もしもいつか、世が落ち着いたら

テレビ
03 /05 2017
何を父は言うのかと思ったら…
「辻が花を着せたい」とは。
もうねえ、これは泣くよ。泣く。

あの色がいいか、いやこちらの色も。
美しいじゃろうなあ。かわいいじゃろうなあ。

墨染めの衣に身を包むことをさせてしまった自分の力のなさと、それを甘んじて受ける娘の哀しさとを思って…。
だから乱世が収まって、還俗することも、女として生きていくこともできるようになったら、美しく着飾らせて思うさま娘の美しさを自慢して堪能して愛しつくしたい。それを「辻が花を着せたい」という言葉で表現させた脚本家は、すてきだ。

いろんな色味があったのでここ貼っておきますね。直虎様にはどれが似合うでしょう?

コメント

非公開コメント