ローソンに入っていったら何やら聞き覚えのあるメロディーが流れてて…

日記
10 /25 2015
電子音というか合成された音で。
「聴いたことある…んんん~ いつで~も…ああ、One moreか」
まさよしの声であれば、いや、ギターであってもまさよしの弾くそれであればワンフレーズどころかイントロの戯れ弾きの一音、歌い始めの一声で何の曲かわかるものは結構あるのだけれど、駄目だねえ。ただ単にメロディー取り出してなぞっただけのものではなかなかわからん。

このままこのまま (SPACE SHOWER BOOks)」のなかにこんなフレーズがあるんです。
『20周年を迎えて思うのは、俺の声は、ほかにどこにもない。俺が歌ってる声はおそらく今後出てこないと思う。だからこの声でできることをやっていけばええんやろな。この声で歌えること。
たまに自分の歌をカバーされるけど、いや、ちゃうねん(笑)。うまいけど、君、それやったら伝わらへんやろ、っていう。』
そういうこと、なんだろうなって思う。いい歌、普遍といえるものをつくってきてはいてもやはりそこにあの声は不可欠というか、あの声で歌われるからこその普遍というか…。



ま、言い訳はいいよね。
要するに『山崎まさよしの歌』を聴きたいのさ。
セトリ、どんなかな?
21st 世紀男、根無し草は最新シングルだからやるとして、周年ライブでは必ずやっていた月明かりさん、みんなが知っていて初めての人も聞きたいだろうセロリ、One more、ライブ定番曲のうちのいくつか(パンとかDOMINOとかアレルギーとか)あたりは入るのかなぁ? それ以外にどんなのが入るのかなあ? うたたねとか青いタペストリーとかいわゆる新曲もやってくれるかなあ? 今までライブで聴いたことのない曲とかめっちゃ珍しいカバーとか…
そんなことを考えるのも楽しい、ツアー開始前です。
"Twenty First Century Men" TOUR 2015-2016初日まであと4日。




この2枚からの楽曲が多いと嬉しいかもぉ。

コメント

非公開コメント