秋の夜長をしっぽりと・・・ね。

山崎まさよし
10 /27 2016
配信限定アルバム、だそうで。先週出たんですね。

選りすぐりの秋のうたをスペシャル価格でお届け!!
秋の夜長をしっぽりお楽しみください♪
「Autumn Songs-Live Selections-」
1.僕はここにいる(Transit Time ver.)
2.やわらかい月(HARVEST~LIVE SEED FOLKS Special in KATSUSHIKA 2014 ver.)
3.月明かりに照らされて(Transit Time ver.)
4.愛のしくみ(心拍数 九州・沖縄ver.)
5.十六夜(WITH STRINGS ver.)
6.星に願いを(Concert at SUNTORY HALL ver.)
7.心拍数(心拍数 北海道ver.)
8.ふたりでPARISに行こう(Concert at SUNTORY HALL ver.)
発売日:10/21(金)
アルバム価格:1050円(税込)



パリがどうして「秋」なんだ?! って突っ込むのはちょっと置いておいて。
定番曲たち、ライブ音源も選び放題だろうに、TTTバージョンが半分って、どういうわけ?
M4、M7の「心拍数」だって、要するにTTT=Transit Time Tour だもんね。他の半分はストリングス付。バンド編成の4曲とストリングス編成の4曲。どんな感じで交わるんでしょうね? 誰がどうセレクトしたかわからないけれど、どんな「1枚」になるのか、興味はあります。




聴いた方、感想をお聞かせください。




自分で買わんか!byま



え~。配信で曲買うのきらいなんだもん!

コメント

非公開コメント

No title

僕としては、上記以外の秋の曲といえば……

・コイン
・月曜日の朝
・夏のモノローグ(なぜか秋のイメージ)
・HOME
・風の伝言
・未完成
・神様も知らない午後
・僕と不良と校庭で
・ぼくのオンリーワン
・passage
・黄金の月(をカバーしてた音源)

ざっと思いついた分でもこれだけあります。秋って山崎まさよしの得意な季節(?)な気がしますね!

Re: No title

> Blues boowz さま
渋いところを攻めますねえ。
犬の歌も秋ですかぁ。そうですかあ。まあ、発売っていうか発表が秋でしたからねえ…(すいません、狭量なんですいい年して)

あ、でも。アルバムにしろ、シングルにしろ、最近は発売日が夏以降っていうのが多いですよね。
秋から春先までツアー、その後制作に入るからどうしてもこの時期になるんでしょうね。
Tourの開始に間に合わなくてもとにかく秋から冬に出す、的な。

私はまさよしの歌は冬のイメージが強いんですけど、聴く人によっていろんなイメージができるのが、ある意味「名曲」の条件なんでしょうね(^^♪