歌ってる、というより演じている。頭の中にステージが現れる♪

映画
05 /22 2014

これ↑。
届いてからずっと聴けてなかったんだけれど、今日片道1時間のドライブの予定があって。「よし!」ってCD掴んで出かけたのです。行きに日本語版繰り返し繰り返し。帰りには英語版を聴いて。

いやあ。歌っちゃうね。そら、歌うよ。だって、気持ちいいんだもん。
ハンドル握りながらだから歌詞カードは見られないんで、わかんないところ(大部分だ(^_^;))♪ふふふ~ん とか ♪あ~あ~ とか 鼻歌なのだけれど、ほんとに気持ちいいんだ。

でね。映画を見ていた時よりも言葉が入ってくるっていうか、情景が浮かぶっていうかさ。
登場人物たちはディズニーのキャラそのままではなくて、私好みにアレンジされて(それぞれ松たか子テイスト、神田さやかテイストになって)踊り、歌い…脳内ミュージカルは、もとの映画よりもずっとずっといろんなことがリアルなんだ。
だから、「雪だるま作ろう」も「生れてはじめて」も「ありのままで」も、がっつり歌いながらうるうるきちゃうんだ。


それぞれの国の言葉で歌う演じるエルサのLet It Go は、最高の贈り物!
エンディングであれをそれぞれの言葉の字幕を入れて流すのもありかな、なんて思った。世界中で、どんな言葉を使っている人も、みんなみんな、ありのままで生きていくことを高らかに歌い上げる。どんな国に生きる人も、どんな民族も涙なんか流さずに、自分を好きになって。
それって、素晴らしいことだよね。そして、それを子どもたちが観る、聴く、歌う。自分の国以外にもたくさんの国があって、たくさんの人が生きていて、みんな「ありの~ままで~」って歌う。それを、頭じゃなくて、体で、細胞で理解する、感じる。素晴らしいことだよね。何語かなんて分かんなくても、自分とは違う存在がいることをきちんと受け止められることって、とても大切なことだもの。(松たか子の声もちゃんと入ってるよ!)


ただね。カラオケバージョンは……あれは、駄目だ。歌えない! 完全なバッキングトラックで普通のカラオケのようになんとなく歌えるようなリード音がなくて。あれ歌えたら、すごいよ。トレーニングにはいいかもしれない(^_^;) アタシはフツーに、ライブっぽくていい録音だな~って聴いてました。歌おうとはしたんだ、一応。でも、無理だったorz


ディズニーオンクラシックっていうコンサートがあるんだけれど、それと同じように日本語吹き替えキャストでコンサートやんないかなぁ。イベントみたいなのでいいから、衣装とかも凝って、雰囲気目一杯だしてミニミュージカル作る感じで。
そんなコンサート、あったら絶対行きたいな~。松竹芸能さんにお願いしたらいいのかしら? ディズニーの方々にお願いしたらいいのかしら?

顔はねえ、やっぱ好みじゃないのだよ。

コメント

非公開コメント