年末年始はゆっくり過ごしたようです。

山崎まさよし
01 /08 2017
明日、6時半には家を出なくちゃいけないので、ライブ本編のことではないあれこれをちょっとだけ。


新しくできた(DUKEさんが頑張って作ったんだって)高松festhalle(英語で言うとフェスティバルホール、なんだって)。人がぎっしりでかなり暑くて。登場した直後に上に着ていたチェックのシャツを脱ぎかけたのね。それだけで「おおっ!」って反応するお客さんたち。2曲くらいやった後に結局、シャツ脱いで「すいません、ちょっとクーラーとか効かせてくれると嬉しい」って。「そっちも、暑いやろ?」的なことを言ってくれまして。なんだか本当にお客さんとおんなじ目線っていうか、フラットに一緒の空間を楽しんでいるんだって思いました。
脱いだシャツを昇ちゃんが片付けてくれて、鯨のしっぽの絵が描かれたTシャツ1枚になって「この時期のかっことちゃうぞ」って言ってたんですが、私も上はTシャツ1枚でした^_^; 暑かったのよ、本当に。


顔がね。まあるく、なってました。某aさまは、「お父さんの顔」と表現していましたが、私は…ただ単に太った、と思いました。(・・・byま)
ほっぺが厚くなってね、顔全体のシルエットが四角っていうか、ぼってりした感じ?(ひどい言われようやな・・・)ピアノに座ると特にそれが目立って(-_-;) 立っとけ! と思いましたとさ!


シャツ脱ぎかけただけで反応するお客さんですから、ギターやらなんやらでももうひゅーひゅー、ぱちぱち、いえ~い!! の嵐です。そうするともう本当にうれしそうににっこりするんです。くぁいいの。本当にもう、音楽やってる、ライブしている楽しさを全身で表現してくれて。ドヤ顔、にっこり、ほっこり。
それを見る私たちもにっこり、ほっこり、うふふふふ。楽しいな~~~~!!


年末は紅白見て、年始はカニばっかり食べてて、送られてきた寒ブリをネット見ながらさばいていたそうです。
今の時期の寒ブリは漬けがいいそうですよ。たまり醤油にお酒、みりん、ゴマに大葉…とか言っていたな。最初にさばいたときはキッチン血だらけで「ポリに見られたらまずい」くらいだったそうで。キッチンが血だらけっていう事実よりも「ポリ」って言葉に反応してしまった私たちは昭和の人、です。いまどき警察のこと「ポリ」って言わないよね?


ジミー・ペイジの例の「演奏しなかった」事件について「演奏するのかと思ったらジェフベック紹介して引っ込んで。ジミー・ペイジじゃなくて、ハローペイジだった」と。
ちゃんと笑いましたよ。ええ、そりゃあちゃんと。そのギャグ言いたいがために長々当日のことを話してくれたんですから。ちゃんと笑いましたとも。
この話題の前に話していたことに関しては「書くなよ!」「何でもかんでも書いたらいいっていうわけやないから!」って力強く言っていたんですが、「この話は書いてもいい?」という客席からの問いかけに「書いてもええよ」だそうで(^-^) かなり自信のある「ネタ」だったんでしょう。
ちゃんと書きましたよ~。柏では同じネタでは通じないからね~。もうひとひねり頑張ってね~。


寒ブリの漬け汁のレシピを教えてくれたのも客席からの声に反応してくれてなんですね。「なんか引っかかることなけりゃ、拾わんよ」と初めは言っていたんですが、結構、いやほとんど拾ってくれていたような気がします。私のもいくつか(*^^)v 
ちゃんと声のした方を見て返事をしてくれるんで、嬉しいんだよね~。ひゃは! 歌の時はきっちり歌の世界に入っているのに、MCになるとそんな感じに「近く」て。立ちっぱは確かにきついんだけど(2部の初めの方で足攣りそうになった(-_-;))、あの近さはライブハウス&OneKnightゆえよね。残り4本、きっちりその小ささ、近さを味わってきますよ!!


あ、そうだ。ホールツアーは「坊主が二人、加わります」だそうです。

コメント

非公開コメント