fc2ブログ

おしゃれクリップ。南朋たんで~す!(^^)!

大森南朋
02 /04 2024
かわいいぃ(#^.^#)
もうすぐお誕生日で、52歳になりますが、相変わらずかわいらしいいい男でございます。
うわ、29歳の南朋たんの悪い感じ…好き。若い時のまさよしと通じる悪い感じ。(LOVE)

せっちゃん!
サプライズなら出ていいっていう関係性が素敵。
奥さんとのこと話されて、照れてたり慌ててたりするのもいいなあ。
奥さんより年上だから南朋たんが奥さんをかわいがっている・・・うふふふ。
ずっと好きだったんだぜを二人で歌うとか。
いいなあ。

奥様とのエピソードと、奥様からのメッセージ。
「あと4行あったら・・・」って涙を流す素振り。

「とにかくぶれずにやっていくしかないですね」
「こんなテレビでどぎまぎしたの初めて」

充実した穏やかな笑顔でした。

よく似ている誰かも、こんな風に笑っていてほしいなって思った宵でした。

サンドどっちマンツアーズ #サンドどっち@NHK+

テレビ
02 /04 2024
見ましたよ~、この番組。

ホノホシ海岸もケンムンのいるバス停も、居酒屋「かずみ」も懐かしすぎますぅ♪
広島もおいしいですが、奄美の異郷感というか、独特のあの世界観はやはり魅力的です。

ちとせの15周年? で初めて訪れて、そのあと夏にまた訪れて。東京オリンピックの喧騒から逃れて奄美に行くぞ! って思ってたらコロナ禍で。かずみさんが具合悪いって聞いていたから、もうあのお料理と唄は聴けなくなっちゃうかと思っていたら、番組の中でちゃんと歌ってくれて。春か夏。3泊4日くらいの日程で(できればもうちょっと日数増やして大島以外にも行って)ゆっくり奄美を味わいたいです。ふてぃむちは食べてないからね(*^^)v ヨモギがある時期しか食べらんないってことは、ないよね? 遠征じゃない旅行で、奄美行きたいぞ~。

で、ちとせの紹介にワダツミがかかった後「ひかるかいがら」と「暁の鐘」がかかりました。BGM扱いではありますが、その選曲になんか、嬉しくなりました。「これ選んでくるんだ!?」って。
送別会には結構歌うんですよ「ひかるかいがら」。歌詞はまさよしではないけれど、曲はまさよしで、山崎節で。つまり、好き(^^♪
NHKさん、ありがとう。

発券してきました。長澤くんの教会ライブ。

長澤知之
02 /04 2024
昨日のうちに案内は来ていたのですが、電車でとことこWi-Fiなしのところを移動していたんで気づかずに帰宅してしまいました。寒い中コンビニまで歩いていく気力はなかったので、今朝発券。

発券時刻が早い方が良席なんて言う噂もありますが、発券開始から半日以上たっても十分に良いお席でございました( *´艸`)
十字架を背に歌う長澤くんをちゃんと自分の目でじっくりと見つめることができます。

素敵な音と温かな声と。教会の中に響く長澤くんの存在を余すことなく受け取って、幸せになれる。そんなチケットが手帳に入りました💓

雪が積もってたんですよ。

日記
02 /03 2024
二度寝した夢の中で。
テレビをつけっぱなしにしていたせいかな? 南岸低気圧ってやつ。
足元に見える庭木の上にも、寝ている布団の上にもしっとりと雪が積もっててね。「雪だ~」って思いつつ「家の中で寝てるのに何で雪??!!」って、目が覚めた(^^;)

そんなことで始まった一日は、読みかけの「くもをさがす」(西加奈子)を読み切るために移動読書室(電車)での旅をしました。

とりあえず最寄り駅から上りの電車に乗ったんだけれど、目的地は決めておらず。
本を読みながら何となくお腹が空いたので「そうだ。成田に行ってうなぎを食べよう。ついでにお参りも」と思いついて、千葉で乗り換え。本の中の西加奈子さんが無事がん治療を終えたころ、成田駅に到着。
先にお参りをと参道をぶらぶらと新勝寺に向かっていたら・・・今日は節分でした。成田山の節分と言えば

午後4時からの第3回は大河ドラマの皆様はいらっしゃいませんでしたが、特別年男の皆さんに「福は内」していただきました。
まかれた豆を拾うことはできなかったので、福豆500円と剣守り100円を買ってきました。
豆まき成田山新勝寺
今、これ↑をポリポリやりながら書いてます。
成田山新勝寺の境内まで入ったのは実は初めて。参道を通って門前までは行ったことあるんだけれどね。階段が私を阻んでいたのですよ。でも、今日行ったのも何かのご縁だと思いまして頑張って登ってきました。おっきいですよね。堂々と派手! いい感じでした。

