声が泣いてる…M2「8月のクリスマス」

山崎まさよし
08 /28 2013
YAMAZAKI MASAYOSHI “Live in Package” COMPLETE OF THE BEST を聴いてます。
我が家にある一番出力の大きいスピーカーはテレビなので、BDレコーダーにCD突っ込んで音だけを再生させてます(^^ゞ どこの会場だろう、とか、聞いたことあるやつかな? なんてことを最初は考えていたんですが、M1の僕ここからちょいと破綻の在るテイクが選ばれていて「どこの」を気にするよりもこの3枚組のライブアルバムの在りようを楽しんだ方がいいのだろうって結論に至り。

ただテレビのスピーカーから流れてくる音に浸っています。そうしたら。8クリ…泣いてます。声が、歌が。逝ってしまった人への悲しみにあふれています。SEED FOLKS いいツアーでしたね。そのツアーの中から穂苅太郎が選んだのはまさにLIVEとしてのベスト。どこの会場かわかんなくても、自分がいたところかどうかわかんなくても自分の記憶の中のあの日と重なります。

テレビの画面には味気ないインデックスが表示されているだけなんだけれど、私の頭の中にはあの日の、あの日たちの中の一番素敵なまさよしがキタローさんがゲンちゃんが躍動しています。
つい一緒になって踊っちゃうほど鮮明に、あの日が、甦ります。

幸福の記憶。
哀しみの共有。
アホの増殖。(えっ?)

BH特製のブックレット。
そこにあるまさよしの笑顔ももちろん素敵だけれど、クレジットに表れた彼らの心が素敵です。
Live in package コンプリート1 Live in package コンプリート2
ディスクの下から現れる画像は、まさよしの足元。ステージを支える機材。
この画像を選んだことにもちゃんと意味はあるはず。受け止めたい。この作品を残したまさよしたちの思いを。このテイクを、この画像を選んだ彼らの意思を。

Live in package complete
かっこいい…キタローさん。(をい!byま)

【Disc1】
M1:僕はここにいる
M2:8月のクリスマス
M3:十六夜
M4:ステレオ
M5:振り向かない
M6:星空ギター
M7:真夜中のBoon Boon
M8:春も嵐も
M9:ドミノ
M10:月明かりに照らされて
M11:心拍数
M12:アフロディーテ
【Disc2】
M1:明日の風
M2:琥珀色の向かい風
M3:最後の海
M4:区役所
M5:全部、君だった。
M6:水のない水槽
M7:One more time, One more chance
M8:苦悩のマタニティー
M9:パンを焼く
M10:Fat mama
M11:HOBO Walking
M12:太陽の約束
【Disc3】
M1:5/10追加公演MC
M2:アルタイルの涙
M3:花火
M4:Heart of Winter
M5:はじまりのDing Dong
M6:根無し草ラプソディー
M7:お家へ帰ろう







どこで演奏されたものかなんて言うのは些細なことなのだけれど。
でもさ、わかっちゃうのももちろんあって。
それはそれで嬉しい(^.^)

Disc1
M6は「八戸~!」って自分で言ってる。(…行ってねえorz)
M7…和歌山だ…行ってないけど、わかっちゃう…くそぅ…
M8…歌詞飛ばした。あれは、知ってる。

Disc2以降はわかったらまた書くね。
今、M2琥珀のところ。
いやん、いい声(^^♪

Disc2
M9…特産品じゃなくて素直にイモを掘ったのは…どこだっけ?
M11…いかん、泣けて泣けて仕方ない…良いテイク、良い歌。
こんだけ泣ける歌なのにまさよしは泣いてない。勁い。聴いたことある…感じがする。
M12「ありがとうございました」の声付きだけど…さてどこだろ?

Disc3
M1はもう、最初からわかってるからね。大阪フェスティバルホール。
「どうあっても、音楽で返していくっていうか…」
M2 続けてのアルタイルの涙。弾き語り。まさよしの歌とギターだけの…弔い…いや、決意。
「胸の奥に刻みつけた 消えることのないこの思い抱きしめて」
M3 花火。千葉。
M4 浜松。一人Heart of Winter。ディンドン待ち。
M6 渋公。1日目。「雪降るらしい」てゲンちゃんが言ってる。
  2日目は「もう雪止んだよ」だから。
M7 聴いたことある。どこだっ?!




ああ、早くまさよしのライブに浸りたい!!
やっぱ生がいいよ~~~~!!!!!




コメント

非公開コメント