IN MY ROOM 千秋楽@大阪世界館

長澤知之
12 /02 2014
世界館に行ったときに友達に言われた。
「ピストルのライブの後、なんも書かれなかったから、なんか書けないくらい…だったのかな? って思ったんだけど」と。
そんなことはもちろんなく。ただ呆けていただけで。(フォローリクエストもごめん、今コメント見るまで許諾したつもりでいた。だって、ちゃんとこっちからは見えていたから。ほんっとごめん!)
んで、長澤くんのお部屋訪問ももう1週間以上たってしまったので「あれ?」って思っている人もいるかなぁ、ということで言い訳にもならないような感想的な文章をほんの少し。


えと。すごく良かったです。
どんだけ良いっていうと、最終の新幹線逃してもなんの悔いもないくらい(^_^;)

大阪遠征だったんですけれど、宿取らなかったんですよ。
8時に世界館を出れば自宅にその日のうちに帰りつけるはずだったんです。
今までの長澤くんのライブだと本編1時間45分から50分。アンコール2曲10分ちょい。とすると6時開演のお部屋は何とか…最悪アンコール飛ばしてもいいから最終で帰ろうって思ってたの。ご一緒したお友達にも「アンコールでは抜けるかも知れないんで」って言っておいたんだもの。

ところが。出てきて最初のMCで「今日は喉がどんなになっても歌いまくるぞ!」的なことをね、言ったんです。
「わ~い!!」って喜ぶ自分と「を~い!」ってやばさを感じる自分とがいて… でも、その時はぶっちぎれると思ったんです。本編の途中でも8時までには会場を出る!!  でられる、って。


でも。ダメでした。
今年前半の「ライブしたくありません」顔がすっかり影をひそめ、素直に音楽する喜びを感じている長澤くんのすっきりした顔を見ながら、その顔の前から消えるなんてできませんって。
7時半近く。ソファに座って歌われた曲。何だったか忘れちゃったんだけれど、その曲を聴きながら「これは…ダメだ、本編のうちには帰れない。」って思って。だって、だって、だって! ステキだったんだもん!! 心地良さげで、楽しげで、可愛らしくて、かっこよくて、切ない長澤くんの歌を途中でぶったぎって会場を後にするなんて、無理!!

そこで「とにかく今日中に東京まで帰れるのは何時だ?」って調べて。世界館を8時40分に出て、最寄り駅8時50分の環状線に乗ればよいとわかって、それには何とか乗ろうと思ったの。だってやらなきゃいけない仕事残してきてるんですもの!! 帰らなくちゃ!! 新幹線のチケットも買ってあるんですもの!!


でも…結局だめだったのは皆様ご存じのとおり。
大柴くんが出てきて、嬉しそうにおしゃべりしたり、一緒に歌ったりするのを見ていて「もうどうだっていいや。この幸せそうな長澤くんを見届けられれば何でもいいや」って思っちゃったんだ。
どの曲がどうだったかっていうのは実はもう忘れてる。「この曲で泣くのはおかしいだろ!」って曲があったのと、ソファで歌った曲のうちの一つが確実に私の中に杭を打ったことは覚えているんだけれど。
そのうち、プロの方が書いたレポが上がったら「ああ、これ!」って言えると思うんですけれど、今は。


幸せの記憶だけで。
うん、それで満足です。

長澤知之Ⅲ
AugustaFamilyClubで買えます。こちら

コメント

非公開コメント

承認ありがとうございますw

迅速な対応ありがとうございます(笑)
きっと忙しいんだね~と思って待ってました;^_^A

世界館楽しかったですね!(≧∇≦)
私も、今まで聴いた中のベストテイク!って思った曲が2つあったんだけど…
思い出せません💦
だから何度もライブ行きたくなるし飽きないし。
うちらいいお客ですよね~( ̄▽ ̄)

Re: 承認ありがとうございますw

> やまめさま
三日月の誓い…確か、そんな言葉が打ち上げの時にあったような気がする。
それから風を待つカーテン…これは別の人だったかな? アタシだったかな?

でもなんか、それぞれの人にとっての胸に迫る楽曲があったライブの様な気がする。
だって、長澤くんのお部屋に訪ねたそれぞれのお客様だからさ。

まさよしのOKSTのように、秦坊のGMのように、スキマのダブルスのように
ずっとずっと、いつまでも続いて行けると、いいな。