都農の方々に…

日記
09 /02 2014
すごく優しくしていただきました。
そして都農の町の方々が「希望と太陽のロックフェス」をどれだけ大切に思っているのかも、ちょっとわかったような気がしました。

8月29日。延岡種まき当日に都農のワイナリーと道の駅に行ったんです。第1回の希望と太陽のロックフェスのTシャツ着て。
そうしたら、ワイナリー見学の案内をしてくださった方も、ショップでワインを買った時のレジの方も「そのTシャツ…」って気づいてくださいました。「来週もいらっしゃいますか?!」ってすごくうれしそうに尋ねてくださるんですが。「日曜日は無理ですぅ」としか答えられなくて。
「来年はぜひ土曜日にやってください!!」と言ってきましたがいろんなことが絡まり合って、簡単に土曜日開催とはいかないんでしょうね。

そして、その時のショップのおねーさんがライブ会場で希望と太陽のロックフェスのチケットも売っていて。私はお話しすることはできなかったんですが、都農に同行した友人が声をかけてもらったそうです。
まさよしがステージの上から「来週も来ます!」って宣伝したり、ヨウヘイのCDを売ろうとする穂苅さんの声よりもでっかい声で都農ワイナリーの方々が「来週もまさやん見れますよ~!!」って叫んでいたり、本当にあの都農の丘の上にたくさんの人が来てほしいんだなって思いました。
都農の道の駅にはもちろんたっくさんのポスター。9月7日、当日は都農のスパークリングで乾杯しながら宮崎牛で…舌鼓、と行きたいところです。

ああ、土曜日だったら行ったのに~~~~!!!!



そんで、こんなことが!

今回は、本番前日に三宅・石塚・山崎トリオで、これまで試した事のない初めてのお楽しみを宮崎のどこかで演ろう、と計画しています。ワクワクしています☆

☆JUMP風に言うと
『もしかしたら 君にも会えるね』作戦です☆

いやん。

コメント

非公開コメント