竹原ピストルLIVE ”BEST BOUT+youth”@LIQUIDROOM

Augusta
12 /27 2016
いろんな期待や思わくを全て想像以上に、思いもよらないスピードで畳み掛けるかのように吐き出してくれました。
吐き出してっていうのはちょっと違うかなとも思うんだけど、届けるでも手渡すでもまして差し出すでもなく、竹原ピストルの中にある何かもしくは全てが彼自身の、こう何て言ったらいいのかわかんないけど吐き出されていたの。そう感じたの!

つまり。
すんごくよかった!
男性客の多さとその創り出す雰囲気と匂いにびびりながらも、叫んだり泣いたり歌ったりしていました。
ピストルくんの緊張しつつも嬉しそうな顔。そんなピストルくんを見つめるヨースケの、ゆうこさんの笑顔。
次またバンドでやることがあればこのメンバーでやりたいとピストルくんがいうエレキ、キーボード、ベースの面々。
選曲も演奏も歌も佇まいも、最高にかっこよかったんです♪



ラスト「これやりたかったんです」とピストルくん(^^)/
写メOKでみなさんかしゃかしゃやってましたが、私はガラケーしか持っていなかったんで…結構速い番号を譲っていただいたんで、一段高くなったところでバーに寄りかかっていたんでタブレットを持って入っていたら結構いい写真が撮れたんじゃないかと思うんですがね。きっといっぱいネットに上がるでしょうから、そちらでお楽しみください。動画撮影のカメラが袖からずっと撮っていましたから、どこかで放映があるかもしれません。

あそうだ。来春ニューアルバム発売&全国弾き語りツアー開催、だそうです。いい感じで行けばご褒美にバンドツアーもあるかも、だそうです!
楽しみですね(*^。^*)


えっと、感想的ないくつか。
ヨースケがバンドメンバーとして紹介されて、ベースとまにゅぴれーたー? を駆使したり、コーラスやったりするのを見ているだけでなんだか涙が出ました。
そして「アルバムを一緒に作ってきたヨースケさんと同じステージに立って演奏できたことでベストバウト&ユースのレコ初ツアー完結したように思います」っていうピストルくんの言葉に…何ともぐっときました。
そして…サダさんがこの同じ場所でヨースケを待ちながら一人でCOIL10周年ライブをやったこととかBYGで最後に二人で歌った姿とか思い出して、泣きました。もう、二人一緒にステージに立って同じ音を出すことは、ないんでしょうか。


最初からツアーTを着ていたゆうこさん。
弾き語りが一番! と言われているピストルくんだけれど、バンドになった時の音のかっこよさのきもはやっぱりドラムのゆうこさんだと思う。ついこの間まで秦坊のアリーナツアーをやっていたというのに、今日のこの音! 秦坊の方には行けなかったけれどきっと全く違う、でも同じようにかっこいい、歌う人を支えて寄り添ってそれでもきっちり自己主張する音を創ってkる得ていたに違いないんだ。世界のあらきゆうこここにあり!!

アメイジンググレース・・・アンコールで歌われた歌ですが。
♪ミジンコみたいに~
って、ピストルくんが作った歌詞で歌われます。3番がミジンコみたいに小さくなってあなたのお腹の中に入って、相打ちになってもいいから癌と戦いたいっていう内容で。お腹の中に癌を抱えているのは誰なんでしょう。ゆうこさんは乳がんをカミングアウトしましたが、乳がんを「お腹の中に入って」とは言わない…ですよね。
とすると…
とても、とても強い祈りの歌、だと思いました。

2000年、衝撃的ともいえる出会いからもう16年。40歳になったばかりの竹原ピストルは最高にかっこいい男でした。
サプライズのハッピーバースデイ&バースデイケーキに照れ照れになりながらお客さんとメンバーに向けた笑顔が最高にかわいかったです。
来春からのツアー。ぜひ参加したいと思います。スケジュール…何とかしてください!!




入場したら関係者席に穂苅さんの姿があって。
「やっぱ今日はいろんな人が来るのね!」
って、ライブが始まる前までは関係者席をちらちら見ていました。(ライブ始まったらそれどころじゃなくなった^_^;)
杏子さん、社長、タケシくん、その他一般人じゃありませんね的な人いっぱいいました。

ですが!!
退場の時に周囲がざわざわしていたのはそういう人々ではなく。
「永い言い訳」の主演の方でございましたヽ(^o^)丿
チームからは花が来てましたがまさか、あの方が、本人がいらっしゃるとは思いもしませんでしたからマジびっくり!! でした。
画面のまんまのかっこよさでした~~~!!


コメント

非公開コメント