選挙の日の〆に観ているYM21NHKホール公演

日記
07 /10 2016
選挙特番もちょっと見たんだけど(テレ東@池上無双)なんだかちょっと味気ないっていうか、違うんだよな~って思って。録画一覧から日テレプラスの21世紀マンツアー@NHKホールをチョイス。今はペンギン;wowowoって腕振る会場にほっこり微笑むまさよしにうふふ中。

朝のうちにウォーキングかねて投票に行って、洗濯してピクルス作って(季節の野菜はゴーヤ)スペアリブを夕飯にするために特製簡単つけだれに付け込んで毎日かあさん読んで泣いたりなんかして午前中を終えて。
今年初の冷やし中華でお昼ご飯済ませたあとに「オーキャンDVD、観よっかな」ってラックを探して。2001~2008のを観ようか2001年から順番に観て行こうかって迷って、結局何も観なかったっていう(^_^;)
ちとせデビューの2001年もよかったし、2002年のサブステージ組(野狐禅、スキマ、サンサン)もよかったし、2003年もとんで2009年からのももちろんよかったしで選べなかったんだよ。まさよし単独のあれこれも同じラックにあるしスキマやシカオちゃんや福耳のDVDもあるしさ。SHIROHも紅天女もハゲタカもあって…だからどれも観ないで何となくぼーっと午後を過ごしたというわけ。お仕事もちょっとしたし、こまごました家事もしたし暑かったし。

それにしても。どうしてこうにっこりできるんでしょうね、ライブ映像観ただけで。「歌ってるだけでスペシャル」ってまさよし本人が言っているけれど本当に奴が音楽に触れている、お客さんと共に鳴っている姿がこんなにも素敵なのはなぜなんでしょう。一般論としてはそんなに「素敵!」ってわけじゃないのは十分に承知しているんだけれど、なんだかね、なんだか本当に涙が出るくらい素敵なの。惚れた弱み? それはそうなんだけれど、それよりもさらに、なんて言うんだろうライブやっている時のまさよし自身の「楽しい!」オーラっていうかそういうのが満ち溢れているのが一番の理由だと思うんだ。山崎まさよしって存在を「知ってるよ」程度の人間であってもあのライブの魅力にはあらがえないっていうかさ。キタローさんもゲンちゃんもとっても楽しそうだし!

…やっぱり惚れた弱みですか? ま、仕方ないわな。客観性ってのは1998年の10月辺りに置いて来ちゃってるからね^_^;

そんでこの日はP2列下手っていう素敵な席で。あんなことやこんなことや、あんな表情やこんな表情や、あんな音やこんな音をきっちり味わうことができてですね。それを反芻しながらテレビ画面を見ることでさらにさらにさらに幸せ感が深まるっていうか、なんだか泣けてきちゃうっていうか…



ライブDVDがほしくなって「まだ間に合うっけ?」って検索したのは、内緒ね^_^;


このライブDVDは持ってます!
観ないけどね、めったに(^_^;)

コメント

非公開コメント