fc2ブログ

Quarter Note・・・あれ? 凄くいい、ぞ?

山崎まさよし
12 /29 2023
車の中になぜQuarter Noteが積んであったのかはわかんないんですが、クリスマスも過ぎたし、新年でもないしってことでLIPではなく、これを突っ込んだわけです。
25周年記念のオリジナルアルバム。
収録曲は、以下の通り。

1.「Regression」
2.「愛にコリータ」
3.「Eyes On You」
4.「ロートルボクサー」
5.「プロフィール」
6.「知らんけど」
7.「アイムホーム」(テレビ東京系 金曜8時のドラマ「駐在刑事」主題歌 2018年放送
8.「回想電車」(近鉄TVCM「語りたくなる、伊勢志摩。(2019 春 伊勢神宮編)」 / 「語りたくなる、伊勢志摩。(2019秋 鳥羽・志摩編」使用曲)
9.「影踏み」(11月15日全国公開映画「影踏み」主題歌)
10.「インターバル」
11.「Find Song」



ライブではそんなに聞いてないです。1曲目なんか特に。で、その状態で聴いて思ったんです。
「あれ? 凄くいい」
声が凄くクリアに聞こえる。音程もばっちり。(当たり前だ)楽器の音もそれぞれ豊かに鳴っている。コーラスも心地よい。良い曲だなあ。そして「まさよしってこんなに歌上手かったっけ?」って。
水戸で「上手い歌が聴きたかったら、CD聴いて」とまさよしが言っておったことは、あながち間違いではなかったわけだ(^^;)

ライブ命! なのは変わらないけれど、もうちょっとCDもちゃんと聴こうと思った昨日でした。
LIP以外のCDも車にちゃんと乗っけておこう。とりあえずLIFEFLOWERSあたりを選んで、実家への行き帰りを彩ろうかな。


コメント

非公開コメント

音源派

この記事、嬉しいです。
私は少数派かもしれないけど、山崎楽曲は、オリジナル音源で聴く方が好きです。音源には、丁寧に音で語る曲の真髄のようなものがあるように思えます。
例えば「アイムホーム」など、間奏に、広々と広がる空気感がくっきりと表現されてて、聴くたびにいいなぁ~~~と思います。(こういうことを言い出したら、枚挙にいとまがありませんが・汗)
かといって、ライブは又、別物。どの曲もせめて1回はライブ(映像であっても)で演奏してほしい。だから、2020年のQNのアルバムツアーは、全曲演奏してて、それだけでめちゃめちゃ嬉しかったのを覚えてます。
ああ・・・コロナで中断する直前の2020年2月24日に帰りたい(泣)

Re: 音源派

> ずんさま
お喜びいただいて恐縮です(^▽^;)
今回アルバム聴いてずんさまの書いた「音源には、丁寧に音で語る曲の真髄のようなものがあるように思えます。」ということがよくわかったような気がします。

今日はSTEREO3聴いていたんですが、虹のつづきがライブとかなり印象違ったんですよ。
ライブだと、ちょっとシャイな息子のことが心配でしてね・・・っていう、ちょっとマイナーな感じの励ましソングに聴こえるんですけど、今日聴いた音源では違ったんです。
イントロでの楽器の音がね、おもちゃ箱の中をガザゴソ探っているような、遊んじゃえ! って気分にさせてくれたんです。声もライブの時よりは明るく軽く「まあ、何とかなるし」「そんな考えこまんでも」って伝えている歌に聴こえたんですよね。

ライブでの演奏を重ねて歌が育っていくってことはあると思うのだけれど、「創る」ということに関してはアルバムが完成形なんですものね。
ライブは「やる」もの。音源は「つくる」もの。
両方きっちり楽しもうと、改めて思わせていただきました。

当分まさよしのライブはないですから、その間音源をたっぷり味わっていきたいと思います。