストーリー全体はなかなか前へ進まない。
どこへ落ち着くのかも、皆目見当がつかない。ひょっとしたら、素子さんも終点が見えていない可能性・・・あるよね?

連載の物語を、連載時にちゃんと追いかけたのは「絶対猫から動かない」だけです。その時も「いつ終わるかわからない」ってご本人がおっしゃっていました。別の本の出版記念のトーク&サイン会で「終わりが見えてきました!」って嬉しそうに言っていたのを覚えています。
更に「本にまとめる時には、まったく違ったものになってくる」っていうのに驚いたんですが、本が出たら本当に全く違っていて、この人の頭の中はどうなっているんだ。というか、一度あれだけ書いたものをこうまで書き換える熱量が凄いって感心したものです。

で、今回。南海ちゃんのお仕事もきっと変わる。絶対変わる。どう変えるかはわからないけれど、きっと変わる。そういうことを前提にして連載を少しずつ読んでいくのは(通常の楽しみ方ではないけれど)面白い。素子さんの世界にそのまま浸るのではなく、素子さんの頭の中を想像、もしくは予想しながら読み進めるのは、なかなかスリリングでもある。

壊れちゃったお茶碗も、ピンクの靄も、そこに絡んでくるそれぞれの人物も。どう書かれて行って、最後にはどうなって、本になったどうなるのか。・・・・・・とりあえず、いつまで続くんでしょうね(^▽^;) 16日に訊いてみましょうか?

車で会場近くまで行って、そのまま帰ってきます。
サイン会の時とか、アクリル板付きかなあ。ちょっと寂しい。仕方ないけど。

申し込みました! 当たれ!

演劇
01 /10 2022
いのうえ歌舞伎『神州無頼街』東京公演です。きっちり「来年度」なので、土日でも予定どうなるかわからないけれど、当たれば行く! 宮野くんも福士くんも絶対見たい!

感染状況・・・第6波はさすがに収まっているだろうし、第3回の接種も行われるはずだけれど、未来は全く読めません。
今回当たらなくても、次の先行、そのまた次の先行、さらには一般発売、当日券とどこまでも追っかけますが、公演自体に規制がかかったり、都内に出るのが問題視されるようになったりしては、どうしようもない。

3月17日が全体の初日。
ということは1カ月後くらいには稽古が始まる。みんなが元気で、無事稽古を終えて初日が迎えられるように祈ってます!

ご当地ものはやはり侮れない!

食べるもの・飲むもの
01 /09 2022
およそ30分で3皿。
まあ、作ったといえるのは一皿だけだけど(^^;)
ご当地ものは格別
左上。いぶりがっことクリームチーズ。言わずもがなのお味です。
同じ皿に載っているのはキュウリをキッチンハサミで乱切り状にしたものに、夏に博多の空港で買ってきた「はかたスパイス」をかけたもの。オンラインでのおしゃべりに熱中して、2時間くらい放置しちゃったんだけれど、これがまあ! 味がなじんでいい感じに水が出ておいしい! 福岡、博多。侮れません!

はかたスパイス

いぶりがっこ


真ん中のは鶏肉、ジャガイモ、玉ねぎ、冷凍野菜を炒め煮したもの。
「味付けどうしよう」って思って、あれこれ探したらパスタ用に買ってあった「青森スタミナ源たれ&ガーリック」が出てきて…。ソースとあえて、トッピング乗っけたら、あらおいしい。黒糖焼酎の水割り飲んでるけど、ワインでもきっちり行けるわ。
青森スタミナ源たれ&ガーリック


残り一皿。見ての通り。冷ややっこ。
緑のトッピングが「山形のだし」これはもう鉄板。ごはんに乗せるほうが好きだけれど、夜に白米はいけません。だからお豆腐。
赤いのが食べるラー油の初代「辛そうで辛くない 少し辛いラー油」
ちょっと時間が経っちゃたのでお豆腐から水が出てしまいましたが、味わいは変わりません。日本酒にもいいね!
山形のだし

辛そうで辛くない少し辛いラー油


飲んでいるのは黒糖焼酎「紅さんご」。
お誕生日祝いでもらいました。牛乳割にしてしまうのはちょっともったいない感じのお酒ですので、ほぼロックの水割りです。江戸切子のグラスに入れて飲んでます。テレビ画面には秦基博。横浜アリーナでの15thライブ。幸せな宵です。

あ、お箸は宮島で買ってきたものです。ご当地ものは、侮れません!!

