行ってやろうじゃないの! 月キャベ成人式

山崎まさよし
11 /19 2016

12/6(火)“月キャベ”成人式 LIVE&上映会~「月とキャベツ」公開20周年記念~ 開催決定!

あの“月キャベ”が20年ぶりにテアトル新宿に戻ってきます!
映画公開から20年。みんなで“月キャベ”の成人式をお祝いしましょう!!
当日は山崎まさよしさんによるミニLIVEに、真田麻垂美さん・篠原哲雄監督も交えてのトークショーもございます。みなさまのご来場をお待ちしております。

“月キャベ”成人式 LIVE&上映会の専用チケットは、11/26(土)より、チケットぴあにて販売します。
下記詳細をご確認下さい。

【日時】
12月6日(火)
20:30開場/20:40開演 ※本編より上映
□20:40より本編上映開始。本編終了後にLIVE&トークショーとなります
□立見の方は、20:35より整理番号順にご入場いただきます。多少時間が前後する場合がございますので、20:30までには劇場にお越しください。

【会場】
テアトル新宿

【登壇者(予定・敬称略)】
山崎まさよし、真田麻垂美、篠原哲雄

【料金】
特別料金 4,000円均一


お仕事終わってからでも間に合う。間に合うことは間に合う。帰りは…平日だから11時半東京駅で間に合う。
それでもだめなら都内まで車で行く! 翌日川崎でOKSTだけれど、頑張る!!
ライブまでしてくれるんだから、絶対チケット取る!! 26日お仕事だけど…取るんだもん!!!


明日は中之条で同じメンバーで登壇。
どんな表情でどんな話をしてくれるんでしょう、奴は。
エバーグリーン、と語る「月とキャベツ」の20年目に山崎まさよしは、何を語ってくれるんでしょうね。

スタッフさま~!!
記録を、映像もついた記録を、ぜひぜひ取っておいてくださいませ!! 心置きなく20日の中之条行きを楽しめるように連日の激務を乗り切ったんです!! 役者で表現者で、若気の至りまくりで、若気の美しさ危うさ在りまくりのまさよしの片りんを・・・ください。

はじまりますよ! まさよし的冬ヽ(^o^)丿
まさよしの歌。まさよしの佇まい。まさよしの・・・
そして。



打ち上げ!!
酒がうまいぞ~~~!!!


さっきNHKでかかってた曲ね(^。^)
それなりに引っ掛かりのある曲ではある。あるけど、いい曲だ。このMVはどストライクだし、ね。

コメント

非公開コメント

行ってきました!

伊参スタジオから戻ってきましたー!
月キャベを見終わった後のあの曲やあんな曲、感慨深かったです。
まさよしも楽しそうだったー。

新宿開催!嬉しいですね(*^^*)
和音さん、チケット取れますように!

Re: 行ってきました!

> しろさま
> 月キャベを見終わった後のあの曲やあんな曲、感慨深かったです。
歌ったんですね!
そうかあ、あの場所で歌ったんかあ…
感慨深い…でしょうね。うん。よかったなあ。なんだか、こっちもうれしい。

私は明日残り香を嗅いできます^_^;
新宿のチケットは…全力で!! 取りに行きます!!
頑張りますっ!!

20年の時を超えて

なんと言うかやはり中之条は、伊参スタジオは、山崎まさよしのもうひとつの原点なんだなあとあらためて感じました。

今日あの場所に立った彼がふと見せる表情に20年前の面影がよぎるんですよ。いや、わたしはその頃の彼を知りませんが、たぶん撮影当時に見せていたはずの顔。不思議ですね。

中之条は遠くて遠くてなかなか行けてませんでしたが、今回の貴重な時間を過ごせたこと。映画祭スタッフの皆様に本当に感謝です。

私事ばかりのご報告になりました。

和音さんも明日(今日)の映画祭が楽しめるようお祈りしております。

宿題!

なんと、ハナビの本名クイズあり!(これ、書いていいのか?)
ヒントはH。。。分からんわぁ〜。。。

ヒバナは美しく大人の女性に!
ハナビは丸く味のある顔になった、おっさんに。。。
声も深くなり。

まぁ、でも昔の仲間にあった時に戻るであろう笑顔でした!

