阿弖流為2回目 上手にも花道があって…嬉しい(*^。^*)

演劇
07 /21 2015
いやいやいや。前回もね、ステキでしたよ。2階前方席から全体を俯瞰で眺めたのは「お芝居」を観るにはとっても良いスタートでしたもの。
でも、やっぱり2階は遠いから。個々の役者さんの表情とか、細かな動きとかは見えないじゃん? それがさ、もうバッチリなのよ、今日の席。上手花道で見得を切る染五郎@阿弖流為や勘九郎@坂上田村麻呂、七之助@立烏帽子、そして蛮甲、熊子を、すぐそこ! で観ることができるの!! 走り抜けていく帝軍や蝦夷たちが巻き起こす風も感じられて、ちょっと手を伸ばせばあの剣に触れることができるんじゃないかと思えるの!!
さらに照明の演出が自分をも巻き込むの。蛮甲と熊子の愛を語るシーン(!)はピンクに客席までが染まるの!!
やっぱね、前方席はステキです!!

そんで、物語自体も初日に比べてとても深くなっていたと思います。ストーリーをなぞるのでなく、あの舞台の上に阿弖流為のいる、アラハバキの神のいる世界が生み出されていたもの。
2幕後半では何度か、涙を手拭いで押さえる必要があったし。鈴鹿(七之助)のやわらかくてしなやかで、だからこそ勁い愛のかたちとか、♪単純にものを考える 田村麻呂の潔さとか、自らを祟り神とすることで北上の森を山を川を守り抜いた阿弖流為の覚悟とかが、ちゃんと、本当にちゃんと伝わってきたんだもの。

初日はね「歌舞伎役者さんが頑張っていのうえ歌舞伎やってます!」だったのね、印象として。
それが今日は。「中島かずきの脚本を歌舞伎役者がマジでやってます!」になっていたの。いのうえさん(今日お見かけしました)の演出がどれほどしみ込んだかは分からないけれど「見得を切るのは性(さが)なんです」と、自らのことをギャグというか笑い飛ばす姿勢も含めて新感線ではない、確かな歌舞伎NEXTになりつつあるかなって思いました。

残りは千秋楽。
また2階ですけれど、作品に込められた蝦夷たちの、田村麻呂の、鈴鹿のアラハバキの神のそれぞれの思いを受け止めて気持ちよく☆になれたらいいと思います。

お昼は立烏帽子弁当でした!
立烏帽子弁当
炊き込みご飯がおいしかった(*^^)v きゃあ、指が写っちゃってる!!

コメント

非公開コメント