映画祭、まさよし参加かぁ。

山崎まさよし
01 /08 2022
いつも11月ごろにやる伊参スタジオ映画祭
なんやかんやで1月開催。
伊参スタジオでやるには寒すぎるし、山道雪道も大変だし、会場を移してやるんだそうです。
そしてそこにまさよしが参加する、と。
最初に聞いたときはオンラインかなと思ったのですが「ご来場」と。

前売り券はなくて、当日券のみ。

¥1,500(税込)
1月29日(土)は12:00より
1月30日(日)は9:30より
販売開始
※前売券の販売は無く、当日券のみとなります
※定員に達した場合には販売終了となります(320席)


まさよしの登場は、影踏み上映後ですね。記念写真の撮影も一緒にやってくれるのかな?

16:25 上映 ●伊参スタジオ映画祭 企画
『影踏み』
篠原哲雄 監督 112分
18:15 上映後、ゲスト対談:篠原哲雄監督、
2022.1.8【NEW】 山崎まさよし(主演)、横山秀夫(原作) 20分
18:35 ★記念写真撮影
18:50


早くから並んでチケットゲットを目指す方もいらっしゃるんでしょうが、お気をつけて。
私は前日の長澤くんに全力を尽くします!!

私は今日は湯豆腐でした。ロイシーで。

日記
01 /07 2022
写真はありません。残った出汁というかつゆは明日の朝、一日遅れの七草がゆとして使いたいと思います。
こちらではどんなお料理が出たのかな?

明日からの3連休で、ちょっと人数の多い会食の予定が入っていたのだけれど、キャンセルしまして…。
オンラインでできるなら、そうしてくれと幹事に頼みました。年末年始で増えるだろうとは思ってましたが、ここまでとは。オリパラの頃は、都会でのこと、ってどっか思ってたのね。都会に出なきゃ大丈夫って。でもさ、昨今はこっちももう・・(/_;)

16日の高田馬場でのサイン会も、電車移動を避けて、直行直帰しようかと考えております。
中止には…なんないですよね?

警報は消えたけど・・・明日は何時に家を出ようか

日記
01 /06 2022
日が暮れる前に職場を出て、鍋の材料を買い込んで帰宅しました。
8時過ぎにはほとんど雪はやんでいたけれど、気温が下がりまくっているから溶ける気配はない。
NHKさんも「時間に余裕をもって」と言っているけれど、あんまり早く出たらマジでカチンコチンの路面を走ることになる・・・スタッドレスには履き替えているけれど(-_-;) 今いる場所よりも雪が沢山あるだろう場所に行くのに、あんまり早いとかえって怖くないか?

警報レベルは4年前の1月以来らしいけれど、思い出すのはそのもう4年前。館山でライブがあったとき。
大雪だったねえ・・・電車止まったねえ。それに比べれば積もった量は半分以下だけれど、菜の花咲く房総半島にはやっぱり雪は無理なのぉ。


ってことで、今日はお鍋。
セリ入りチゲ鍋~。
せりチゲ鍋
明日の朝は、おもち入れま~す♪

使うの、そこ?!

山崎まさよし
01 /05 2022
まあ、そこが一番上がるっちゃ上がるんだが…

聴いただけじゃ、誰が歌ってるのかわかんないだろうし、歌詞がないわけだから検索もかけづらいだろうし・・・
ま、いいか。有名になんなくても、使ってくれればそれで。

テレビで不意にかかったりすると、嬉しいしね(^^♪
これ↓


クッキーケーキ、作りました。

食べるもの・飲むもの
01 /04 2022
生クリームの消費期限ぎりぎりのところで(^^;)
とらのこ
耳と鼻と、黄色がかった色味は加工ですが、シマシマはチョコレートソースで書きました。
胴長のトラさん・・・キャットテールならぬ、タイガーテール🐯?
*キャットテール・・・花ではありません。下の雑誌の表紙(左側。人間は素子さん)に写っているぬいのことです。ねこしっぽ・・・。
この雑誌、うちにもあるはずですがちょっと探すのに手間かかるので、ツイートをお借りしました。


第6波? 勘弁してくれ~!

日記
01 /04 2022
みんな、ちゃんとして~(LIFE風に読んでください)。


16日のサイン会、28日のライブ。それから後のあれやこれや。
3月くらいには職場全体で宴会できるといいねなんて言っていたけれど・・・。千葉だって、増えてるものなあ。3桁もすぐって感じ? 今日会った方は、息子さんが2月に修学旅行なんだって。5月→9月→2月ってずっと延ばされてきて、このままなら行けるかな? って期待していたんだけれど、どうなんでしょうねって。切ないよね。
ライブは最悪「次」がある(はず)。もちろんどんなことだって一期一会ではあるのだけれど、一生に一度のものごとって確かにあるし。「落ち着いてきた」って感じた後の、「もいっかい」はきつい。

