さっちゃんがお稲荷さん作ってくれました。

食べるもの・飲むもの
06 /12 2017
あ、さっちゃんっていうのは叔母さんのことです。(第1子の長男長女同士であるうちの両親。私たちから見たら伯父、伯母に当たる人がいないわけです。そんで、小さな子どもの前でも自分たちが呼んでいた通りに彼らのことを呼ぶので私たち兄弟は「○○おばさん」「○○おじさん」という呼び方が身についていないんですね~。)お仕事がらみで年に何回か、さっちゃんちに行きます。お仕事頼むのは叔父さんである○○○ちゃんの方なんですが、帰りがけにいつも「お夕飯、まだでしょ?」とか「ちょっと作ってみたの」って何か必ず持たせてくれます。(プレビューして読み返してたら思った。麻子さんだわ。さっちゃんたら、麻子さんだわよ。本当にいつもありがとうございます。)


で、今日はこれ。
おいなりさん
おいなりさん。
叔父さんがぜんそく持ちなので酢飯ってほど酢は強くなく、ひじきの混ぜご飯のお稲荷さん。5つも食べられるわけもなく、とりあえず一つだけいただきました。

他にはごぼうとニンジンの炊いたのとか、漬物セットとか入ってるタッパを一つ。ハムカツ 鶏天
鶏天とハムカツは叔母さんちまで行く途中で買ったお惣菜。半分になっているのは明日の朝ごはん用に切り分けたから。キャベツの千切りマヨネーズかけ。
スープはグリーンレタス? と、ハム。ときたま汁で。
カップの中は昨日に引き続いてロイシー。
熱はもうないけれど、お咳はこんこんなので…寝ます!!



本当は高橋一生の家族に乾杯見たらそっこー寝るつもりだったのになあ。
どして2時間も経っちゃうかな~。ああ、ブログ書かなきゃいい? 確かにね~(-_-)



コメント

非公開コメント