fc2ブログ

OKSTin神奈川県立音楽堂with塩谷哲

山崎まさよし
11 /25 2023
登場してきたところから、アンコール終わって退場するまで・・・いや、帰りの車の中でも、うちに帰ってきてコンビニのおつまみとスパークリングワインとグレフルサワーを飲みながらも、なんかのタイミングで不意に涙が浮かんでくる。
一つひとつの歌が、ソルトさんに向ける笑顔が、「お客さん」が歌い、手を振る姿を見て感じてほころぶ口元が目が、胸に迫ってくるから。

ライブ後に聞いた二つの印象的な言葉。

「水戸から横浜まで、遠かった」

あの日。一番ショックだったのは、歌うことが楽しくないと言われたこと。
それが、ソルトさんの適度ないじりと真摯な「歌うの楽しいね」というセリフとともに、音楽を楽しむ、アタシたちが待ち望む「山崎まさよし」が帰ってきた。
水戸から・・・いや、昨年のツアーからの「できないこと」にとらわれて、音を楽しむことができなくなっていたところから、今この瞬間のベストで鳴る、鳴り合って楽しむことを取り戻すまで・・・遠かったね。お互いに。
千葉から水戸も遠かったけど、今日のアクアライン渋滞もすごかったけど・・・それよりももっと遠い道のりを歩いてきてくれたんだね。

もう一個は。

「今日のセトリ、なんなん?」

昔なじみの曲。演奏的にも歌唱的にも無理なく行ける歌を選んだだけ。ともいえる。でもそれにしたって、あの言葉たちは、どうよ?! って思ったのはアタシだけじゃなかったみたい。
一つひとつの歌詞がなんだか、「歌う」「届ける」「ありがとう」って伝えてくれているようで。
たまたまなのか。
明確な意思をもって選んだのか。
どっちにしても、座り曲のほとんど、立って聴いた(踊りながら聴いた?)曲の半分くらいずっと、まさよしからの強いメッセージを受け取っているようで自分の感情をコントロールできないでいたんです。


そして。

お客さ~ん!!

今年のACでは聞かれなかった「お客さ~ん!」って言葉をライブの最後に聴いた時、なんだかすべてが報われたっていうか、ああよかったって、戻ってきたって、本当に安心したんです。
自分が「お客さん」に戻ってこられたことが嬉しくて、ほっとして、嬉しくて。


明後日(日付的には明日です)伊勢崎で、今度は一人のまさよしかと鳴り合って、幸せになってきます!


篠原監督作品の主題歌。
月キャベの主演にまさよしを決めたときの一番の理由が「ギターケーズにギターをしまう姿がよかった」。
その昔穂苅さんが教えてくれたエピソードです。
彼が彼であること。それがすべてなのかもしれません。

コメント

非公開コメント

No title

もうね「水戸の悪夢」から「桜木町の奇跡」まで、しんどかったぜ。
昨日のあの歌やこの歌で、あちこちでポロポロ泣いているお客さんの様子を見るとね。みんな待ってたんだな、と思いました。
ピアノの上手いムロツヨシさん。本当に力を貸してくれてありがとう!!赤い振袖のKANちゃん。まさよしをこっちに散れ戻してくれてありがとう!!
こんな時間を味わえるなんて、近頃は思えなかったし。みんなのおかげです!!あっちこっちに足を向けて寝られません。

Re: No title

>相方さま
今日も愉しかったね!
アンコールでのKANさん話しも、いろいろあったことをちゃんと受け止めて、消化して、ごめんなさいとありがとうを伝えてくれたのも、嬉しかったね。

まさよしを愛して支えてくれている人たち。そしてまさよし本人。みんな素敵だ!
財布の中身はちょっとすごいことになっているけど、心の器は満タンの黒字だあ!