マスク、手洗い、ソーシャルディスタンス。あれやこれや・・・。
・・・アフターコロナはない! と言い切った素子さんが正しいのだろうな。

出典はこれね。
人(SF作家だけじゃない)は、いろんなことを考えるもんだと改めて思い知らされる、とっても面白いオンライントークの記録です。ユーチューブでも見られます。

2022初まさよしは、テレビ画面の中。

山崎まさよし
01 /03 2022
年末に届いていたのだけれど、ビニルを破ることもしていなくて。それどころか「あれ? どこ行った?」って積みあがった本と円盤の山の中から探し出すことから始めたというね(^^;)

YAMAZAKI MASAYOSHI "ONE KNIGHT STAND TOUR 2021" [Blu-Ray]

コロナ第5波真っただ中。50%の収容率で、マスクで無言で、は当たり前。「慣れてきました」と言いながらも「腹立って」ともつぶやかざるを得ない「こんなMCしかできなくてすいません」というライブ。
アンコール近くに行くまでほんとに切ない顔して歌ってた。テーブルの上だけを映すカメラがあったり、手元のアップや後ろ姿をたっぷり見せてくれたり、見どころはいっぱいあったけど、あの時のやるせない気持ちも思い出してしまって「きゃ~♡」とか「ひゃはは( *´艸`)」とかはいかない2時間半でした。

これを読み返しつつ、あの夏の追っかけを思い出しつつ、またそのうちに見ようかな。
うん。そのうち、ね。


あ、そうだ。

続きを読む

初詣行ってきました。

日記
01 /02 2022
香取神宮。
夏に行って以来、何か気に行っちゃったんです。
香取神宮
早めに出かけたので、それなりの混雑で済みましたが、お昼ごはん食べ終わったころには、参拝の入場制限が掛けられていました。駐車場への入場待ちもすんごいことに。混むんですねえ。3が日は地元の神社にしか行ったことがなかったので、たっくさんの人がいる初詣っていうのはテレビニュースの中でのことだと思っていたんですが、いやあ、現実なんですねえ。

おみくじを売っているところの後ろの方では、こんな炎。
おたきあげ
納められたお札や、しめ縄です。炎を囲んでたくさんの人がいました。寒かったんで(^-^;

そうそう、雪・・・あられの方が表現としてはあってるかな? パラパラとさらさらと何度か降ってきました。私としては、初雪、でございます(^O^)/

お昼ごはんは、鶴瓶さんも行ったお店で穴子の天ぷらのざるそば。
穴子天ざる
お土産にお団子買って、七味買って帰ってきました。

寒かったけど、心地の良い賑わいでございました。


〈おまけの写真〉
昨日は実家からの帰りに地元の山(標高200メートル超えたら、それは山です!)で、立派な杉を1枚。
九十九谷公園
空の青さと、木の広がりが気持ちよかったです。


今年のお初買いは「前島密」10枚。

日記
01 /01 2022
ニッポニアニッポンも10枚。
何のことかって? 切手です。
切手
今年の年賀状は、伊東屋で買った伊東屋オリジナルが20枚。それ以外は、今まであちこちで買ったりもらったりした絵葉書を「賀状終い」に向けて活用することにしたんですが、切手がね、なかったんですよ。
今までは管制の年賀はがきを購入して、自分で印刷していたわけです。そうすると、はがきを出すのに1枚いくらかかるかなんてことは計算しなくてもよかったわけです。ライブに参加する時にチケット代どころか飛行機代も詳しくは把握しようとしない私ですから、はがきなんぞ! わはは・・・って思ってたんですが、投函するとなるとそうはいかない。
ということで伊東屋の年賀状で確認しました。63円なんですね。

部屋の中に在る切手類を確認したら63円もありましたが、52円とか60円とか82円とか・・・どんだけ時代もんやねん! 的なもの多数(^^;) そこを乗り越えるべく、朝一でローソンで買ってきました。1円切手と10円切手。差出人の住所も「あけましておめでとうございます」も、2022年も寅年も、なんも書いてないはがき1枚1枚に手書きできっちり書き込んで、必要な金額の切手を貼って郵便局へ。
なんだか、すんごくアナログで、すんごく手間がかかって、すんごく不思議な気分でした。届いた分だけ返事をする、という手法になって3年以上。一番多かった時にくらべると半分よりももっと減ってしまった年賀状に、手間かけて返信をする。令和の世の、令和らしい手間暇じゃないかなあ、なんて思ったり思わなかったり(*‘∀‘)

明日は日曜日だから年賀状の配達はありません。
この後、何枚年賀状が来るかはわかりませんが、前島さんと朱鷺の切手を使い切るくらいには来るんじゃないかなあと、期待はしております。

今夜のテレビ画面は、YOU100回記念と月影花之丞。明日は義母娘。いいお年始です(^^♪