FCイベント サプライズ編

山崎まさよし
03 /01 2015
FCイベント@仙台前に帰りの時間を気にする書き込みをしたら、某くろねこさま(某をつける意味があるのかっ?!byく)が「帰りの時間は十分すぎるほど取っておかないと一生後悔します。」と教えてくださいまして。
イベントのラストになんかあるんだな、とは思ったのですがまさか、ねえ。

他のAugustaの方々は握手会やハイタッチ会をしていましたが、まさかあのまさよしがそういうことをするとは…スタッフからの提案に肯うとは思わなかったんですもの。
実際、小澤さんから「ハイタッチをします!」って発表があるたびにめげてる風情のポーズを取ってましたしね(^_^;)
仙台の時は「うひゃああああああああああ」で、そんなこと見る暇もなかったですが中野以降は発表の瞬間のまさよしと、それを初めて聞く友達の表情とを見ていました。
「ああ、もうホンマに…」的なまさよしと「へっ?」って嬉しいより先にびっくりしている友達と。なかなかに面白い絵でございました。仙台の時は自分もあんな顔してたんだろうなっていうのも含めて、ね(^^ゞ
会場の「きゃああ~~~~!!」っていう色めき立つ瞬間もステキだった。会場ごとの反応の違いも楽しかった。


仙台の時はもうもうもうすっごく嬉しくてときめいてなんだか地に足がついてない感じで。
まさよしとハイタッチして会場から仙台駅に向かう間、右手を自分の頬に押しつけて「にへらにへら」しまくってました。新幹線の中でこの記事を書くときも左手でぽちぽちやっていたというね。本当にアホですぅ。でもそのくらい嬉しかったんですぅ。


ハイタッチと言いながら、仙台ではちょいと握らせていただきまして(^_^;)
その手の厚みとかあったかさとか思いのほかのやわらかさとか…ひゃは。今でも覚えているっていうか、忘れらんないわ~~~~。


そっからあと。中野と高知と新潟では割と冷静で、ね。
お疲れさま! とか、ヤマショウ楽しみにしてます! とか、千秋楽おめでとう! とか声かけつつまさよしを間近に眺める余裕もありました。
最後の新潟では手をあげるのがくたびれるのか、ミドルタッチというか手を横に出してのタッチでした。
まあ、それまでも「ハイ」ってほど高いところではなくて顔の横のあたりに掲げているまさよしの手に、自分の手を一瞬合わせるって感じなんですけどね。仙台と中野では穂苅さんともハイタッチしたんだ。うふふ。

本人は結構ブルーになる企画だったと思うんだけれど、やっぱ嬉しかったです。
もう一回はなくていいけれど、私達がとっても喜んでいたってことは奴にしっかり記憶していてもらいたいと思ったサプライズでございました。
スタッフさん、ありがとう!


コメント

非公開コメント