太田さんの居酒屋についての文章が好きなのはこういうことだったんだろうな。

読書
06 /12 2016
これを昨日読んでいて

「ああそうか」って膝を打ったんです。
「楽しみ」について同じスタンスなんだ、太田さんと私ってってね。

文章に書き起こすとちょっとあれかな、って思ったんで該当ページの写真で。
ひとり飲む、京都 p85

「客と主人」
「客とアーティスト」

うん。
きれいごとでもいい、っていうかきれいごとでいたい。
うん。

きれいごとを通せる、いい関係のお客さんでいたい。あなたとも、あなたとも。

コメント

非公開コメント