女子会の家呑みは片付けがいらない。

食べるもの・飲むもの
05 /22 2016
なんでって、お客様たちが片付けてくださるからです。ホステスである私がやらなきゃいけないことなんですが、もう皆さんよく動く! 主婦とか一人暮らし女子とかですから手際もいい。ごみの分別も残り物の処理もきっちりです。さらに余ったお料理、おつまみは置いて行ってくださるのでこの後数日は手の込んだお料理やちょぴりお高いおつまみを楽しむことができる。なんて素敵なんでしょ!

今度は夏にやりましょうね~!(そのころにはまた部屋が…でしょうから^_^;)

家飲み
持ち寄ってくださったお料理。なすの揚げ浸し。生姜とニンニクと唐辛子が効いてる!
かぼちゃのサラダ。ナッツが入ってるのが意外! 歯ごたえと風味が抜群。泡にあう!
野菜のゼリー寄せ。ゼリーがやわらかくってテリーヌのように切り分けられなかったのだけれどクラッシュゼリー風になってこれはこれでいい感じ。野菜を食べてる感が半端ない。

家飲み2
豚の角煮。やわらか~! 日本酒が合う!
そら豆はもちろん採りたて! 茹でただけだけど、初夏の味覚満載です!
右端のはキュウリとアワビ(!)サザエ(頭の中はサザエなのにアワビって書いてた…あかん!)の酢の物。「小さいのをたくさんもらったのよ~」と普通に言えるのはさすがの館山市民!
クリームチーズは桃の香り! 女子の飲み会だわ~と嬉しくなったり。
左の隅っこに一枚だけ黄色い皿に乗っているのはセントシュバインという南房総市にあるハム工房のペッパーベーコン。うまいよ~。房総半島は酪農も養豚も盛んですからね~。
海の幸、山の幸…なんて素敵な房総半島!!


家飲み3
私が作ったのはこの3品。
スペアリブの揚げ煮。かかっているのは黒七味。この間京都に行ったとき買ってきた。
つまみ菜とアボカドのサラダにはしらすとノリをたっぷりのせて。福田農場の甘夏シーザードレッシングとわさび七味(これも京都で買ってきた)をかけていただきました。本当はルッコラでやりたかったんだけど、近所のスーパーにはルッコラは売ってなかった。
新玉ねぎと鶏肉の燻製のマリネはミツカン カンタン酢レモンと「~光と風のエッセンス~ 瀬戸田レモン」とクレージーソルトで。さっぱりすっきりなお味です。アクセントには清美を入れたかったのだけれどなかったので(季節が過ぎた?)「しらぬい」という清美とポンカンを掛け合わせたというちょっと甘めのミカンをいれました。

飲み物はワインばっかり4本。そのうち3本が都農。赤の泡とマスカットベリーAの泡とシャルドネエステート。もう1本はお客様が持ってきてくださった甲州・酵母の泡という白の泡。透明度がすごく高くてね。日本酒みたいな色でしたよ。



本当においしかった! 楽しかった! お腹も心も満腹、幸福でございます!!


あ、トコブシの煮つけ撮るの忘れた。

コメント

非公開コメント