YM21横須賀。穂苅さんがネタバレしちゃった曲の件

山崎まさよし
11 /25 2015
いろいろなご時世でということで変更になったあの曲ですが。





全部追記になります!






二人でParisに行こう、はいくらなんでも歌うわけにはいかないだろうということは予想がついて。
でもそれを何に変更するかは予想がつかなくて。ミディアムテンポの明るめの曲、ってことを考えれば中華料理に行くことは予想がついてもおかしくはないのだけれどまったく浮かんできていませんでした。
ゲン子ちゃんとの小芝居が入ることを考えると、他の曲がまったく浮かんでこなかったのですよ。

でも、始まってみれば。
確かに同じテイストで、ゲン子ちゃんとの芝居もそれなりに(あくまで「それなり」ね)はまって。最初からこれでしたよ、って言われても納得できるはまり具合でした。
今回のセトリを決めたのはスタッフたちだそうですから、この差し替え曲もスタッフが決めたのかしらね?

ちなみに小芝居の始まりに「ヨーコって寝言で呼んでたわよ!」ってゲンちゃんが言ったとき何のことかわからなくて、一瞬…変なことが頭をかすめたのは…私のよこしまな心のせいです。「そうよ! ヨーコ、ヨーコって」まで言われてやっと「ああ、港のヨーコ、ね」と気づいた昭和の女です。
(多治見では11月22日ネタで…こっちも一瞬…以下略)

歌が始まって思ったのは、1週間前に見た月とキャベツ。
ヒバナが歌う
♪何も言わずに~
に、へたくそ! って反応する花火。
若い、若い二人。
互いを思う気持ちが生きることのすべてだった日々。

月キャベ自体は撮ってから来年で20年。ヒバナも花火もその分だけ歳を重ね、目の前で歌っている人は確かにいいおっさんになっているけれど画面の、いや、あの伊参の空気の中の二人は永遠にあのまま、なんだよね。
月キャベのことを「エバーグリーン」って、いつだったかまさよしがラジオでしゃべっていたよね。変わらない、決して色褪せない。どんなに時が経っても伊参スタジオに飾ってある花火のTシャツや、ヒバナのワンピースが色あせても、あの映画の世界、そしてそれを見たときの私の、私たちの思いは変わらない。
来年、本当に映画祭に行っておくれよまさよし。変わらないもの、変わったもの…見せておくれよ。



そんな思いを抱きながら聴いたOnemoreは…
♪これ以上何を失えば
の意味が違って聴こえました。

伊参で、ヒバナを思って歌ったOnemoreでは「失うもの」のすべてはヒバナでした。ヒバナを失うことが花火の、まさよしのすべてだと感じていました。でも、今まさよしが歌う「失うもの」は誰かひとりのことではありませんでした。若い情熱を持つラブソングではありませんでした。人は誰もみな、歳を重ねることによって「失うもの」が増えていきます。まさよしも、私も、誰もが何かを失う悲しさ、哀しさを否応なく受け止めなければなりません。
それがあの日のOnemoreから感じられたのです。

生物的な意味で「命が繰り返す」ことはありません。でも、誰かを…失ってしまった誰かのことを「探している」人がいる限り、その命は繰り返されるのだと…本当の意味でなくなる、失ってしまうことはないのだと…思います。
ア・リ・ガ・トと続けて歌われる意味も、そこにあるのではないかなと、考えたあの日、そして今日です。



コメント

非公開コメント

ご無沙汰しすぎちゃってます

今回のツアーは一回しか行けないんですけどネタバレ大丈夫な私、いつも楽しみに読ませてもらってます♪
よこしまな心ですか?
それなら和音さんより私の方が勝ってるかも~ 笑

20年の時を経て

歌うまさやんも受け取る私たちもこの歌が持つ懐の深さに気づいたのかも知れませんね。それが名曲と呼ばれる所以なのでしょう。

話は変わりますが。

和音さんのブログ、私は好きです。一緒に乙女心を共有したり(笑)、ハッとするような物の見方に考えさせられたり。これからも楽しみにしています(^_^)

Re: ご無沙汰しすぎちゃってます

> みなさま
一回だけですか? それは…
すいません。私、半分超えて19回の予定です。ごめんなさい!!

よこしま…恋ですもんね。よこしま、ありですよね(^_^;)
恋ですもの!!!!
週末、また壊れさせていただきます!!

コメント、本当に、本当にありがとうございます。

Re: 20年の時を経て

> ヤマンサさま
これらの曲を20代半ばでかけてしまった山崎まさよしという才能に巡り合えた私たちの僥倖。
それを思わずにはいられません。まさよしを知って、まさよしを通したつながりを得て。
今の私が私としてあるのに「山崎まさよし」という存在と、それを通して出会った人たちの
あんなことやこんなことは絶対必要だったことで。これからもそれは続いて行って。

これからもよろしくお願いいたします。
どっかで必ず打ちあがりましょう!

そして。
コメント…ありがとうございます。
本当に、ありがとうございます。