fc2ブログ

福耳三昧

山崎まさよし
12 /17 2006
↓のような理由でSHIROHのDVDが観られなかったので、代わりにあれこれ考えて福耳三昧をいたしました。


まずは先日発売になったばかりの星のかけらを探しに行こう~福耳・札幌交響楽団コラボレーション~ 。2回目の鑑賞になります。ソファに横になってうつらうつらしちゃったところもあるけれど、まさよしくんの時にはボリュームをかなりあげて臨場感高めて聞いてました。でも
♪みあ~げて ごらん~ 夜の星を~
生の声のふくらみを感じるにはスピーカーセット買うしかないでしょうか?
いや、やっぱりその場に行くしかないですよね。どんなに画質が良くとも、どんなに音響設備が整っていようと、生にはかないません。

でも、オフショットとかあるからDVDは好き。
社長が携帯でシカオちゃんと杏子さんの2ショットを撮っているところもなんとも「特別」感が出ていて素敵だし、最後の3人でのトークも気取らない関係がよくわかって嬉しくなっちゃう。
「え?ちゃんとしたかっこスンの?」
「あたよ、あた!」
「え?」
「当たり前!」
お互いに素のままでいられる、良いところも悪いところも、良い時も悪い時も知っていて、力まないでいられる。そんな3人が、福耳が好きです。
前回は気づかなかった、画像が消えてからの会話もかなり受けました。杏子さんに代わってあの会話に入りた~~~い。

続いて福耳 THE BEST WORKS (初回限定盤)(DVD付)。CDの方は放っておいてDVDだけ再生。ゼップ札幌の杮落としの時の三人の若さ!ちらと映るマミちゃんもそこはかとなく漂う雰囲気が若い。杏子さん髪短いし。シカオちゃん髪まっすぐだし、まさよしくん若気の至りの感じだし。二人とも「これから」のエネルギーを感じる佇まいです。
ついでアースコンシャスのイジメテミタイ。
2004年のAC。そして今年のAC惑星タイマー。
おまけについてる惑星タイマーのPV撮影の模様とフォトセッションも楽しげで好き。嬉しくなる。たわいもない会話、さりげない距離感、交わす視線の温かさ。そんなんが好き。にっこりできるから。

最後に惑星タイマー (初回限定盤)(DVD付)。こちらももちろんDVDだけ。
「タクヤの歌、難しいよぉ!」と文句言う先輩達と、ちょっと小さくなりながらも通すところは通すスキマの二人と。なんだかいつもフレームに収まっている社長と。
しっかり仕事ができるから、ちゃんと歌が仕上がるから、互いのリスペクトの気持ちが高まる。そんな風な「現場」感がすてき。

そんなこんなで、まったりとした午後を過ごしました。
まさよしくんのソロライブに魅入ってしまうとなかなか抜け出せないのですが、福耳のほっこり感、仲良し感はそのままエネルギーになる感じです。明日からのお仕事に、立ち向かうエネルギーがね。



夕飯は常夜鍋。禁酒1週間で2k近く減っているこの現実。今週末にはきちんと服を着られそうです。

コメント

非公開コメント

トラックバック

常夜鍋常夜鍋(とこやなべ、じょうやなべ)は、豚肉、ホウレンソウ、白菜を具の中心にした鍋料理の一種。豚肉を使用することから豚しゃぶ、豚ちりと呼ばれる事もある。水を張った鍋に昆布を敷き、日本酒を入れた出汁に、豚肉、ホウレンソウ、白菜を入れて煮込む。決まったレ