結局うなぎは食べずに帰ってきました。ちょっとしたお買い物はしましたが。
そういう「くもをさがす」読了の旅でした。
成田駅
夕暮れのJR成田駅。



滅びの前のシャングリラ 中央公論社(文庫) 凪良ゆう

読書
01 /31 2024
長澤くんのライブ帰りに読み切りました。
で、このタイミングがベストだったなと、運命のようなものを感じました。
滅びの前のシャングリラ(凪良ゆう)。あと1か月で、巨大隕石が地球に激突し人類は滅亡する。その設定の中で、どんな物語が展開されるのか。
メインの登場人物たちがそれぞれに一人称で語りながら、最期の時に向かっていく。

そんなお話がなぜに「長澤くんのライブ終わりがベストタイミング」だったかというと…

命きらめくライブが、とても大切なエピソード(というか〇〇)になっているからです。
先日の長澤くんの、あのほとばしるような歓びのライブと物語の中のライブが重なったからです。
音楽って、ライブっていいなって。生きる歓びと、LIVEの喜びは、同義だなって思ったりしたんです。

地球が、人類が、滅亡するっていうのにライブやろうっていう人たち、それを見に行こうっていう人たち。怖くて怖くて、辛くて切なくてやるせなくて、絶望して…でも、最期には自分の人生を肯定するの。絶対的なバッドエンドのように思える「人類滅亡」だけれど、自分の人生を肯定するの。最後のその瞬間に誰かの隣にいられることに感謝したりしちゃうの。
そして、そこにライブがあるの。へたっぴなんだよ、そのバンド。今の流行りの曲なんかできなくて、昔のロックをでかい声で歌うんだ。好きな曲を、好きなように演奏して歌って・・・なんかさ。涙が出ちゃったよ。ライブって、音楽って、そうだよねって。好きな曲を、好きなように。下手くそだってなんだっていいんだ。歌う喜び、聴く歓び、集う悦び。罪人も善人も、大人も子どもも、年寄りも胎児も、生きとし生けるものすべてが、すべての命が、楽しむんだ、喜ぶんだ。

それが語られる。
そんな物語。


素子さんと凪良ゆうとの対談目当てで買った本だけれど、そんなのふっ飛ばして(あ、もちろん対談も十分におもしろかったよ!)収支決算大黒字の1冊でした。単行本発売時ではなく、今この時に読んだのは本当になんか・・・偶然ではなく必然な気が、する。


O-NESTは初めてかも。

長澤知之
01 /28 2024
一つ上が7thfloorです。そっちは何回かサダさんのライフで行っていますが、6階は初。

久しぶりの長澤くんのライブ。
どんな歌を聞かせてくれるのでしょう。

さあ、そろそろオープンです。

6階の入場口から一つ下の階に降りると、まさにthe LIVE HOUSE!
低くて狭いステージの上にごちゃっと(誉め言葉!)楽器とマイク。

バンドでおっきな音で騒いではしゃいで、腕振り上げて、コール&レスポンス!
楽しくて嬉しくて・・・長澤くんも、バンドの皆さんも楽しそうで嬉しそうで。
だからもっと嬉しくて楽しくて。

長澤くんの笑顔が、指の動きが、私たちに語り掛ける言葉が美しくて。
泣いたり笑ったり、切なくなったり、いろんな思いが駆け抜けました。
ありがとうございました。
長澤くんライブ

来月の教会ライブはまた違ったものになるのでしょう。
「声高らかに われは歌わん
一羽のすずめさえ 主は守り給う」

「一羽のすずめ」より
どんな歌をどんなふうに歌ってくれるのでしょうね。
ムーは、今度はやらないかな(^^;)

よしっ! 半休申請する。

長澤知之
01 /27 2024
当選!

公演名   : 長澤知之
会場名   : ルーテル市ヶ谷ホール
席種枚数
<第1希望>
 抽選結果  当選
 公演日時  : 2024/02/22(木) 18:30開場 19:00開演
 席種・料金 : 全席指定 \5,500×1枚[チケット料金]+\550×1枚[サービス料]

三連休前の日だけどね。取っちゃうのだ、半休!
手帳が予定で埋まってゆく\(^-^)/

そして明日は、オーキャンin U-NEXT!
間に合うように頑張るぞ!

長澤くんの新曲をIN MY ROOMで聴く

長澤知之
01 /25 2024
昨日あがっていたらしいのだけれど、夜はもうそういうチェックができていないので、朝食とりながら。
穏やかな曲。包まれる。長澤くんの声と精神に。
声に、低い方の声にまさよしみを感じたのは、私がまさよしを求めているからかなあ。
日曜日のライブはカバーがメインの企画だけど、これ、やってくれるかな。
2月のルーテル市ヶ谷では、やってくれるよね。雰囲気ぴったりだもん。

前述の日曜日のライブ、まだチケットあるみたいです。皆さまどうぞ!