彼岸の中日

日記
09 /23 2014
とは言ってもこの時期にお墓参りしたことなんかないのだけれど(^_^;) 今日もお仕事。
それでも朝の散歩の途中でこんな花を見つけると「ああ、お彼岸だよね~」としっとり思う。

彼岸花2

ガラケーのシャメなので、ボケてていまいちきれいじゃないんだけれど、白彼岸花の群落は何とも凛とした風情で他人んちの庭なのにぎりぎりまで近付いて撮らせていただきました。
奥の木にはこれもはっきりしないけれど青柿がなってます。もっと奥の方の柿はちょっと色づいていました。

このお家の奥の方には「所以はわからないけれどかなり古くからここにあります」という説明書きの添えられた小さな祠がありました。神社…の類らしいですが個人で管理されているものだそうです。
自宅から1キロも離れていないところにあるいろいろなものを『発見』する日々です。10年も住んでるのに本当になんも知らないんだなあ~。

彼岸花1

別の一群れ。もとは地主さんだったろう大きな敷地のお宅はみんな、丹精されたお庭をお持ちでね。びっくりしちゃうような景色もあるんだよね。そんなのを眺めながら歩いてたら…

くますけと一緒に (中公文庫)くますけと一緒に (中公文庫)
(2012/12/19)
新井素子

商品詳細を見る
このお話を思い出しました。成美と裕子さんがお散歩に出かけるところ。他人んちの庭のお花で花見して、公園でお弁当食べて。気持ちのいいシーンだったなあ。


今度の休日…28日には軽食持って、タブレット持ってお散歩に出かけてみようかな。

コメント

非公開コメント