出ますよ! 「星へ行く船」@新井素子

読書
07 /30 2016
今朝、素研さんがリツイートしてくださいまして、知ることができましたヽ(^o^)丿



9月12日〈月〉と言えば、希望と太陽のロックフェスの翌日。発売日と店着日って、本の場合店着日の方が遅いらしいから宮崎からの帰り道に買ってくるっていうわけにはいかないんだろうな。

発売直後の週末にサイン会とか…あ、オーキャンと新感線だ…
地道に地元書店かアマゾンに予約入れとくか。

ああ、それにしても「新装版出るよ!」って聞いてからどんだけ待ったでしょう。書き下ろしの水島事務所の面々のお話も楽しみで仕方ありません。
30年前の彼らの、若い若い彼らの躍動をセピア色のフィルムではなく、今まさに目の前にあるフルカラー、ハイビジョンいや4Kで味わいたいものです。



ところで。
ダイエット物語 - ……ただし猫」ですが。


ちょっとネタバレなので追記でね。




笑える闘病記を目指したって言う素子さんの意図は十分に伝わってきます。
猫ズの行動も、だんな様の意識の変化も、素子さん陽子さんのありゃりゃも楽しく読めます。「未来へ・・・・・」のサイン会の時の旦那様の体型の変化の原因がよくわかるし、明るく楽しく読み切ることができます。

できますが。

ちらっと、さらっと書かれているだんな様の意識変化の直接の原因――だんな様のお父さん、お母さん・陽子さんの義父母の病気――については、笑えないです。笑うのは無理でしょ。さらっと書かれているけれど、そんで「介護離職しないですみました」って書いてある通り二人の生活は基本何とかなったのでしょうけれど、凄いです。テレビとかドキュメント作ったら「悲惨!」「壮絶!」を売りにして視聴率稼げますよ。
読んでいる私たち世代にとっては他人事として読めるほど遠い世界の話じゃないですもん。さらっと書かれていてもその情景や表情や匂いや…リアルに感じることができてしまうから。8月8日にそこいらへんのことも聞けるかな…辛いかな。


みんなが幸せに暮らせますように。

コメント

非公開コメント

読み終えました

何とかトークショーまでにはって思っていて、で、サクッと。
うん、時折笑いながら。

そしてそのなかで。
和音さんと同じところで引っ掛かりました。現実と重なって違うけど重なるから何とも言えない気持ちになって。
うん。その上で、ね。
こうして小説とはいえ笑いの中にさらりと紛れ込ませてしまえるご夫婦のつよさ?も、感じました。
いつも最初に読む、というか聞くのはご主人でしょう。すごいな、と。
見習いたいな、とも。

8月8日、きっとまたたーさんもいらっしゃるよね(^^)

Re: 読み終えました

> ゆきゆきさま

> こうして小説とはいえ笑いの中にさらりと紛れ込ませてしまえるご夫婦のつよさ?も、感じました。
ああ、そうえすよね。きっとすんごく辛くて大変で切なかったりやるせなかったりするのをご夫婦で乗り越えるって意識もなくやり過ごしていけるのは「ふたり」だからですよね。
私には決してわからない「夫婦のつよさ」。

あんなに辛いだろうことが書いてあっても、楽しく読んであははって笑って気持ちよく読み終えることができるってホントすごいですよね。一人じゃないからできること、二人だからできること。これからもずっとそれを味わって行きたいですね。
8月8日…レポ頑張ります!!!!