レディオオーガスタ「秦 基博 弾き語り特集~evergreen~」を聴いてます。

山崎まさよし
03 /15 2017


今、虹が消えた日です。あの最初のグリーンマインド@カナケンで聴いたあの曲です。ひまわりから始まって、弾き語りの秦坊の声とギターだけの音。きっとどっかの小さなライブハウスでこうやってやっていたんだろう秦坊の姿を彷彿とさせる、シンプルであったかい音です。懐かしささえ感じる、原点。

で。違うのね~、ほんと違うのよ。
ああ、シンクロ。聴いたわ何回も。僕ら~は、なんだか今日頭の中ぐるぐるしていた歌です。卓弥の「月明かりと間違えるとかないだろっ!」的な突っ込みと共に(^_^;)

これが秦坊の弾き語り。いい声で、やさしげで、いなたい感じで、あったかくてかわいくて。


でも。違う、んだよね。


まさよしと。(当たり前や!byま)

グルーブ感、なんて簡単に済ませられることではないんだろうと思う。以前さかいゆうが言った「ヤマさんの絶対リズム感」って言うのやつにも関係することなんだろうけれど、とにかく違うのだよね。跳ねが。音が飛び跳ねるんだ。ギターも歌も。ボイパとかその場で作るリズムとかのことだけでなく、跳ねるんだ。どバラードのOnemoreも8クリも。標高高い系のピアノや名前のない鳥とかでもきっちりリズムっていうか跳ねっていうかグルーブっていうか、そういうのがまさよしの弾き語りからは感じられるんだよね。

だから、今日RadioAugustaを聴いてびっくりしちゃった。
「そっか、こんなに違うのか」って。
できっと。普通、ギター1本の弾き語りってこういうのだ。ロック! って言われる人たちでもバラードを弾き語るときはビートやグルーブよりも言葉だったりフレーズだったりが中心になる。それが、まさよしはちょっと違う。言葉やフレーズ、メロディもきっちり押さえてはいるのだけれど…その場のノリ…っていうと安っぽいか。瞬間のグルーブ、自分の中に生まれるリズム、跳ね、そういうのがまさよしの弾き語りの核にあるんだと思うんだ。
そんで、私はそれが好き。音が外れても(外れない方がいいよ、もちろん)ミスタッチしても(ミスはない方がいいよ、もちろん)歌詞とんでも(楽譜あるのにね~)まさよしの跳ねた弾き語りが、好き。

どうして? だって、それがまさよしの音楽だから・・・かな?
擦り込みってやつよ。あの3月12日。カナケンの3階で「はっ!」って聴いちゃった瞬間から、あれが私にとってのスタンダード。私にとって最上のライブ。何度も行ってきたことだけれど、私にとってまさよしは「誰かと比べる」という対象ではない。良くも悪くも誰とも何とも比べない。私の求める「山崎まさよし」かどうか、だけ。

さて…金曜土曜と続く大阪ライブ。
どんな塩梅でしょう。どんな音でしょう。どんなグルーブでしょう。
my2日目。楽しませてもらいまっせ!!


わっか!!!

コメント

非公開コメント