fc2ブログ

四日市のレポをかかないうちに

山崎まさよし
01 /19 2013
福岡公演の当日になってしまいました(>_<)

しかし、午前中仕事やっつけて福岡に向かう身としてはちゃんと書いてる時間が‥‥ないっ!!

覚書のみ!



3曲目と11曲目が前日の浜松と違っていました。
11曲目は、糸魚川の翌日のまつもとでも違っていたそうですから場所こそ違えど2DAYS扱いのところは、これからも入れ替えでやるのかもしれません。

浜松で増えた1曲は四日市でもやり、熊本でもやったそうですから、これからは定位置に収まるんじゃないでしょうか。あの柔らかい感じがいいですよね。四日市ではキタローさんにあおられてあの印象的なフレーズを‥‥‥



追記にしよっ。








増えた1曲っていうのはキタキツネ物語のオープニングテーマなんですが

♪ハローハロー

って、何回か繰り返すんです。子ギツネが新しい何かに出会う驚きと喜び、そしてそれを見ている親ギツネや観客たちの慈しみの気持ちとを表現してると思うんですが、やわらかくってしなやかで、覚えやすいメロディなんですね。
で、それを披露するのはアンコールに一人で出て来てあれこれしゃべった後なんですが、曲終りにゲンちゃんキタローさんを呼びこんだら、キタローさんがすかさず「ハローハロー」って(^^♪

「まだ覚えんでいい!」って、浜松でも四日市でもまさよしは言ったんですが、四日市ではその後キタローさんは客席にふったんです。
「せーの!」って。

そんで、まさよしのお客さんはさすがです。すかさず

♪ハローハロー

あったかいコーラスでした(*^_^*)
まさよしは、ちょっと照れたようにふふふって感じで客席を眺めていました。
今日も歌ってくれるかな?
今日も私たち歌えるかな?

2013年秋公開「キタキツネ物語~明日へ」主題歌決定!!
1978年に公開されて大ヒットした映画「キタキツネ物語」が来年秋に、「キタキツネ物語~明日へ」として35年ぶりに生まれ変わります。
北海道オホーツクのキタキツネ家族が、厳しい自然の中でたくましく生きる過程を描いたドキュメンタリードラマ。
その「キタキツネ物語~明日へ~」の主題歌を山崎まさよしが担当する事が決定!!

監督:三村順一
<声優>
ナレーター:西田敏行
親ギツネ:佐藤隆太、平野綾

前作の助監督で、今回監督を務める三村順一氏(64)が再映画化の旗振り役となった。映画には、親ギツネが子ギツネを何度もかんで、親から自立させる「子別れ」の瞬間が収められている。児童虐待などがまん延する現代に、本当の家族とは何かを問いかけたい、という同監督の思いも込められている。
 声優陣は一新した。ナレーターに俳優西田敏行(65)、親ギツネ役に俳優佐藤隆太(32)、声優平野綾(25)をそれぞれ起用。さらに音楽は渡辺俊幸氏(57)が担当し、主題歌を山崎まさよし(40)が歌うことになった
 前作当時に子供だった世代は親の世代になり、親世代は、祖父母の世代になった。関係者は「こんな世の中だからこそ、親子3代で見に行ってもらいたい」と話している。

 後半記事朝日デジタル12月5日




渋公のチケットきました。
ま、あんなもんでしょう。2日目は結構いです。
来週には仙台、八戸が来ると思われます。こっちはめちゃめちゃ期待してるんですが…いかがでしょうe+さん!

コメント

非公開コメント

こっちは良い天気ですよ~ 気をつけていらっしゃいませ!

今日は晴男♪

早朝からありがとうございます。そして福岡へ…凄いです!その行動力のエネルギー源は、やはり晴男(時々雪男)の太陽光発電、でしょうか。素敵です♪

私はTTTとライブハウスのCD聴きながら、福岡に思いを馳せております。

この前はボー-ッとしすぎてお話しできなかった小ネタいくつかを次回打ち上げでぜひ!

またメールいたしますね。よろしくお願いいたします。素敵な福岡の夜を♪

Re: タイトルなし

> yamaさま
またご挨拶できませんで(/_;)

いいお天気で、東京よりあったかくて素敵にライブともつ鍋を楽しめました。
帰りの飛行機から見た山々に雪がたっぷり残っていたのはびっくりでしたけど。

丸亀では一緒にうどん、楽しみましょ!(うどん?by y)

Re: 今日は晴男♪

> miuさま
> その行動力のエネルギー源は、やはり晴男(時々雪男)の太陽光発電、でしょうか。

今日実家の母に「先週は何時に帰って来たの?」「今日はどっからお帰り?」なんて聞かれて、嘘をつく能力が母親の前ではなくなってしまうので正直に話したんですね。
そしたら完全にあきれられて「よく疲れないね、あんた」って言われたんです。

で自分でも考えたわけです。仕事でこんな睡眠時間だったらもう疲れ果ててるって。でも、がんばれちゃうんですっていうか、がんばるって意識すらないんですね~。だって、会いたいし、飲みたいし、食べたいし…それが叶わない方がストレスなんですもん!

やつの魅力…自分のアホさ…すべてがエネルギーですね。



ちなみに「どこに行ったの?」は聞いても、「何をしに?」は聞かれません。
「山崎まさよし」は一つも会話に登場しなくてもいいくらい、わかってる…諦められてるからです(^_^;)