きんぽうげって言ったらバタカップ、だよね?

日記
07 /11 2016
いや、サダさんのブログ「サダヨシの定義」でね
『女こどもは読んじゃダメ。

きんぽうげ!
好きだった!』

って書いてあってさ。
女こどもが読んじゃいけない本というのがどんな中身なのかはわからないけれど「きんぽうげ」ってセリフにね、反応しちゃったわけ。

「まだきんぽうげの話でしょ!」


これ↑ね。

凶悪な犯罪組織の人間から自白剤うたれて、何でも話し始めちゃうあゆみちゃん。
あゆみちゃんが火星で飼っていた猫の名前が「ばたかっぷ」。
「ばたかっぷってきんぽうげのことなのね。や~い、知らなかったでしょ。
そんでばたかっぷはとってもかわいい、んと、かしこい猫だから伝書猫を…」
ってな感じでしゃべり続けるんですねえ。けっこう緊迫のシーンなんですが(^_^;)

犯人側が「そんなことはどうでもいい!」って聞きたいことだけ聞こうとすると
「まだバタカップの話でしょ!」
ってキレ気味に話し続けるというね。

当時(発売と同時に買ってます。実家に初版があるはずです)の私にとって犯罪組織とか人質とか拷問とか自白剤とかってすごく凶悪な印象があったのだけれど、この素子さんの描くあゆみちゃんの完全ンコメディ描写で印象変わりましたねえ。
いま読み返してもきっと素敵ににこにこできると思います。




サダさんのたった一言「きんぽうげ!」で、ここまであれこれ思い出せるのは、新刊が出るってことでいろいろなツイートとかを見ているせいかもしれません。
ダイエット物語 - ……ただし猫
ミニトーク&サイン会にも応募しようか迷い中、です。

中年期にさしかかれば誰しも経験する、親の問題、そして自身の健康の問題。
深刻な問題も明るい筆致で描きだす傑作中篇小説集。

本書『ダイエット物語......ただし猫』(中央公論新社 1620円税込)の刊行を記念し、新井素子さんをお招きしてミニトーク&サイン会「新井素子のなんでも質問箱」vol.2を開催いたします。

当日、開場予定の18時30分からイベントスタートの19時までの間、イベント参加の皆様から新井さんへの質問を受付けます。会場に紙と鉛筆の用意がございます。
30分ほどのミニトークのあと、時間の許す限り、新井さんが皆様からの質問にお答えいたします。

店内でのイベントです。50分ほどのトークのあとサイン会となります。
ミニトークのみ参加できる券と、書籍付きでトーク後のサイン会にも参加できる券がございます。
下記参加方法をお読みください。

【参加条件】
2016年7月9日(土)朝7時より、代官山 蔦屋書店 1号館1階レジカウンターもしくはお電話にて、ご予約を承ります。
トークショーのみのご参加券(1000円税込)、
または、トークショー+サイン会に参加できる『ダイエット物語......ただし猫』付きのご参加券(2500円税込)をお買い上げになることが参加条件です。
オンラインストアでもお申込みいただけます。


勤務時間終了後、女子更衣室で電話しました。「終了です」って言われるのを恐れていたんですが。
あにはからんや、20番にも届かず。……いいのか?
当日18:30から到着順の入場となりますということでしたから、お仕事終わらせてそっこー代官山に向かいたいと思います。いつかのオーキャンの夜以来の代官山蔦屋。迷わないように…頑張ります^_^;

コメント

非公開コメント