この歌を選んだ意味。

山崎まさよし
01 /12 2017
えーと、がっつりネタバレになります。

OKST未見の方は避けていただく方が得策かと思います。
「気にしないから~」という方は、追記をどうぞ。




あ、どうでもいいことですが。
福岡チケット届いたそうです。今までで一番いい番号(*^^)v
今回FCチケットあまりよくない中、かなりがんばっていただいたのではないかと思います。ありがとうございます!!!



で、何が書きたかったかというと。



SONGSです。
スティングが今日のSONGSのメインだったわけですが。
スティングとまさよしと言えば。

これですよね。


今回、カバー曲としてこれを選んだ理由。
それが、歌詞の和訳付きの画面を見てなんかわかったつもりになってしまっています。

♪Be yourself no matter what they say

どう訳したらスティングの、まさよしの心情に一番近づくのかはわかりません。今までどういう歌詞かなんてことも考えないで聴いていましたから。でも、今日テレビ画面に出た和訳を見て・・・「ああ、そうなのか」と思ってしまったのです。
誰がどういおうと自分は自分らしくありたい――誰がどう言おうと・・・
どっかのライブで「スティングにはラーメン屋に行ってほしくなかった」なんてことを言っていたまさよしですが、これを選んだ背景には、やっぱり「何か」があったと思うのです。


あなたが真摯に音楽に向き合ってやりたいことをやるのならば、なんとか資金をやりくりして追っかけますよ、まさよしくん!!

コメント

非公開コメント