家康が図書館を?!@ヒストリア

テレビ
02 /10 2016
歴史の授業ではそんなこと教わらなかったぞ!

ワシはコレで天下をとりました。
~徳川家康の読書愛~
あらすじ
戦国の世を制した徳川家康、織田信長・豊臣秀吉のようなカリスマ性のゼロの家康が武器にしたのが“本”でした。エラソーな訓示のネタ元から政戦両略のヒントまで何でもカンでも「吾妻鏡」「論語」など本、本、本!しかし、本の知識ではどうにもならない事態に直面した家康が、最後に頼ったものとは?



家康の図書館は1万冊も蔵書があって、貴重な本は写本を3冊作って幕府・朝廷・家康(徳川家ってことかしら?)がそれぞれ所蔵したって。
幕末には11万冊??!! しかも家臣は閲覧自由?? ええっ?! 出版も??!! 誰もが本を読み、学べるように??!! 8代将軍吉宗(紀州和歌山出身 今年で将軍就任300年! って和歌山市内に一杯旗が立ってた)にも引き継がれた??!!
それで日本の識字率が上がって、庶民まで本を読み書くようになった?! 
てことは、このタヌキおやじ、かなりかっこいいじゃないか!!

家康
本好きの国文学科生として、一応司書の資格を取ったりしたんです。(役に立ってることはあんまりないけど)欧米における図書館の在り様と日本のそれとの大きな差を学ぶにつけ「どうせ日本じゃ」的な意識を持ってしまっていたんだけど、家康ぅ! すごいじゃないか、君!(誰や、おまえby家康)

図書館が上流社会の人々による知識の専有化のために使われるのでなく、広く一般社会に知識や知恵を行き渡らせるために活用されたって、すごいよねえ。
お芝居や絵画や読書を楽しむ力を庶民までが持てていた日本の形を作ったその最初が徳川家康って…なんとも面白いなあ。

日本人の娯楽と教養の、親……ってか?!

コメント

非公開コメント

私も観てました!

なんで家康が関西弁やねん!ってツッコミつつも、なるほどーと思いながら観てました。
江戸→日本の識字率が非常に高いのは、家康のおかげっていう話もありますね…

欧米では、リビングの本棚で自分の信条や哲学、知識を表すんだそうで。
うちの本棚、すごいことになってるわ。なんちゅう節操のなさ。
硬軟、新旧、洋の東西を問わず、とっちらかってます(笑)

木曜10時の「ちかえもん」も面白くて、珍しく欠かさず観てます。
近松門左衛門が曽根崎心中を書くまでの爆笑フィクション。
かなりクセがありますが、松尾スズキの近松がめっちゃお茶目です。

根っこと翼

今日、ふらっと入った地元の小さな本屋で、「皇后陛下 美智子さまとご本~心に寄り添う本の力」という文字が目に飛び込んできました。

重く大きな家庭画報3月号の創刊記念企画記事です。
身分を隠して1日過ごせるなら何がしたいかと問われ、隠れみのを着て古書街に行き「もう一度長い時間をかけて本の立ち読みをしてみたい」とお答えになったというほど読書好きの美智子さま。

「生きている限り、避けることの出来ない多くの悲しみ」に、「でんでんむしのかなしみ」を始め、出会われた多くの本。
同じく本から得た「喜び」についても。春の到来を告げる美しい歌(志貴皇子のさわらびの歌)や詩や数々の読み物。

東北の被災地のこどもたちに、大人に、ボランティアに。寄り添う深いお気持ちを込めて、何年にも渡って少しづつ送り続けられた19冊の本のリスト。

根っこと翼を授けてくれる読書。私も、増え続け、雪崩つつある本たちに助けられ続けてきました。
とても読み応えが。人として仰ぎ続ける美智子さま。今、読めて本当によかった…。思わずまどみちおさんの翻訳やいくつかの本、もってなかったのを書店に取り置き電話を。

…全然関係ないですが。つれあいと安産祈願に行ったのは、家康の母君が安産祈願されたという、果てしなくきつい階段の山奥のお寺でした。

家康贔屓なので、びっくり、うれしい記事でした。ありがとうございます!

Re: 私も観てました!

> akoさま
うちの本棚…というか今はもう入りきらないんであちこちに置いてあるんですが、やっぱり他人様に見せるのは…ははは^_^;
節操がないというよりも偏り過ぎているっていうね。
それでも家康さんがあれこれやってくれたおかげで私のような下々でも書を読む楽しみを得ることができたっていうのは、嬉しいことです!

そんで「ちかえもん」観てますがな!!
木曜8時、ですよね?
松尾スズキの演技もそうですが、音楽担当の宮川さん、もしくは演出の梶原さん川野さんの選曲のセンスに毎回ぶっ飛んでいます。
正統派時代劇も欲しいというかNHKしかそれはできんだろとも思うんですが、こういうぶっ飛んだドラマもまたNHKしかできないんだし、と時間が許す限りあははと見ています。

Re: 根っこと翼

> miyuさま
「でんでんむしのかなしみ」という本のことを知った時はなんだか「ああ、そうだよな」って深く深く「そうだよな」って思った記憶があります。
本を読むことの歓びと生きることの切なさを大切にすることはとてもとても似ている気がします。震災後に行われた様々な団体の「本を贈ろうプロジェクト」のいくつかに参加させていただきました。腹の足しにはならないけれど確かに何かを満たす読書という行為の本質に触れた気がしました。

ここにいらっしゃる方もまさよしネタだけでなく読書ネタ、本ネタでいろいろ盛り上がったりする読書家の方がたくさんいらして。(もちろんmiyuさまもね!)志貴皇子は大好きだし(采女の~がベストです!!)みんながいろんな思いを抱いてそれぞれの読書生活を送れている今の時代は嬉しい時代なんだろうなって思います。

おつれあいさまと安産祈願なさった思い出を呼び覚ますきっかけにこの記事がなれたのなら幸いです。
金土と行った関西出張では秀吉びいきのあれこれをたくさん聞いてきたんで格別な家康びいきの気分にはなりませんがそれでも、それぞれの時代をそれぞれの思いで必死に生きた人々の在り様に思いをはせて。

京都でまた目いっぱい楽しみましょう!!