AugustaCampネタがあれこれ出てきていますね。

Augusta
09 /09 2015
当日発売のグッズ、山崎食堂(と銘打っておいて実は今年の新しいメニューはないという(-_-;))とAugusta食堂。
Album「キギノコエ ~marimba Augusta songbook~」の発売と当日AugustaBBQステージっていうルーキーの方々のステージがあるっていうことと。
リハーサルご招待の詳細はまだ来ないけれどあれこれ決まってきてはいるのでしょう。まさよし本人は遅くとも明後日には宮崎に入って土曜日の希望と太陽のロックフェスに向けて……飲むんでしょう。

でね。
実はまさよし本人のステージのこと以外で一番うれしいっていうかわくわくしてるのがこれさ。




去年の山中湖でのオーキャンでは聴くことのなかった松室くんの歌声を、パフォーマンスを生で体験できるのがね、ちょいと楽しみなんですよ。ああ、もちろんこれはまさよしの出るYMAC本編ではないけれど。「待ってくれている人がいるあちこちに出向きたい」というまさよしの考え方からするとエクストラシリーズやAugustaキャラバンこそオーキャンなわけで。
そこで、松室くんの歌声を聴けるのがね、なんだかとっても楽しみなんですよ。

生で聴いて「あれ?」って思うか「おお!」って思うのかはわからないけれど、ゆうこさんの故郷でかなり渋い(って言っちゃ失礼か?)メンバーの中に入ってオープニングアクトとして勝負を挑む彼の姿に期待! ではあるのです。
メジャーデビューしているAugustaではすでに絶滅してしまった20代ですしね^_^;

第1回のオーキャン。1999年。富士急とか北海道芸森とか海ノ中道とか…まさよし20代だもんね。デビューして4年…今考えるとびっくりだよ。翌年の昭和記念公園でのオーキャンは一人で4万人集めたんだよ。すごいよね。長男だよね。そんで音楽が「物品として売れる」時代だったんだね。


ああ、話題がそれた。
その20代の松室くんが(あの時のまさよしのようなことは無理としても。やっぱ天才よりすごい奴だからさ、まさよしってば)勢いと思いと気負いと誇りと、自惚れとか引け目とかそういう一切合財を全身にまとってあの気持ちのいい(だろう)会場で歌う。それを生で見られる。なんだかね、そんなことがすごく、楽しみなんです。

チケットまだ買えますよ~~♪ こちら

コメント

非公開コメント