ブラタモリ×家族に乾杯 からの陽炎の辻

テレビ
01 /02 2017
そんでこの後は、新春テレビ放談。夜はずっとNHK三昧。

全部まったく色が異なるんだけれど、すごくおもしろい(^-^)v
こんなに色が異なるのに1列に並ぶっていうことがNHKの強さだよね。

それにしても、陽炎の辻。
泣いちゃったよぉ。
父と子の物語。磐音さまと空也。田沼意次と意知。松平さまの親子。おこんさんと舅殿。親が子を思い、子が親を思う。
そういうどうしようもない強い気持ち、強い思いがきちんと物語の中で描かれていた。NHKのドラマ部渾身の作って感じで、よかったなぁ。
そんで、山本耕史。彼のことを語るのは私の仕事じゃないとは思うのだけれど、やっぱり彼はすごいわ。
役者としての立ち位置というか、軸足がどこにあるのか確かなことはわからないけれどあの殺陣は絶対的な武器だよね。まさよしのギターと同じように。ギター弾けない山崎まさよしがありえないように、殺陣ができない山本耕史もありえない。そして、当たり前のようにギターを弾くために、当たり前のように殺陣を魅せるために努力をし続ける。それが、かっこいい。そこに惚れる。


明日は何を見ようかな?


コメント

非公開コメント