お芝居の人って偉いわ

演劇
01 /04 2015



まずは初日ってことでお土産。紅白ひよ子とステッカー。ちゃんと熨斗をつけて。


そんで「どうせ部屋で一人打ち上げなら、出待ちしてやる!」ってたくさんの人たちと共に楽屋口前に集結したんですが。


凄いのよ。待つ方も待たせる方も。
たくさんの出演者がいるわけですが、それぞれのファンの方々がちゃんとそれぞれに整列してルール(があるんだと思う)に従って待っているんだよ。

私はライブの出待ちのようになんとなく通りすぎるのをわーきゃー言って見送るのかと思っていたんだけど、違いました!「帰る」のを見送るんじゃないんです。私服に着替えての「ご挨拶」なんです! 
山口雄一郎さんは待ってたファン全員とハイタッチして消えていたんですが、「井上さんはとても丁寧にしてくれます」と隣にいた方がおっしゃって。ハイタッチだって十分に「丁寧」なのに、ヨッシーはどんなんなのぉ! ってたら……


百人近くいたであろう出待ちの人たち一人一人の前に立ち、握手をし、言葉を交わして…。終演が9時前(アマデが小学生なので、9時厳守なんです)で、ヨッシーの出待ちご挨拶が終了したのが10時5分! メイク落として、着替えてあれやこれや済ませて楽屋口から出て最後のお仕事30分以上ですよ。待っている私たちも寒いけど、列を整えている劇場の方々もヨッシー本人もかなり辛いはず。それでもきっちり笑顔で、きっちりご挨拶してくださるヨッシーと、それをきちんと受け止めているファンの方々が凄いと思います。

あ? 私?
「東京で見たんですが、あきらめきれずに千葉から来ました」って言って、柔らかい手をがっちり握らせていただきました


お芝居そのものはもちろんステキでした。大阪公演らしい開けた感じが心地よかったです。



でも。
はっちゃけたヨッシーの向こうにアッキーの姿が見えて…初演のDVDが欲しいと真剣に思いました。

コメント

非公開コメント