カプセルホテルっちゅうやつに泊まりました。

日記
12 /26 2013
音楽堂でのライブの日ですけれど。
なんせ3連休のど真ん中。チケット確保した後にホテルをいくつか当たってみたものの、高い。1万円越えが普通。そんでまあ、直前になれば割引価格で出るかもしれないしということで、直前まで放っておいたんです。

そんで2~3日に前から真剣に探し始めて。そこそこお安いところも出て来ていたけれど関内まで足伸ばすのも面倒だしなあ…とか、おいしい朝ごはん付いてて欲しいなあ…とか、そういう無理を考えだしてしまって。

そうしたら今までは選択肢に全く入っていなかったカプセルホテルという奴が急上昇してきまして。

男女別大浴場、サウナ。
縦に頭から突っ込むのではない、合宿所の2段ベッドのような、寝台車のようなベッド。
女性の利用率2割、ユーザーコメントもなかなか良い。
なにより、ブリーズベイホテルの宿泊客と同じ朝ごはん!

ってことで当日の朝、ホテルの公式サイトから予約を入れました。5180円。

横浜エリアで、女性も泊まれるカプセルホテルは当館だけ! 
女性のお客様限定で、お得なお値段でプランをご用意いたしました。  
しかも、こちらのお値段に朝食バイキングもついて、
☆お得さ2倍☆です。
この機会にぜひ一度、リゾートカプセルをお試し下さい。


えとね。
上にも書いたけど、部活の合宿所の高級な奴って感じなんですよ。
チェックインすると下駄箱とロッカーの共通の鍵が渡されて、それがまあ、ルームキー扱い。外出の時はフロントにそれを預けて出るっていう。
ロッカーはベッドのあるフロアの隅っこにあるんではなくてお風呂場にあるのでお風呂の支度してあれこれ持って歩く、ということをしなくて済む。
お風呂はフィットネスクラブの付属施設として作られているようなので10畳間くらいの大きさの大浴場。ユニットバスじゃないからの~びのび。宴が終わって1時前くらいに帰りついてそれからお風呂に入ったんだけれど、他にも何人かお客さんいたりしてまったくなんも怖いことや不快なことなし。

ドライヤーも歯ブラシも洗面所に有り、タオルとバスタオルと部屋着(パジャマだね)はベッドのところにセットされているから化粧品だけ持って行けば十分。
シャンプーとかはお風呂にセットされているけれど、フロントに申し込めばいろいろな種類のを出してくれるらしい。TSUBAKIとかね。

ベッドは「サータ社製」マットレスとかで、掛け布団は羽毛。部屋…キャビンに戻って数秒で爆睡だったんであんま覚えてないんだけれど、寝苦しいこととか体が痛いなんてこともなかった。うちの寝具よりよほどいいものだと思う。朝目が覚めてからは外を歩く人のスリッパの音が聞こえたけれど、気になるほどの音ではなかったな。

そして朝ごはん。8時40分までに入らないといけない、時間によると並んでいる間にタイムアップ! ってことがありえる。という情報をもとに7時40分くらいに14階の朝食会場に。並ぶことなくすんなり入れて、カプセルのお客さまはこちらですと、厨房の前を通って階段を上った部屋を案内されたけれど、それ以外は全くホテルの方のお客さまと差はなし。和洋食、デザート、フルーツ、コーヒー、紅茶、ジュース、ミルク…。おかわりできないとかもなく、朝からがっつりたっぷりいただきましたよ。



駅近、朝食付き、お風呂広くて、アメニティちゃんとあって、平日だと3000円台もある。
これから横浜の定宿にしちゃおうかって勢いで気に入りました。

まあね、千葉県に住んでて横浜に泊まるってのはおかしくないか? というご意見はごもっともですがね。
あ、そうだ。フロントのお姉さんもいい人だった!
ちょっとドキドキしながらした予約ですが、あたり! でした、はい。

コメント

非公開コメント