さかいゆう「Coming Up Roses」通常盤 AUCL-148 ¥3,059(税込)

Augusta
01 /26 2014
すごい勢いでプロモーションし続けていますね。昨日新宿でフリーライブやって今日は福岡。しかも日帰り(^^ゞご苦労さんです。(微妙に写真に写っているような…)



連日のライブ、握手会、ラジオやらなんやらのお仕事も目一杯あってしゃべりも歌もいやってほどしているのだろうにあのクオリティ。(まあ、しゃべりのクオリティは元から…ね(^_^;))疲れを知らない30代。もしくは疲れを見せない30代。素晴らしいことです。



タワレコ新宿店に着いたのは「集合時間」と示された開演30分前。お店の方が「整理券をお持ちの方は階段の方にお集まりください」って言っているところでした。整理券は持っていないのでなんとなく店内を回りながら「どのくらいの人が聴きに来るんだろう」とぼんやりと思っておりました。
開演10分くらい前に閲覧エリアに入場が始まって、200人は行かないくらいの人が入場したでしょうか。整理券のないままエリア周りの通路にいた人たちが、空いている部分に入れてもらって、それでも入りきらない人が上の写真のように周りを取り囲んでライブ開始です。


ほぼ定刻でさかいゆう登場。登場した時はちゃんと見えたお顔が座ってしまうとまったく見えなくて(^_^;)でもモニターがあるし、ビジュアルはカンケーないのでそこはストレスにはならず。

キーボード前に座って、ぽろろ~んって感じで出した音がすっごく太くて柔らかい。今まで何回か同じ場所でインストアライブ聴いたし、鍵盤による弾き語りっていうのもいろいろな人で聴いているけれど今まで聴いたのとは全く違う音色。
なんだろう、これ。設定が違う…というだけではないような気がする。そしてそれに乗っかるさかいゆうの声。それだけなのに世界が変わる。

CDではもっといろいろな音がカラフルに分厚く入っている。腕っこきのミュージシャン(まさよし含む)がさかいゆうのディレクションのもと、確かな音を創り上げている。でも、それに負けてない。
まさよしたちと同じように「弾き語り免許皆伝@Augusta」であるのだから当然っちゃ当然だけれど、これだけ忙しい中でハイレベルな弾き語りをやってのけるのはさすがとしか言いようがない。キーボードってギターに比べると工夫の余地っていうか個性の見せ場が少ないように思えるんだよね。でも、ゆうくんはきっちり「他の誰かじゃない」キーボードによる弾き語りをやってのける。

ここちよく、あたたかく、とんがって、はねて、はじける。
彼の音楽人生15年? を思って、素直に「すごいなー」って思う。そして、そんなことも忘れて音楽の豊かさに浸る。
やっぱすごいよ、さかいゆう。ほんとにすごいよ、OfficeAugusta。

6月の渋公楽しみです(^^♪

Coming Up Roses(初回生産限定盤)(DVD付)Coming Up Roses(初回生産限定盤)(DVD付)
(2014/01/15)
さかいゆう、秦 基博 他

商品詳細を見る


でもさ。MCはもうちょっとお勉強した方がいいと思うなあ。どうも上がりきれないんだよねぇ。


ところで。
2月22日。
相方が法事に行かなくちゃならなくなり。
チケットが宙に浮いてしまっています。
ご入用の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

コメント

非公開コメント