同期だからこそのライバル視と愛と照れくささと(*^^)v

Augusta
09 /30 2015
今年のRIJフェス、だったかな? その後のピストルくんのツイート。


この後、スキマからの返信的な何かがあったような気がしているんだけれど見つけること能わず。
どんな返信だったかというと「きっちり叩きのめしてやる!」的なね。売上とか人気とかから見ると叩きのめす必要などない相手に対して「叩きのめす!」と。

昨年の山中湖オーキャンでピストルがAugustaに復帰したことを誰よりも喜んでいた「同期」スキマスイッチ。そして、売上なんか関係ないところでどれだけ竹原ピストルがかっこいいか知っている、そのかっこよさにぜってー負けたくないスキマスイッチ。2002年のオーキャンサブステージから常に人の目を集め、人々を魅了してきたスキマスイッチ。
きっちり中間管理職となった今も自分たちがやりたい音楽を求め、誰にも負けない、負けたくない矜持を持つ。竹原ピストルはもちろんかっこいいけど、スキマスイッチもめっちゃかっこいいんだよ。

YMAC2013では自らの10周年で今年のまさよしの演出に影響を与えたであろう出ずっぱりシステムで6時間半を走り抜けたスキマスイッチ。今年はVHSのテープが擦り切れるほど繰り返し見たという大好きなヤマさんの20周年を目いっぱいお祝いするために気を配って、気を遣って。
基本音楽のことにしか興味ない山崎まさよしに音の出来事に集中させて、秋空のYMACを「滞りなく無事に」のレベルよりもっと上のところで完遂させたのはスキマの力、影響が大きかったと信じて疑わない私です。


だってさあ、歌のうまさは言わずもがなだけれど、彼らのステージ力(演出やトークや衣装やそんなもの全部を含めて)はすごいもん。今回セロリという誰もが知っている、今までAugustaのみんなで散々やってきた曲をオールスターズではなくてスキマとのセッションに選んだのも、そんな力を信じてのものなんじゃないかなあと思うわけさ。

イングリッシュマンインニューヨークは金曜日、リハーサルに行ったときに聴いたんだよ。ステージ裏にある第一駐車場に車止めたらくっきりきっちり卓弥の声、まさよしのギター。あら、これ卓弥に歌わせちゃうんだ…で、うまい! あのギターの後まさよしの声が聞こえてこないのはなんかちょっと変なんだけれど、さっすがにうまいんだもん、そりゃあ聞き惚れるよ。
当日スクリーンに映る卓弥の、まさよしの、シンタくんの楽しそうな顔見ながら聴くそれはもう、もう、もう最上の洋楽でした!!

オールスターセッションの時の気配りは誰の目にも明らかで。でも音を出すことに関しては絶対誰にも負けたくなくて。同期のピストルの力を誰よりも認めていて、認めているからこそ絶対負けたくなくて…すごいアーティストだと、とっても素敵な後輩で先輩で息子で父親だと、彼らがAugustaに入ってくれて本当に良かったと、心の底から思います。
まさよし10周年のヨコハマYMAC。自分たちだけ呼んでもらえなかったことがすごく・・・・・・だったと、どこかで読んだことがあります。解散の危機があったのも知っています。でも、そういうことを全部乗り越えてゆるぎないスキマスイッチであり続けてくれることが本当にうれしいです。

2002年のマリンスタジアム・サブステージで「あの、アフロの人たちが一番いいね」って言ったアタシたちの直観は間違いではなかった。うん。スキマスイッチ、すっかりきっちり素晴らしく素敵です!!

あ、横浜なのに雨降らなかったのは2005年に参加しなかったスキマのおかげか?! 呪縛、切れた???(^。^)

コメント

非公開コメント