何から書けばいいんですか? なんだかどきどき満載の一日でした。

日記
09 /23 2015
えっと、まず「今日は何を見ようかな~」で始まって。
天空の蜂、S~最後の警官~、アンフェア、アントマン(このタイトル21世紀マンと間の抜けた感じが似てない?^_^;)、進撃の巨人…はないな、って感じであれこれ調べて結局「天空の蜂」。
上映開始直前に、見逃していたメールを読んであたふたしたりドキドキしたりしてそのまま映画に突入。

物語の始まり方っていうか、ある意味メインエピソードについてはかなりイラつくっていうかイガイガしてしまったし、後半始まりの流血っていうか人が血みどろになってあっけなく死んでいくのは苦手だし、最後に原作には決して入れることのできないあのことを入れるのは反則だとも思ったけれど、送信されなかったあのメールをたわごとだとか絵空事だとかと切り捨てることはできなかった。告発されている「物言わぬ民」として。「この国は…」他人事のように言うのは許されないよね。この国の主権は私たち一人一人にある。この国の「主」は、私だ。それを突きつけられる。そんなお話。
秦坊の主題歌は物語を総べる感じで流れます。八クリのようにどんぴしゃ! って感じで流れることはないんですが、物語を締めくくる非常にいい楽曲だと思いました。
あ、それとね。千葉県人&山オタだからわかるうふふシーン。靖子の車を克己が止めたあの場所が出てきます。千葉県フィルムコミッション、撮影協力富津市、鋸山なんてのが最後に出てきていましたから間違いないと思います。これからご覧になる方は気を付けて観ていてください。「おおっ!」って思うはずです。

見始める前はお昼に天空の蜂が終わってランチ軽く取ったらもう1本映画を見るつもりだったんです。でも、映画は重いし、あっちこっちメールで連絡とったりなんだりしてたら気が抜けちゃって。朝飲まなきゃいけない薬を飲み忘れているのに気づいて自宅に帰ろうとしていた途中に「今からAugustaの方々出ますよ!」ってメールいただいたりしたのもあってそのままテレビ前に。
まさよしは終わってましたが、秦坊スキマと見てその後J‐スポーツで録画予約してあるラグビーW杯対南ア戦の再々放送を見て…

勝つってわかっている試合なのにもう! すごかったよね、あれ。それなりにスポーツ中継は見ていてさ、スクールウォーズの前からちゃんと高校ラグビー見ていた人なのよ。新日鉄釜石とはそれなりのゆかりがある千葉県南部だし。
だからさ、あんだけのタックルあんだけのキック、あんだけの集中力とスピードは脅威だったわけ。すんげーって、ジャパンすげー!! って。こんなにも集中してこんなにも力を尽くしきって80分戦い切れるんだって思ったのさ。リアルタイムで見ていたら…もうぼろぼろに泣いていただろうなって、泣きながら思ったわけです。
んで、そういうことでこれからスコットランド戦を見るわけなんだけれどね。

届いていた「21世紀マン」の封を切ったのはその後。
「カゲロウっていうのは陽炎なのね、蜻蛉ではなくて」
「おまけのブックレット…いまいちだな。802の方が萌える」
「根無し草のドキュメント、PV分以上にあるはずだよね。オーキャンのDVDのおまけにつかないかしら」
「これも音がすごくいいなあ。鈴くんはいまだにモスキート音聞こえるのかしら」
なんてことをオーキャンリハについてのツイートを見ながらつらつらと考えたおよそ30分。

お風呂入ったり、ご飯の用意したりして午後8時。
スペースシャワーTVでのアーカイブス。数日前にお知らせを見たときはそんなに興味なかったんですがこんなこと書かれちゃあねえ。


で、結論。
穂苅さんありがとう! 見逃したら、録りそこなったら、大ショックだったわ!! MステのOnemore1曲は見逃しても「ま、いっか」で済むけれど、これは!! 侵入部員の映像ももちろん貴重だけれど、それを見ている今の山崎まさよしが画面の半分を占めて「まだ流すの?」とか言うんだよ。20年の時間の流れ、時間の重さ。そんなのがいい感じに重く軽く映し出されていて…すごく味わい深かった。20周年、いいこといっぱいありますよ!

8月13日にアップされていたこんな映像をみちゃったり


こんな画像を保存してみたり
蔦屋 音のない~
ツイッターでちょこちょこいろいろつぶやいたりして今に至る、と。

いやあ、充実したというかなんというかすてきな一日、素敵な5連休の締めくくりでした。



オーキャンの準備はまだなんもできてないけど…(-_-;)

コメント

非公開コメント

雨・・・。

10年前は10歳若かった(当たり前)ので、潔くサンダルで行きましたが、今回は足下冷えるの嫌だし長靴かなぁ…と思ってます。(私のレインブーツ重くって、あれでジャンプしたら鉄下駄履いて鍛えてるみたいな状態になるし、イヤなんですけど)
でもね、明日カッパ着て乾かしてたたんで、また持って行って帰って乾かして…って、ねぇ…めんど(以下略)

カゲロウは、別れ道で選ばなかった方の道を行った自分、なのかな?と思いました。
無性に会いたい人は、その頃から今までに出会ってお世話になって、もう会えなくなってしまった人達、というとらえ方も。20周年の区切りの曲と考えれば…。

スペシャ、面白かったですねぇ。初めて見るわけではないけれど。
自分の若い時の映像を自分一人でこっそり見るのならともかく、見ているところを撮られていてそれがまた流れるって、ちょっとしたイジメですよね。そりゃあ身の置き所がなくて、あんな顔になりますって(笑)

でもあのかわいさはなくしてしまったけれど(←こら!)、世の中に反抗的で自分の殻に閉じこもったような冷たい目をしたまま年を経るのは寂しいことだから、穏やかで優しい雰囲気を纏うようになれて良かったなと思います。
自分でも言ってるように、守る人ができて大事にしたいと思うと変わるもんなんですねー。

節目に立つとあれこれ考えてしまって、まとまらないことをぐだぐだ書いてしまいました。
明日、明後日と、できるだけ過ごしやすいお天気であることを祈りつつ。
み~~~んなで楽しく、記憶に残る時間を過ごしませふ♪

Re: 雨・・・。

> あんずさま
明日ですよね、問題は。
ポンチョとキャップと長靴(岩船に行くとき買った)を車に乗っけていく準備はしています。
明後日は、なんとかサンダル+靴下で行けるんじゃないかと期待してるんですけどねえ。いろいろ続きますから体をいとわないとおっかけきれないですもんね。

カゲロウはまだそこまで聞き込んでいないんですが、穏やかな曲だなと。
バラードって言っても若いころの切なさ満開、切々と歌い上げる…ではないのが大人の歌だなあって思ったくらいで。
オーキャンで歌えるほどなじんではいないでしょうしツアーでもやるかどうかわかりませんがどっかで弾き語りで聴きたいもんだと思っています。

侵入部員を見ていて目つきが、長澤くんに似ているって思ってしまうのは変な色眼鏡ですかね?
オーキャンから帰ってきたらまたゆっくり見たい番組です。