SEED FOLKS in 草津@今シーズン千秋楽♪ その1

山崎まさよし
11 /23 2014
前の秦野(10月13日)から結構日が開いたり、まさよしのこと考えてニマニマする暇などないほど多忙だったりで“千秋楽”って興奮はないまま向かった草津。穂苅さんのも「とりあえず今年の種まきはこれが最後です」的なことをつぶやいていたし、演る方も観る方もいつもどおりに、と思っていたのですが・・・やっぱり千秋楽。そして♪生まれた場所 でのライブは特別な「何か」があったような気がします。

ヨウヘイくんの「前座卒業、メジャーデビューありがとうございます」という感慨深げな語りを聞きながら「出会った頃のまさよしは、今目の前にいるこの子より若かったんだよな」なんてことを思いました。(出会った時にはまさよしは既に人気絶頂!! でしたが、23歳でのデビューというのは今考えるとずいぶんと若いですよね。今はもう押しも押されぬおっさ…(以下略))
そんな気持ちを心の隅っこに置いてヨウヘイくんへ大きな拍手を送って…さあ、ライブスタートです!

いつもどおりに、いつもどおりの曲が演奏されます。
雑踏の音の中、#9ストーリーがわずかに流れて、まさよし登場。帽子、シャツ、釣りズボン。ギター抱えて、チューニングして…足元のスイッチ、カチカチって操作して・・・

はじまりのDing Dong
コイン
Redemption Song


おや、手拍子が出ないぞ? ッて思った3曲め。
さすがに千秋楽&草津ってことでコアなお客さんが中心なのかなって思ったんだけれどそればかりでもなかったような気がします。会場が立命館大学の体育館なのですよ。平場にパイプ椅子。後方席はやっぱり見づらかったりなんかしたんじゃないのかしら? でもまあとにかく、手拍子なしのRedemption Songはちょっと嬉しかったです。

4曲目。
未完成
「男っぺーまさよし」の印象はここから急に高まりました。

んとね。
未完成を歌い始めた時に、ピストルくんのカバーした15周年トリビュートを思い出したわけです。
「ヤマさん、メジャーってなんですか?」
「これがメジャーや! ジャーン!!(Aメジャー? だったかな)」
「・・・・・・」
なんて会話をしてオーガスタを一度は離れたピストルくん。その彼が一番好きな曲だという未完成。ゲストでOKST出て歌ったこともある。その彼が再びオーガスタに、メジャーに戻って一緒のステージに立つようになり…なんてことを思うのと同時に、この歌だした時、ひょっとしてヨウヘイより若かったのか? とか(2003年5月ですからちょっと上ですね。31歳)、ペンギン抱えたあのスーツ姿は可愛かったな、とか、なんだかなんだかいろんなことをね、思ったんです。
そんでなんでこんなこと思うんだろうてぼーっと考えて思いついたのが「ああ、今日なんか若いんだ。雰囲気が」ってことで。
デビューしたばかりの後輩の姿や自分の生まれた場所でのあれこれとかからなんか刺激を受けたのかなあ、なんて考えたりしたのは後になってのこと。その時はなんだかほんとに若々しくて男っぺーまさよしにちょっとときめき始めたりしていました。

4曲目が終わっていつもどおりのMC。
草津でやるのは初めてです。初めてコンサートにいらっしゃった方? なんていつもどおりのやりとり。
草津市市制60周年のコンサートだけれどホールが改修工事中とかでここでやることになったと説明したあと。
「寒いですか?」(体育館ですから暖房はないです)
「寒い~!!」
「知らんがなっ」
(3人一斉にまさよしを指さし)
「そっちが聞いたんだろうが!!」
なんて会話をね、させていただきました(^^ゞ

条件はこっちも同じですから、まあ、歌ったりするんで多少は違うんでしょうけれど・・・
「温めてやるぜ!」なんてことは言いませんので、各自の責任で温まってください。

と、言い切って5曲めへ。

Green Bird
Flowers
Fat Mama
週末には食事をしよう
セロリ


休憩前のMCでトイレが体育館の中にはないことを客席から伝えられると「じゃあ、ちょっと長めの休憩で」なんぞということを言って袖に消えていきました。あっという間、いつものことだけど。

ぽよー!! ってゲンちゃんが雄叫びを上げると「ああ、もう1部終わりだ」ってちょっと寂しくなるんですよね。みなさんも同じかと思いますが。

休憩明けのMCではモロに地元ネタ。
草津に住んでいた頃の住所、通ってた小学校(笠縫東小学校)の話しなんかして。
「え? 笠縫東小? いくつ?」
「39・・・じゃあ、後輩・・・あ、オレ小2までしかいなかったからな」

そんで通っていた保育園、ちぐさ保育園の名前が出たら。
客席の丁度真ん中あたりから「先生がいらしてますよ!」と声が上がって。
ステージの上でぴょんって飛び跳ねて後ろに下がりましたからね、まさよし。
「ええっ?」って。
そんで
「なんで来たんですか?」って(^_^;)。(失礼だろ!)
40年近く前の教え子、保育園児のことを覚えていてコンサートに行こうと思ってくれる。なんてありがたいことなんでしょう。

あれこれ先生とのやりとりをしたあと。
「ああ、声に聞き覚えが」ってまさよしが言ったのね。
耳がいいんだなあ、ってまさよしのことを思ったのと同時に、遠い遠い記憶の中であっても確かに覚えてもらえている先生ってのは、いい仕事だなあ、って思いました。うん。

「こういう状態(知り合いがいっぱいる)だと、次の一歩に踏み出せないんですボク。なんとかして」
と、ゲンちゃんとキタローさんにふって。
ゲンちゃんが「山口でのMC一切なしのライブとか思い出したよ」なんてからかって。
キタローさんは「じゃあ、次の曲は「ちぐさー」で始めますからね。練習しますよ~。はい ♪ちぐさ~」ってHOMEへの道筋をつけます。
「なんでやねんっ!」て言いながらもちゃんと歌う準備、というか心構えを作ります。

終演後、穂苅さんがこんな風につぶやいていましたね。
『山崎まさよしSEED FOLKS草津終了しました。淡々としているようで、終演後に「『HOME』歌ったとき涙出そうになった…。♪生まれた場所から遠く離れて♪」とヤマ。SEEDFOLKSは終わりません。「今年の楽日」なのでした。参加されたすべてのお客様、ありがとうございました!』
やっぱり、生まれた場所、妖精と遊んだ記憶と、琥珀色の向かい風の中自転車をこいでどこまでも走っていた思い出とがある場所でのライブは、いつもどおりになんて行くわけがなかったんです。


お。タイムアップ。
これから長澤くんのお部屋に行ってきます。
第2部からエンディングまでは、帰ってから、もしくは明日!!

そんでは行ってきます!!

コメント

非公開コメント

ときめき・・・

あ~~
忘れかけてたこの言葉
和音さんのレポのおかげで甦っております~♪

Re: ときめき・・・

> みなさま

その2は結構あっさりになってしまって申し訳ありません。
でも、本当になんだか若くてきゅんとしちゃうよ!(それは、長澤くんの歌詞!)
FCイベントでもまたときめかせてほしいもんです(*^^)v