YM21 舞鶴公演 さて、どう書いたものか?

山崎まさよし
01 /11 2016
名古屋公演に参加した友達からの報告はもちろん、公式を含めたツイッター、フェイスブック、2chまで全ての情報を断って臨んだ舞鶴公演。二人でどうするのかと思っていましたが、そういうことをやる……やれるんだと感心したり大変だろうなぁとちょっぴり同情したり。
アンコールで出て来たキタローさんが帽子かぶってなかったので「帽子は?」的なジェスチャーをしていたらまさよしが気がついてちょいと身振り手振りで会話したりなんかして、それでもどきどきしない自分に驚いたり。
地元の方々が多かったのかキタローさんが「初めまして」なんて挨拶したり。16年ぶりの舞鶴公演はLIP買わないとなとりあえず、と思わせる2時間半でした。

それにしても珍しいものを見せていただきました。見せていただきましたが習志野以降もゲンちゃんが復帰できないなら是非とも代役を立てて普通のライブをやっていただきたいと切に思います。
「大人の事情があるんや!」とまさよしは言っていました。その中で最大限の努力をしてくれたのではあると思う。穂苅さんが言っていたように「どうにか満足してもらえる」ように頑張っているのはわかる。イヤなこともちゃんと我慢していたし、キタローさんに「大変だね」なんて話かけたりして。
でも、やっぱりあれは緊急避難であって、これ以上は勘弁してほしい。習志野、マイバースデーイヴ。頑張って取っていただいた良席。
「どうにか満足」ではなく「本当に満足」できるライブをしてほしい。だって、大人の事情は客にはカンケーないんだから。



キツイね。この文章。
でも、やっぱ昨日のライブはライブ自体の点はせいぜい65点…かな?



追記にセトリ載せます。
ネタばれは追記の方にちょこちょこ追加して行きます。
とりあえずいっぺんアップします。





舞鶴セトリ

日替わり曲はシチュー。
他は大宮(だと思う。年末のって言ってたから)と同じです。

大阪の日替わり曲は僕ここ。
「凄く良かった。うるっと…」ってキタローさんが言ったくらい良かった。


えと、どんなライブだったかという情報を持っている方もいらっしゃるとは思うのですが一応。
抜けたゲンちゃんの音をゲンちゃんの音で埋めたっていうか、大宮ライブの録音の中からドラムの音を取り出して、そこに二人の音を重ねるという「時を越えたセッション」をしたわけです。どんな大人の事情があり、だれが思い付いたのかはわからないけれど、とにかく録音してあるものをイヤモニ通してまさよしたちが聞き、それに合わせて演奏をし、両方を客席に音として届ける。

でもさあ、そんなことが簡単にできるわけはなく。名古屋もぼろぼろだったそうですが、舞鶴でも、「ん?」続出だったわけです。
ア・リ・ガ・トなんて歌い出しのタイミングがずれて「もう」が歌えなかったんだから。
他にもドラム始まりではない曲、途中にブレークが入ったりお遊びが入ったりして一定のリズムで演奏すればいいのではない曲などはまさに綱渡り状態で。アンコールの1曲目。振り向かないのハープとかさその日その場で違ってこそ命なのに、同じ拍で同じタイミングで歌に入れって言われたってねえ。

イヤモニつけるの嫌いだっていつも言ってたのにそれをつけなければならない。「これつけると客席からの音が聞こえないんです。すごいストレスです!」って言ってたもん。
なまじ録音があるから…っていうのは私たちの勝手な言い分ではあるのだけれど、凄いこと思い付いた人がいるもんだ。取り出した音もドラムはラインで録るのではなく、空気ごと録音してあるのだから、ゲンちゃんのコーラスとか、雄叫びとかやたらでかいベースの音とかも小さくではあるけれど入っているの。そこも含めてステージを作り上げていかなければならないってさあ。凄いことだよ。耳の中で鳴っている音に合わせて、あの日の自分の演奏をなぞって。そりゃあ必死! でしたよ。必死さが一番の“ライブ感”でした。舞鶴では。


で、今日です。
切り替えたのは「考え方」だと思うのです。録音してあるゲンちゃんのドラムに合わせるのではなく、自分たちの演奏にゲンちゃんの録音してある音を乗せる。ドラムがなくても成立するものはドラムなしでやる。
ア・リ・ガ・トは弾き語りになりましたし、星空ギターはパーカッションなしになりました。振り向かないはドラムの頭に合わせてまさよしのハープが入るのではなく、ハープのあとにゲンちゃんのドラムを開始するという塩梅です。
早口言葉とかは変えようがなかったのですがギターソロや細かいあれこれは変えてきてました。というか、いつも通りに好きにやってました♪ ああ、これがまさよしだ! って思いました。
曲終わりの決めの足上げは、ドラムの方を振り向いて(ドラムは置いてあります。いや、セッティングしてあります。照明も当たります。)「今かな? 今かな? よしっ!」的な動きになるので、そんなに派手なことにはなりません。仕方がないことでしょう。


キタローさんが「珍しい経験ができました。ゲンちゃんありがとう!」って言ったらまさよしがこう切り返しました。
「そのありがとうには、ばかやろうも含まれてる?」
それには直接答えなかったけれど、ダブルアンコール前に一人早めに出てきて「本当に、健康にだけは気を付けましょう」だったかな、そういうことを言ったんです。まだアナウンスはされていないけれど、どう考えても習志野での復帰は無理。(四日市もやばいらしいことがゲンちゃんのフェイスブックに書いてあった。)それは、愚痴の一つも言いたくなるよね、って思いました。

コメント

非公開コメント