fc2ブログ

ええと。何を書けばいいんでしょう。とりあえず払い戻しは、希望しません。

日記
10 /24 2023
公式サイトから発表があったのですから、なにがしか、あの場所にいた、あの日のかれを見つめていた一人として、やつのことが大好きな自分自身として、なんか書かなきゃとは思っています。
mmito.png

でも、何を? どんなことを? 
事の顛末、なんてのを語る立場にもないですし、きちんとまとめてくださっている方もいらっしゃいます。
だから、事実とかできごとじゃなくて、私が感じたこと、まさよしの言動や表情で引っかかったこと、など、主観に満ち満ちた感じで書くしかないのかなと思ってます。
まあ、今までだって主観以外のことがあったのかと言われればそうなんですけどね。
(あまりにも長くなってしまったので、追記に移しました。PCの方は、続きを読む、だったかな?  クリックしてください)



えっと。ギターも歌も、ひどかったです。
昨年の夏前から感じていた違和感が、違和感では済まないくらいになっていました。ポストの中に「歌は凄くよかった」「久しぶりに聴いたけど、衰えてなくてすごかった」っていうのがあって、そういうもんなのかな、とも思いましたが、相方さまとも、前列にいた友人とも「ひどいね」って溜息しか出ない状況でした。
コードをちゃんと押さえられない。チューニングもおかしい。右手の動きもぎこちない。まさよしの音じゃないような気がしました。だれか別の素人でも入ってるんじゃないかって思うくらい。
歌声ではない声で、歌の世界に入り切れない気持ちで歌っている感じがしました。だから「歌いたくない」のだとも思いました。そんな状況なら今からでも中止にしたらいいのにと思いました。2009年でしたっけ? 広島公演を途中で中止して、払い戻しをした時のように仕切り直したらいいのにって。思ったし・・・言いました。ちゃんと聴こえていたかどうかはわかんないですけど。

「歌うのが楽しいって言ってたじゃない!」という声に「昔はね」って答えていたのと、15年に出した「このままこのまま」に書かれていたことを「昔はバカなことを言っていた」というのと、「おれ、そんな歌上手くないよ」っていう発言が・・・辛かった。
音楽が大好きで、しゃべるより歌う方がコミュニケーション力あって、お客さんと一緒に鳴ることを求め続けている人・・・って思っていたから。いや、そういう人であるから。
「おれ、面白いこと言わんよ?」っていうセリフは何回も聴いてきて、「知ってる!」って返しをするのもお約束だったけど、「歌上手くないよ」って・・・・・・。うまい歌が聴きたいなら別の人のところ行くよ。裏切る、間違える、むらがある。それがまさよし。それでも、あなたの歌を、あなたがそこにいることを全身で感じることが、幸せなのに。

セトリにはない(譜面台の上にはない)Onemoreを「譜面持ってきて!」まで言って、歌うのを聴いて、自分に負い目がある時の行為だなって思いました。お客さんの要望でコインをやったのも、そう。赤坂ブリッツでプラソの音が取れなくなった時、カナケンでOnemoreのサビがぐるぐるしちゃったとき、大昔のインストアライブでドミノの歌詞が全くわかんなくなってしまったとき。いつもおまけの1曲をやってくれましたから。だから、一度休憩に入って、結構長い間待たされた時に、中止のアナウンスが入るかな? って思いました。ちゃんと歌えない自分にけりをつけて、みんなが聴きたいであろうOnemoreやって、終わり! って。でも、続けましたね。

休憩明けでやったのは、何やるんだっけ? って袖にいるスタッフに聞いてからの校庭と、なんだかんだで大荒れになってきた会場から出されたコイン。「いっぺん楽屋に行くね」って言って引っ込んだ後、帰るに帰れない私たちと後ろの方からかかる「アンコール!」の声とに押されるように、セトリ通りのアンコール「僕はここにいる」を歌って、いつも通りに深々と体を折ってお辞儀をして帰っていきました。

休憩の後で一番印象に残っているのは、コインを歌う前。とあるお客さんが「歌いたくないならそれでいいよ。それがしたいことなら、それでいいと思うよ」的なことを言った後のまさよしの表情。「歌って!」っていうお客さんばかりのなか「それでいいよ」って静かに言った女性の言葉に対して「そう・・・ではないと思う」って、凄くすごく辛そうに言ったの。今年の4月トシロウさんとの対バンの時に、ミスを責めるのはどうかと思うけれど、それをありがたがったり貴重品だって思うのは違う。ステージに立った以上は、やれるだけやるのが大切だって言ったこと、忘れてないっていうか、どこも変わっちゃいないよなアタシ(たち)のまさよしは、って思った。

Onemoreをちゃんと元のキーのまま、しかも♪ふいに が、昔通りの音程で歌われたのが、なんでだか辛かった。
昔通りのキーで歌うことの大切さを語るときは、音楽大好きな普段通りのまさよしでした。
「OnemoreはねキーがAなんだよ。一つ下げるとね、あのリフがね。(弾く)ほら。ちゃんとこのキーじゃないとだめなの」
ブルーノートで塩谷さんとやったときも、キー下げて一節歌って「ほら、ダメなんだよ」ってやっていたけれど、音楽の話をしているときの、生き生きとした感じは、水戸のグダグダを越えたぐでんぐでんの会話の中できらめいていました。「こういう話なら、ずっとしていてくれてもいいのに」と相方さまと話しました。

昔の自分、かくありたいという自分、そこと現実の乖離。
そこいら辺に「歌いたくない」発言が、「オレ、歌上手くないよ」発言があるのかなと思った。
辛いのだろうと。座間でのライブで「諦めてます」って言ったのも、ある意味事実なのだろうと思う。

来週の名古屋、福岡、どうするんでしょう。
急に何かが良くなることはないと思うし、まさよしの気持ちもお客さんの気持ちも、周りにいる野次馬も、そう簡単に変わるもんじゃない。
どうするんだろう。どうなるんだろう。
25日配信開始のBoogieHouseのラジオ。耳のできごと。よりにもよって「OKSTしか勝たん!」ってテーマで、水戸の日の真夜中までの募集だったよね。今日あたりに収録だったはずだけれど・・・ちょっと、無理かな。
ちゃんと更新されたら、聞こうとは思います。更新されれば。

2時間半かけて書いてきたけれど・・・
何にも書けていない気がする。
歌うまさよしも、歌っていないときのまさよしも、見つめるのが辛くて、せっかくの片手列だというのに目を閉じていることが多かった。だから実は、何も見えてなかったのかもしれない。歌いたくないと繰り返すまさよしのことも、それを見つめるお客さんたちのことも。自分の気持ちばっかり急いて、何も見えてなかったのかもしれない。

辛い気持ちを、ふり切るのには・・・ライブしかない、よね。
うん。ライブだ。ライブで辛さを振り切るしか、涙を笑顔に変えるしかないのだ。
まさよしのライブで。

そう! まさよしのライブは絶品なんだから!!

コメント

非公開コメント

みなさま

お気持ちのこもったコメントありがとうございます。
こちらの記事だけでなく、この件に関する記事に、二桁のコメントをいただきました。どれも思いのこもった、熱いものでした。ありがとうございます。
しかし、非公開をお選びにならなかった方には失礼かと存じますが、今回の件に関してのコメントはすべてを非公開とさせていただきます。
一つひとつのお言葉、胸に腹に刻みます。
本当にありがとうございました。