64ロクヨンと続けて観たからかなぁ〜、子供を失った母親の手紙の部分で泣き
17歳の若さで亡くなった友人を思い出し、この映画を初めて見た時を思ったり

充実した1日でした。
午後は晴れて、キャベツ狩りして頂いて来ましたし。

しかし、ハナビはハナビでイイよね。
俺に触ると火傷するぜ的な、シャープな顔と目つき。。。
ありゃぁ〜惚れるね!





Re: 20年の時を超えて

> ヤマンサさま
まさよしにとっての原点。そうなんでしょうね。
何かを全員で創りあげる、チームの一員として動く。
そういうことを体で理解して、実践していった日々なんでしょうね。

今日、シナリオ大賞の受賞式で司会の上毛新聞の方が
「シナリオ大賞が始まった14年前は篠原監督は“気鋭”の監督でした。
14年たって今は、大御所の部類です。」って言って。
まさよしもデビューはしていてもまだ全く「それ、誰?」だった20年前。
それが今、400枚のチケットが即日ソールドアウトになり開演前から
行列して夕方登場のまさよしを待つ人がたくさんいる…
凄いですよね。

月キャベもOnemoreも、あの場所から、永く永く伝わっていくんでしょうね。
映画の持つ力。映画を創る人たちの深い思い。そんなものが伊参には、ある気がします。

来年も行きましょう!!
まさよし来なくても!!

Re: 宿題!

> achipi-さま
ほほ~、クイズとかしたんだ。スタッフもいろいろ考えたんだろうねえ。
映画祭のファンと、月キャベファンとまさよしファンと入り乱れての時間でしょうからね。

花火はいい。うん。その通り。でも、あればっかり見ていると今の…(以下略)^_^;
年に一度、伊参のスクリーンで見るっていうのがいいペースなのかもね。
伊参で観られなかった今年は新宿で、見るぞ!!

No title

achipi-さま 、和音さま、

横から失礼します~。
わかるー。私も当初見た頃より、いろいろ涙してしまいました。。年取ったのかなぁー。。(いや、確実にとってるけどー。笑)
ラストシーンの口紅のシーン、死に化粧に思えて、そう意味だったのかぁーと思ったらぼろぼろ泣けてしまった。。
って、どんくさい私が気づいてなかっただけ?!かな。。

ステージ上。

本当に成人式!これでもかと喋る松岡Pに、
ゲストは、喋りたい事にいっぱい。。。
最後のシーンとか、ロケハンのも行った、まさよし。

ファンにも20周年やからね〜〜。テアトル新宿行きたいねぇ。
当時、新潟シネウインドで観たから。

いろんなイベントやらで、月キャベツファンは山崎ファンとも違う感じもして。。。
映画の美しさ、色褪せない質感を持ちつつ、
未だに解明されない情熱と、裏設定があるのかしら?(⌒-⌒;

サントラ盤が出てないのもミステリアス。
絶対、心拍数🎶入ってたと思うの。。。

いつ呑み明かそう!


しろ様!

横から失礼しますm(__)m

実は私も今回スクリーンで観て初めてあのシーンが"ヒバナの死に化粧"だったのか!と気付いた人です( ̄▽ ̄;)タラリ

ヒバナの衣装はこの世のものでない幽霊だから白で、だから生きている時の日花里は反対に黒いレオタードを着せたのか?!とか( ̄▽ ̄;;)タラタラリ

いろいろ発見ありますね♪←鈍い人

皆さままとめてお返事です♪

> みなさま(ってまとめてごめんなさい)
スクリーンで、中之条で観る月とキャベツの味わいの深さって特別ですよね。
まさよしもなんだか感慨深そうだったし。

口紅のシーンが「死化粧」っていうのは思いつきませんでした。
でも、そうかもしれませんね。生きているあかしでもあり、旅立つ印でもある。
師のころはまだまだ「若手」であった篠原監督がどう考えていたのか…聴いてみたいですね(^^)/

20周年、って言っていろいろ考えて頑張ってくれたスタッフに本当に感謝です。
新宿でのトークも本当に楽しみで…チケット取れるといいなあ。

ヤマンサさま🎵

お返事遅くなってしまいましたー!
あの頃はまさよしの存在を追うだけで、ストーリーとして見ていなかったんでしょうね~💦
年取ると色々なものが見えてきますね笑
これからもまだ気付きがあるかも!